赤ちゃんの健康保険証はいつ必要?社保と国保で加入手続きは違う?

684e134b0d05ab77a19315244fc8423c

この記事の読了時間は約 7 分です。

赤ちゃんの健康保険証はお早めに!

赤ちゃんが産まれてまず最初にすることは、出生届を市区町村役所に提出することです。

赤ちゃんの出産日を含めて14日以内に出生届を提出することは、戸籍法で義務付けられています。もし、出生届の提出が遅れた場合は、戸籍届出期間経過通知書という遅延理由書の提出が必要になり、罰金が課せられ場合もあります。

赤ちゃんの出生届とは?提出期限はいつまで?遅れたら罰金?

また、出生届の提出と同時に行った方が良いものは「児童手当の申請」「乳幼児医療費助成の手続き」ですが、もう1つ大事な手続きがあります。

それは、赤ちゃんの健康保険証の準備です。

ママはまだ出産後で体調が万全ではありませんし、赤ちゃんのお世話でテンパっているはずです。そのため、健康保険証などの手続きはパパが主体で積極的に行うべきものです。

今回は、赤ちゃんの健康保険証はいつ必要になるのか、会社員、自営業者、公務員での赤ちゃんの健康保険証の手続きの違いについてお話したいと思います。

赤ちゃんの健康保険証が必要な時期

赤ちゃんの健康保険証は赤ちゃんが産まれた時点で権利が発生するため、申請日が遅れても、出生日(権利発生日)まで遡って使用できます。

ただし、実際に健康保険証が手元になければ、当面の医療費の出費がかさんでしまったり、面倒な手続きが必要になる場合があります。

そのため、赤ちゃんの出産後は、なるべく早く健康保険証の手続きを行った方が良いと思います。では、具体的に、いつどんなときに健康保険証が必要になるのでしょうか。

保険証が必要な時期1.乳幼児医療費助成の申請

乳幼児医療費助成を使うためには、赤ちゃんの健康保険証が必要です。乳幼児医療費助成とは、乳幼児が医療機関でかかった医療費の一部、または全額を地方自治体が負担してくれる制度のことです。

乳幼児医療費助成は地方自治体によって、いつまで遡って医療費を請求できるかが異なります。そのため、早めに乳幼児医療費助成の申請しておかなければ余計な医療費を支払うことになってしまいます。

子どもの医療費はいくら?乳幼児医療費助成の手続きと年齢・所得制限

保険証が必要な時期2.未熟児養育医療制度の申請

もし、出産した赤ちゃんが早産や低体重が理由で未熟児だと判断された場合、赤ちゃんには未熟児医療が必要になります。その未熟児医療の医療費負担を軽減してくれるのが、未熟児養育医療制度です。

未熟児養育医療制度の申請には、赤ちゃんの健康保険証が必要です。厳密には、親の健康保険証で申請をしても良いのですが、赤ちゃんの健康保険証の作成が遅れると、自費の先払いの医療費が高額になるため困るかもしれません。

未熟児養育医療給付制度の対象と条件は?必要な申請書など

保険証が必要な時期3.子どもの1か月検診

子どもの定期検診は、保険適用外のため健康保険証を使うことはできません。一般的に国と地方自治体が検診の費用を負担してくれるのは、4か月検診(満4か月から満6か月未満)、10か月検診(満10か月から満1歳未満)、1歳6か月検診(満1歳6か月から満2歳未満)、3歳検診(満3歳6か月から満4歳未満)です。

ただし、1か月健診で別途何らかの検査や医療行為が必要な場合は、それらの行為に医療費がかかりますが保険が適用されます。そのため、赤ちゃんの健康保険証がないと当面の医療費がかかってしまいます。

赤ちゃんの健康保険証の加入手続き

赤ちゃんの健康保険証の手続きとは、パパ、またはママが加入している健康保険に被扶養家族として加入することを意味します。ただし、国民健康保険の場合は扶養の概念はなく、赤ちゃんも1人の加入者になります。

健康保険証手続きの申請先

健康保険には色々な種類があり、加入している健康保険によって保険者(保健の提供者)が違います。代表的なものは社会保険(健康保険)と国民健康保険です。

社会保険加入者の健康保険と言えば、一般的には保険者が「協会けんぽ」の健康保険と保険者がその他の「健康保険組合」の健康保険のどちらかでしょう。船員の船員保険の保険者は協会けんぽ、公務員の共済組合の保険者は共済組合が保険者になります。

