体温調節機能の役割とは?赤ちゃんの体温管理が必要な理由

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_s

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

赤ちゃんの平熱は高い?

赤ちゃんの平熱は高めで、一般的には36.5度-37.5度ほどと言われていますが、実際に新生児の体温を計ってみると平均では以下のように36.7度-36.8度程度に落ち着きます。

新生児(生後1か月以内)の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.68度
女の子の平熱|36.66度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.62度
女の子の平熱|36.64度

午後の体温

男の子の平熱|36.72度
女の子の平熱|36.79度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.72度
女の子の平熱|36.78度

新生児・赤ちゃん・子どもの平均体温は?年齢・男女別平熱の目安

では、なぜ赤ちゃんの平熱が36.5度-37.5度と少し高めに言われるかというと、体温調節機能が未熟で体温が上がりやすい理由が考えられます。

もちろん赤ちゃんの個性もあるため、実際には平熱が低めの子もいますが、赤ちゃんはちょっとしたことで体温が上がりやすいうえに、体温が上がる場面が1日に何度もあります。

そのため、赤ちゃんは健康であっても、平熱の見極めが難しいことがあります。

では、赤ちゃんの体温を計る意味が無いかというとそんなことはありません。むしろ赤ちゃんは普段からしっかり体温を計り、時間帯やシチュエーションに合わせた体温の管理をしなければいけません。

そこで今回は、体温調節機能の役割と赤ちゃんの体温管理が必要な理由についてお話したいと思います。

体温調節機能の働き

まず、わたしたち人間に備わっている一般的な体温調節機能がどのようなものか理解しておきましょう。

人間の体温は人の意思で制御しているわけではなく、自律神経などによって体温が上がりすぎず下がりすぎないようにコントロールされています。

参考|自律神経失調症と体温調節の関係:からだ工房 楽ら

体温調節機能で体温を下げる方法

人間は体温が上がりすぎてしまった場合、体温を下げるように調節しなければいけません。気温が高い場合や周囲が暑い場合、また発熱した場合、人間の身体は以下のように体温調節を行います。

・血管を拡張させることで血流を促し、熱を外に逃がす
・汗腺を活発化させることで汗を流し、熱を外に逃がす
・筋肉を弛緩させることで、熱の発生を抑える

体温が高くなると血の流れが早くなるのは、血流によって体温を下げるためです。汗をかくのは、汗を蒸発させて体内の熱を下げるためです。

体温調節機能で体温を上げる方法

人間は体温が下がりすぎてしまった場合、体温を上げるように調節しなければいけません。気温が低い場合や周囲が寒い場合、またおしっこなどにより体温が逃げる場合、人間の身体は以下のように体温調節を行います。

・血管を収縮させることで血流を減少させ、熱を外に逃がさない
・代謝を促進することで、熱の発生を促す
・筋肉を収縮させることで身体に震えを起こし、熱の発生を促す

わたしたちが寒いと感じると身体が震えるのは、筋肉の収縮によって体内に熱を発生させるためです。

検温で赤ちゃんの平熱を理解する

赤ちゃんは上記の体温調節機能が未熟で、特に気温が高いときに環境の影響を受けて体温も高くなり、高くなった体温をうまく下げることができません。

ご飯を食べたとき(母乳を飲んだとき)は血糖値が上がるため体温が上がりますし、全身運動をしたときや泣いたときも血流が良くなるため体温は上がります。洋服の着せすぎや布団のかけ過ぎで、熱がこもって体温が上がることもあります。

ところが、体温調節機能が正しく働いている大人は、赤ちゃんの高体温(低体温)の感覚がわかりません。そのため、大人の感覚ではなく、赤ちゃんに合わせた検温と体温管理が必要です。

赤ちゃんの体温管理は、それぞれの状況に合わせて細かく検温をして把握しなければいけません。

冒頭の新生児の平熱の目安「起床前の体温」「昼食前の体温」「午後の体温」「就寝前の体温」は基本的な検温時間ですが、最初はご飯を食べた後や泣いた後なども検温して、赤ちゃんの平熱の目安をなるべく細かく掴んでおくと良いでしょう。

赤ちゃんの検温条件の例
・起床前の体温○○度
・昼食前の体温○○度
・昼食後の体温○○度
・午後の体温○○度
・就寝前の体温○○度
・泣いた後の体温○○度

たとえば、このように条件に合わせて赤ちゃんの体温を記録して管理すると、何か変化があったときにわかりやすくなります。

赤ちゃんの体温管理が必要な理由

では、なぜ赤ちゃんには、このような検温や体温管理が必要なのでしょうか。

体温管理する理由1.病気の症状を見逃さないため

「赤ちゃんって平熱が高いから、少しぐらいの熱でも平気なんだよね?」

たしかに赤ちゃんの平熱は大人に比べると少しだけ高めですが、赤ちゃんが38度の熱でも問題がないかというと、そんなことはありません。

高熱が出たときに比較的元気な子と元気がなくなる子は病気の種類、そのときの体調以外に赤ちゃんの体質(熱の耐性)によっても変わりますが、発熱していることに変わりはありません。

