背中・お腹・胸トントンで子どもを寝かしつける4つの方法・コツ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

子どもは何歳まで寝かしつけが必要?

子どもの寝かしつけは、何歳ぐらいまで必要なんでしょうか。ママ友や保護者ママに聞くと、2歳で寝かしつけいらずになり1人で寝てしまう子もいれば、小学校2-3年生で背中トントンが必要な子もいるそうです。

そういえば、3歳の娘は機嫌が良い時は「もう寝る。」と言って1人で布団に入って寝てしまいますが、6歳の息子は毎日「ママー、いつくるのー?はやくきてー。」とわたしの寝かしつけを待っています。

ただどちらも、今でも背中(お腹・胸・おしり)トントンをした方が早く寝てくれます。

背中・お腹・胸・おしりをトントンをするのは乳幼児の寝かしつけ方法の定番中の定番です。生まれてすぐから寝かしつけのときは、トントントントン、毎日毎日しているので少なく見積もって……

兄:80回/分×20分×365日×5年=2,920,000回
妹:80回/分×10分×365日×3年=876,000回

そう言えば、わたしは仕事でも10数年トントンしてるので……きっと数千万回はトントンしているはず……。

背中・お腹・胸・おしりトントンは、ママの経験とともに子どもが気持ちよく眠れるリズムやスピードがわかってくるものです。

ところが、子育てを始めたばかりのママや仕事で忙しくて寝かしつけをあまりしないパパだと、背中・お腹・胸・おしりトントンのコツがわかりません。

そこで今回は、赤ちゃんや子どもを寝かしつける背中・お腹・胸・おしりトントンのコツについてお話したいと思います。

背中トントンが寝かしつけに効果的な理由

子どもの身体をトントンする行為は、赤ちゃんがママのお腹の中で聞いていた心臓のリズムに似ているから安心するという話をよく聞きます。ただ、子どもをトントンする行為は、必ずしもママの心臓のリズムに合わせる必要はありません。

人間は一定の強弱、一定のリズムで刺激を受け続けると、まずその刺激を意識するようになります。ところが、一定の強弱・リズムのため刺激に対する反応がだんだん鈍くなり、その刺激を感じにくくなります。

これを馴化と言います。そして、刺激に慣れて感じなくなるため、子どもは徐々に眠くなっていきます……zzz。

よくある例としては、電車に乗っているとガタンゴトンが単調なリズムに感じて眠くなったり、景色が変わらない高速道路を走っていると眠くなるなどがあります。

わたしたちは眠れないときほど、ちょっとした物音が気になりますが、音や振動の刺激が覚醒するほど強くなく、単調なリズムだと眠くなるということです。

また、ママのお腹の中の音やそれに近い音(ピンクノイズなど)も一定のリズムを保っているため、子どもは安心して眠りやすくなります。

血流・心臓音に近い1/fゆらぎを持つピンクノイズの効果

背中・お腹・胸・おしりトントンはどれが良い?

子どもの寝かしつけの際に、トントントントン……をする場所はどこが効果が高いのでしょうか。

一般的に子どもは仰向けに寝ることが多いため、背中トントンはできませんよね。わざわざ背中トントンができる体勢にする必要はないので、お腹トントンや胸トントンをすることになります。

もし、子どもがうつぶせで寝ている場合は、背中トントンやおしりトントンになるでしょう。また、抱っこして寝かしつけをしている場合も、おしりトントンや背中トントンになりますね。

子どもの意識があちこちに行かず、トントンというリズムを子どもが感じ続ければ、刺激に慣れて眠ってしまうというのがトントンの効果なので、トントンをする場所はどこでも構いません。

というわけで、この記事中では背中トントンの表記が多いですが、実際は子どもを寝かしつける体勢によってトントンする場所が変わるだけで、背中・お腹・胸・おしりならどこでも良いと思います。

