新生児・赤ちゃん・子どもの平均体温は?年齢・男女別平熱の目安

1875ce9fcf5354c86b8eb3bb931b23a0

この記事の読了時間は約 5 分です。

乳幼児の平熱を知ることが健康管理になる

赤ちゃんや子どもの体温は、健康のバロメーターです。

とは言え、赤ちゃんは大人に比べて体温が高めなうえ、体調や環境によってすぐに体温が上がるため、なかなか発熱の見極めが難しいことはママなら知ってますよね。

乳幼児の発熱、高熱、微熱は以下のように考えます。乳幼児は病気だけではなく、室温が高い、服の着すぎなどですぐに体温が上がってしまうため、大人の体温とは同じように考えないでおきましょう。

受診が必要な体温は?赤ちゃんの発熱・高熱・微熱の違いと対処

ただ、乳幼児の体温変化が激しいとしても、発熱していれば何らかの対応をする必要があるため、ママは乳幼児の成長に合わせたある程度の平熱を知っておきたいはずです。

そこで今回は、早期新生児、新生児、生後3-4か月児、生後6か月児、1-2歳児、3-4歳児、5-6歳時の平均体温をご紹介したいと思います。

以下、テルモのサイトを参考にしています。

参考|乳幼児の体温の特徴|乳幼児の体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

早期新生児(生後7日以内)の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.67度
女の子の平熱|36.68度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.70度
女の子の平熱|36.70度

午後の体温

男の子の平熱|36.78度
女の子の平熱|36.76度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.71度
女の子の平熱|36.71度

新生児(生後1か月以内)の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.68度
女の子の平熱|36.66度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.62度
女の子の平熱|36.64度

午後の体温

男の子の平熱|36.72度
女の子の平熱|36.79度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.72度
女の子の平熱|36.78度

生後3-4か月の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.35度
女の子の平熱|36.40度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.47度
女の子の平熱|36.46度

午後の体温

男の子の平熱|36.38度
女の子の平熱|36.38度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.40度
女の子の平熱|36.42度

生後6か月の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.28度
女の子の平熱|36.27度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.43度
女の子の平熱|36.45度

午後の体温

男の子の平熱|36.42度
女の子の平熱|36.40度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.40度
女の子の平熱|36.45度

1-2歳の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.11度
女の子の平熱|36.10度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.45度
女の子の平熱|36.42度

午後の体温

男の子の平熱|36.51度
女の子の平熱|36.45度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.34度
女の子の平熱|36.29度

3-4歳の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.13度
女の子の平熱|36.10度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.40度
女の子の平熱|36.43度

午後の体温

男の子の平熱|36.47度
女の子の平熱|36.57度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.30度
女の子の平熱|36.28度

5-6歳の体温目安

起床前の体温

男の子の平熱|36.20度
女の子の平熱|36.19度

昼食前の体温

男の子の平熱|36.49度
女の子の平熱|36.47度

午後の体温

男の子の平熱|36.57度
女の子の平熱|36.51度

就寝前の体温

男の子の平熱|36.37度
女の子の平熱|36.31度

乳幼児の平熱目安からわかること

乳幼児の男女の平熱を見比べてみて、「あれ?意外と低い?」と思ったママは多いんじゃないでしょうか。

たしかに新生児の体温は高く、年齢が上がるほどに平熱は下がる傾向がありますが、新生児でも36.7度-36.8度前後ほどですし、生後3か月を過ぎると大人と比べてもけして平熱が高いとは言えません。

乳幼児の体温は個性や環境によって大きく変わるため、一般的に36.5度-37.5度とされているほど開きが大きいものです。

乳幼児の平熱が今回ご紹介した平熱よりも高めに言われるのは、乳幼児の体温が上がりやすく、体温が高めに感じる場面が多いためだと考えられます。

特に赤ちゃんは、授乳後やご飯を食べた後の体温は高くなりますし、春夏の体温も高めになりがちです。少し着こむと大人よりも体温が上がりますし、泣いても体温が上がります。

そして上がった体温はなかなか下がりません。これはまだ体温調節機能が未熟なためです。

体温調節機能の役割とは?赤ちゃんの体温管理が必要な理由

そのため、このデータはあくまでも平常時の平熱の目安と考え、ご飯を食べたときや泣いた後の体温は別に計測して、正しい判断ができるようにしておくとより安心できます。

ちなみに、このデータはテルモのサイトで公開されているものですが、元データは1979年に厚生省(当時)の「厚生省小児保健環境研究班」が調べたものです。少し古い資料ですが、乳幼児の平熱がそれほど変わることはないと思います。

以下、画像にしてまとめたので、必要であれば乳幼児の体温管理のものさしの一つとして活用してください。

ae3bdc3854291f3f9843919b79bc66d5

記事のURLとタイトルをコピー