そのため、見た目の元気さだけで安心すると、重大な病気の症状を見逃してしまう可能性があります。

体温管理する理由2.体温調節をしてあげるため

赤ちゃんの体温は、体調だけではなく環境でも変化を起こしやすいため、ママがある程度の平熱を知っておかなければ体温調節をしてあげられません。

赤ちゃんは体重あたりの食事の量が多く、特に幼児期は運動量も多いため、体内で多くの熱が作られます。そこで上手く体温調節できなければ、身体に熱を溜め込んでしまい、熱中症や脱水症状につながることもあります。

一方、赤ちゃんは体の割に体表面積が大きく、皮下脂肪が少ないため、外気温が低いと熱が逃げやすい特徴もあります。そのため直接的な寒さで体温が下がるだけでなく、汗をかくと汗が乾いたときに必要以上に体温を奪ってしまいます。

このように外気温に影響を受けやすいため、検温によって赤ちゃんの状況を把握して、そのときに応じた対応をする必要があるんです。

ママが行う赤ちゃんの体温調節方法

ママは赤ちゃんの検温を行い、色々な状況での赤ちゃんの平熱を知ることで、赤ちゃんの体温と体調を管理・コントロールしなければいけません。そこで以下のことに注意しましょう。

1.エアコンなどの空調機器で体温調節

エアコンを使い過ぎると大人も体温調節機能が弱まります。もちろん、赤ちゃんはより気を付けなければ、体温調節機能の発達に影響を与える可能性があります。

とは言え、暑い中や寒い中ガマンしてまで空調機器を使わないことは間違っています。快適に過ごせる温度や湿度はママがコントロールしながら、赤ちゃんに直接風が当たらないように調節してあげましょう。

また、なるべく自然の風を取り入れたり、扇風機で風を巡回させて涼しくするように心掛けましょう。

子ども・赤ちゃんがいる家庭で扇風機を1年中使う3つの理由

2.普段は肌着・靴下・手袋で体温調節

赤ちゃんが普段過ごす場合は、肌着・靴下・手袋などで体温調節をするようにしましょう。

ただし、赤ちゃんの手足は体温に比べて冷たくなりがちです。そのため、赤ちゃんの体温はちゃんと検温するか、お腹を触ることで体温が上がり気味、下がり気味を見極めて、着るものを調節してください。

特に肌着には、冬の寒いときの保温効果、夏の汗を吸収して快適にする効果があります。肌着は着せるようにして、素材によって体温調節できるように使い分けましょう。

3.睡眠時はタオルケットや毛布で体温調節

夏の昼間は、赤ちゃんの脱水症状や熱中症に気をつけますが、夜は意外と疎かにしがちです。

夜長時間寝ている間の脱水症状や熱中症の方が怖いため、エアコンなどの空調機器は低すぎない温度で、つけっぱなしで良いと思います。ただし、お腹は冷やさないようにタオルケットなどをかけてあげてください。

また、冬の睡眠時に空調機器を使うと、温かい空気がこもって赤ちゃんの体温が上がる可能性があるため、なるべく毛布と布団で調整するようにしましょう。

体温調節はいつから機能するのか

このように赤ちゃんの体温管理はとても大切なのですが、やっぱりママが気を使うのは、赤ちゃんの体温を上げすぎないことですね。

「赤ちゃんが寒くないように~~」と考えてしまいがちですが、それは逆で、赤ちゃんの体温調節機能は体温を下げる方が苦手です。

大人の感覚で過度に洋服を重ね着させたり、布団をたくさんかけたり、暖かすぎる室温で寒さ対策をすると乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因になる可能性もあります。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因や確率は?予防法はある?

子どもの体温調節機能は2歳ごろまでに自律神経が正常に働くことで整っていくため、ママはその頃までは体温管理に気をつける必要があります。

自律神経の正常な発達のためには、睡眠などの正しい生活リズムと適度な運動がとても大切です。

特に、子どもがひとり歩きできるようになったら、昼間は公園などで元気に遊び、夜は適度な温度調節で子どもの睡眠を助けることで、体温調節機能の発達を促しましょう。

記事のURLとタイトルをコピー