背中トントンに必要な4つのコツ

それでは、これまで公私に渡って背中トントンを数千万回している(推測)わたしが、背中トントンで気をつけたい点、背中トントンのコツをご紹介します。

ただし、これはわたしなりのやり方です。子どもの個性によっては合わない場合があるので、あくまでも参考ということで。

背中トントンのコツ1.できるだけ単純なリズム

夫もたまにやりますが、子どもの身体を「トン…トン…トン…トン…」としていると、トントンしている方も退屈になってしまうんでしょう。

「トトトン、トトトン、トン、トトン」など頭に流れているグルービーなビートを刻んでしまいます……が、これはやってはいけません。

せっかく子どもが単調なリズムで眠ろうとしているところに刺激を与えてしまい、子どもがトントンを意識した時点で起きてしまいます。

背中トントンをしている方は退屈ですし、自分も眠気に襲われますが、早く眠って欲しいならリズムは単純・単調を守りましょう。

背中トントンのコツ2.子どもに合わせたスピード

一般的にトントンのリズムは、ママや赤ちゃんの心臓の音に合わせた方が良いと言いますが、子どもによって心地よいリズムは変わります。早めの方が寝付きが良い子もいれば、ゆっくりの方が寝付きが良い子もいます。

もちろんママの基準は必要なので、初めは自分の心臓の音を意識して試しているうちに、子どもの寝付きが良いトントンのスピードがわかるようになります。

心臓の音がよくわからなければ毎日決まった童謡を歌って、そのリズムでトントンしてあげると良いでしょう。個人的には昔からあるゆったりした子守唄がおすすめです。

昔からある有名な5つの子守唄・童謡の動画と歌詞

背中トントンのコツ3.テーブルを叩くと音が気になる強さ

初めての赤ちゃんの場合、ついつい優しく扱わないと心配になると思います(2人目からは全然違いますが)。

そのため、背中トントンも優しいトントンにしているママは多いでしょう。背中トントンの強弱も子どもによって寝付きが変わります。

基準は強めのトントンから始めると良いでしょう。なぜなら、背中トントンはその刺激を意識させて、他の刺激を感じさせなくする効果があるためです。あまり弱くしてしまうと、他の音が聞こえたり、光が目に入った時に起きてしまうかもしれません。

赤ちゃんの授乳後のゲップほど背中をバシバシ叩く必要はないですが、個人的な基準はテーブルを叩いた時に「音が気になるな。」と感じる程度の強さでトントンし、眠りそうになったら少しずつ弱くしていきます。

背中トントンのコツ4.ママはムリがない体勢で

背中トントンは常に一定のリズム、スピード、強さで続けることが大切です。ところが、子どもは寝ないときは本当にいつまでも寝ません。1時間以上の長丁場になることもよくあります。

そんなとき、あとちょっとで……というところで疲れてトントンのリズムが乱れ、子どもがパッと目が覚めることもありますよね。そのため、背中トントンは身体の向きを工夫して、ママにムリがない体勢で行いましょう。

また、手は背中やお腹に軽く置いて、手首を半分持ち上げるようにトントンする方が楽です。これも子どもによって寝付きが変わるので、何パターンか試してみてください。

背中トントンを嫌がることもある

「じゃあそろそろ寝ようねぇー。」とママも子どもも寝る体勢が整っている場合は、背中トントンの効果は絶大です。

ところが、子どもの体力があり余っている場合や、”自分で”寝ようとしているときに、背中・お腹・胸・おしりをトントンをすると嫌がることがあります。これは1歳以上になってくると顕著ですね。

もし、子どもが自分で寝ようとしている場合は、横でそっと添い寝をしていれば良いでしょう。可愛くてちょっかい出したくなりますが我慢です。

ただし、子どもに体力があり余っている場合は……長期戦を覚悟してください。お昼寝の調整に失敗したのであれば、月齢毎のお昼寝時間の目安と注意点を押さえておきましょう。

知っておくと便利な赤ちゃんの月齢別睡眠・お昼寝時間の目安

背中トントンは入眠儀式の中で、最もお手軽で誰にでもできるものです。ただし、厄介なことに子どもがママの背中トントンで眠ることに慣れてしまうと、・パパの背中トントンでは眠ってくれなくなることがあります。

そのため、定期的にパパが背中トントンをして、子どもを寝かしつける癖をつけておくと、後々子どもの寝かしつけがとても楽になるでしょう。

もちろんその場合の背中トントンのリズムや強弱は、なるべくママに合わせて子どもの入眠の感覚を変えないようにしてあげると、パパでもすんなり寝かしつけができるようになると思います。

すぐ泣く…嫌がる…パパが子どもを寝かしつける方法とコツ

記事のURLとタイトルをコピー