また、自営業の場合は上記以外の健康保険として、国民健康保険に加入しているはずです。国民健康保険の保険者は市区町村になります。

被保険者・扶養者とは?国保と健保の違いは?育児に必要な医療保険制度

健康保険証手続きに必要な書類

健康保険(社会保険)の被扶養者加入手続きに必要な書類などは以下の通りです。

会社員の場合

勤務先の健康保険(社会保険)に対して被扶養者加入する場合は、会社の担当者や健康保険組合に対して、「健康保険被扶養者(異動)届」に必要事項を記載して提出します。

自営業の場合

国民健康保険に加入している自営業者の場合は、市区町村役所の窓口で赤ちゃんの国民健康保険の加入手続きをしてください。出生届を提出した際に、ついでに手続きを行うと良いでしょう。

公務員の場合

公務員の共済保険に対して被扶養者加入する場合は、一般の勤務先と同じように担当者に対して、「被扶養者申告書(書式は各共済組合による)」「年金手帳の写し」を提出します。

一般的に必要なもの

その他、一般的に赤ちゃんの健康保険証の手続きに必要なものや書類は、以下のとおりです。

・被保険者の健康保険証
・印鑑(認印)
・出生届出済証明が記入された母子手帳
・出生届受理証明書
・課税証明書、または前年1月-12月の給与明細のコピー

夫婦共働きの場合は、年間収入が多い方の被扶養者とすることが一般的ですが、100万円など大きな差がない場合は夫の健康保険の被扶養にします。

出生届出済証明とは、市区町村役所に出生届を提出した際、母子手帳の「出生届出済証明書」欄に、子の氏名・出生の場所・出生の年月日等の記載と市区町村の長の氏名と押印がされたものです。

出生届受理証明書は、出生届が市区町村役所で受理されたことを証明する書類で、窓口で申請すると取得できます。

市区町村役所で課税証明書の取得を促される場合がありますが、社会保険(健康保険)の場合は一般的には会社が前年度の給与明細などを用意してくれるはずです。

健康保険の申請から健康保険証が届くまでの期間

社会保険(健康保険)、共済の場合と国民健康保険の申請から保険証受取までの流れを簡単に書くと、以下のようになります。

社会保険(健康保険)、共済の場合

1.赤ちゃんを出産

2.勤務先担当者に被扶養者申請の旨を伝える

3.必要なものを用意し、書類に必要事項を記載して勤務先に提出する

4.健康保険証が届く

国民健康保険の場合

1.赤ちゃんを出産

2.出生届提出の際に国保の加入申請を出す

3.前年度の課税証明書が必要な場合は同時に取得する

4.健康保険証が届く

健康保険証が発行され届くまでの期間

赤ちゃんの健康保険証の申請をしてから郵送で手元に届くまでには、一般的に1週間から2週間ほどかかりますが、3-4月前後など入退社や出入りの多い繁忙期はもう少し時間がかかることもあります。

もしそれ以上長引く場合は、手続きの過程、申請の過程で不備が起こっていることがあるため、勤務先の窓口に確認してもらうようにしましょう。

社保と国保の切り替えが絡むと面倒

パパやママが会社に勤めている場合は社会保険に加入しているため、手続き方法などは特に考える必要はありません。とにかく早く申請して、早く健康保険証が届くのを待つだけです。

ところが、子どもが産まれる前に会社をやめて独立していたり、出産のタイミングで健康保険から国民健康保険に切り替える必要がある場合は、色々と面倒なことがあると思います。

実際うちの場合は、夫が前職を退社したタイミングで子どもの高額療養費の申請がありました。周囲の環境に慣れるためにドタバタしていたため、何度かあった高額療養費の申請の1回分を申請し忘れてしまい、7-8万円ほど返戻されませんでした……(;_;)

赤ちゃんの出産は嬉しい半面、面倒な手続きが重なります。でも、それらの面倒な手続きは全て赤ちゃんのため、そしてわたしたちの家庭のために必要な行為です。

特に、赤ちゃんの健康保険証は大切なので、後悔しないように早め早めに手続きを済ませるようにしてください。

記事のURLとタイトルをコピー