子供とプール・ウォーターパークへお出かけ!必要な持ち物は?

afd4258c82d81ce1ced6e1c23584ad6b

この記事の読了時間は約 5 分です。

全国にあるウォーターパーク施設

全国にはたくさんのプールがありますが、最近はどこもさまざまな種類のウォータースライダーなどを設置し、ウォーターパークと言われるアミューズメント施設化しています。

そのため、子供からの「プールに行こう!」の言葉を真に受けて、ウォーターパークに行くと思ったよりお金がかかります。

家族でラグーナ!プール料金・駐車場・食事費用など総額いくら?

ウォーターパークは、関東近県の人は東京都にある「東京サマーランド」や埼玉の「西武園ゆうえんち」、関西近県の人は大阪の「ひらかたパークのザ・ブーン」などがメジャーですね。

わたしたち家族も、夏になるとウォーターパークに行く機会がありますが、おすすめなのが三重県にある「ナガシマリゾート(ナガシマスパーランド)のジャンボ海水プール」、愛知県にある「ラグーナテンボスのラグナシア」です。

まだウォーターパークに行ったことがない人も、家族でいっしょにウォーターパークに行く機会はあるでしょう。

そこで今回は、先日家族で行ったラグーナテンボスのラグナシアを元に、ウォーターパークに必要な持ち物についてお話したいと思います。

ウォーターパークに必要な持ち物

ウォーターパークに必要な持ち物をチェックしておきましょう。まず、なければ困る持ち物です。これらはウォーターパークだけではなく、プールに行くなら必ず持っていった方が良いものばかりですね。

1.水着

言うまでもなく水着は必要です。計画的にウォーターパークにお出かけする場合は、下に来ていく人が多いので忘れることは無いはずです。

ただ、もし水着を忘れても、ウォーターパークにある施設内の売店ではほとんどが水着販売をしているので、お金がもったいないだけで心配はいりません。

2.ビーチサンダル

プールエリアは裸足で良いのですが、施設内を歩くときには履物、とくにビーチサンダルが必要です。水に濡れる可能性があるので、革のサンダル類はやめた方が良いと思います。

3.タオル

タオルは休憩のときと最後の着替えで1人2枚あると便利ですが、荷物になりますね。そのため、休憩のときに使ったら堅く絞って、すぐに乾かしましょう。ウォーターパークに行くのは夏なので、2時間である程度乾きます。

4.日焼け止め

屋外施設の場合、1日中太陽の下にいるため日焼け止めは必須ですが、屋内施設だとしても、太陽光を取り込む作りの施設が多いため、日焼けをする可能性はあります。

もちろん、ラッシュガードを来ていても、肌が露出する部分には日焼け止めを塗っておきましょう。

5.ビニール袋・防水バッグ

濡れた水着やタオルを持ち帰るためにビニール袋や防水バッグを持っていきましょう。子供には、スイミングバッグを持たせてください。

6.お金・小銭

ウォーターパーク内で使うお金はチケット代含めて1人当たり5000-6000円ほどですが、遊園地など施設内が充実していてアトラクションで遊びたい場合は、予備費も含めて1人当たり1万円持っていきましょう。

また、両替が面倒なので、ロッカーを使うことを見越して100円が10枚ほどあると良いですね。

ウォーターパークに持っていくと便利なもの

次に、ウォーターパークに持っていくと便利なものです。人によっては必須のものもありますね。

1.スイミングゴーグル

子供のゴーグルは必須ですが、大人もゴーグルを持っていくといっしょに遊べて便利です。周りを気にしないなら、鼻栓もあっても良いと思いました。

2.スマホ用防水ケース・ポーチ

プール脇で写真を撮るのは常識のようですね。若者は当たり前のように、スマホの防水ケースや防水ポーチを首から下げていました。

3.ラッシュガード

子供が遊んでいるとき、親はプールサイドで見ていることが多くなります。そのため、日焼け防止・身体の冷え防止にラッシュガードがあると良いですね。体型カバーにもなりますし……。

ただし、パーカータイプのラッシュガードは、ウォータースライダーなどで使えない可能性があります。

4.浮き輪

1日遊ぶなら、子供は浮き輪があった方が楽しめます。大人でも波のプール、流れるプール、スライダーなどで使えるので(要確認)、大きめの浮き輪があると便利です。

5.レジャーシート

休憩所スペースがない場合は、レジャーシートは必須です。パラソルやテントなど、スペースを使うシェード類の持ち込みは施設によって変わるため、確認が必要です。

6.サングラス

サングラスはあっても良いかな程度です。プールサイドにいることが多いならあると便利ですが、プールに入るときは邪魔になるので。

7.乳液や化粧水

プールに入った後なので、お手入れしなければまずい!という人には必須です。気になる人はメイク道具一式は、まぁ必要でしょう。

8.帽子

こちらもプールサイドに長くいる場合はあった方が良いですね。もちろん、プールに入るときは邪魔です。

お金があれば手ぶらでOK

さて、プール・ウォーターパークに必要な持ち物、持っていくと便利な物を紹介しましたが、ウォーターパークであれば施設内に売店が整っているため、紹介したものはほぼ全て販売しています。

そのため、思いつきで「よし!ウォーターパークに行こうか!」という提案もありと言えばありです。

ただし、普段お店で買うよりも割高にはなりますし、他にもお金がかかる部分があるため、費用感だけは把握しておいた方が良いと思います。

たとえば、ラグナシアの場合は必要な持ち物以外に以下の費用がかかります。

家族でラグーナ!プール料金・駐車場・食事費用など総額いくら?

また、思いつきでウォーターパークに行く場合は、混み具合もある程度把握しておいた方が良いでしょう。

とくに、お盆時期に行くところがないからといって、ウォーターパークに行くとプールに泳ぎに行くのではなく、浸かりに行くことにもなりかねないので注意しましょう。

ラグーナテンボスのプールの混み具合は?混雑を避けて遊ぶ方法

記事のURLとタイトルをコピー