沐浴と入浴の違いは?新生児・赤ちゃんの正しい持ち方と洗い方

b95eede310b9d7603e5b96e94ae448d9

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

初めての沐浴は神経を使う

助産院で出産した女性も、病院で出産した女性も、出産後の入院期間に赤ちゃんに対する基本的な育児のやり方を教わります。

抱っこの仕方、授乳の仕方、おむつの替え方、沐浴の仕方などを教わりますが、退院をすると赤ちゃんとの生活が不安で仕方がない気持ちになります。

そのため、両親学級に行ったり、市区町村の保健師さんに訪問してもらうなどの他に、両親や友人に聞いたり、子育てサロンに参加したり、育児本を見たり、ネットで調べたり……と補完しながら少しずつ育児を覚え、新しい知識を得ていくものです。

さて、初期の育児でママが「怖いなぁ。」と感じるのは、沐浴ではないでしょうか。

まだ首がすわっていない赤ちゃんを片手で支えて、片手で身体を洗わなければいけません。耳に水が入らないよう……ベビーソープが粘膜につかないよう……洗い残しがないよう……と考えると、慣れるまでは神経を使いますよね。

ところで、なぜ新生児のお風呂は入浴ではなく、沐浴というのでしょうか。

今回は、入浴と沐浴の違い、赤ちゃんのお風呂の準備と沐浴の方法についてお話したいと思います。

沐浴と入浴の違い

入浴と沐浴には世界中で多くの定義がありますが、日本においては一般的にお風呂の浴槽に浸かることを入浴と言い、赤ちゃんがベビーバスなどを使ってお湯に浸かることを沐浴と言います。

産まれたばかりの赤ちゃんは、大人と同じ浴槽に浸かる入浴は行えません。なぜなら、他人と入るお風呂には細菌が多く存在しており、まだ抵抗力が低い赤ちゃんに感染の危険性があるためです。

323889374b4c19759757e83f0b339999

引用|風呂の残り湯は使っても良い? | 衛生微生物研究センター

沐浴はいつまで?

赤ちゃんの沐浴を続ける目安は、生後1か月までです。そのため、1か月検診で医師の許可をもらったらいっしょに入浴するようにしましょう。

ただし、ママの体調が悪かったり、産後の悪露が続いている場合はもう少し赤ちゃんの沐浴を続けてください。

産後の悪露はいつまで?出血量・色・匂いの変化と帝王切開後の症状

沐浴をする時間帯と注意点

赤ちゃんが沐浴をする時間帯には特に決まりはないのですが、いくつか注意点があります。

沐浴時間の注意点1.時間をバラバラにしない

昨日は10時で今日は21時など、毎日極端にバラバラな時間帯に沐浴をすると、今後の赤ちゃんの生活リズムを作ることが難しくなります。

また、ママ自身の生活リズムを整えて産後の養生をするためにも、ある程度沐浴の時間は決めた方が良いでしょう。

沐浴時間の注意点2.夏と冬の時間帯

沐浴場所、及び沐浴後の室温調節は冬季22-24度前後、夏季28度前後を目安にすると良いでしょう。

参考|山本産婦人科(三重県津市) 母乳育児・育児環境・沐浴・新生児疾患・生活指導について

赤ちゃんは沐浴をすると身体が温まり、汗をかきやすくなります。そのため、室温調整が難しければ暑い時間帯は避けましょう。

反対に、冬の寒い時間帯は身体が温まるまでに身体に負担がかかりますし、湯冷めをするかもしれません。夏場同様、室温調節ができなければ、寒い時間帯は避けましょう。

沐浴時間の注意点3.授乳の直前・直後は避ける

授乳後は、消化吸収のため血液が胃に集中します。沐浴で全身が温まると、胃に集中した血液が拡散して、消化吸収を阻害する可能性があります。また、赤ちゃんは身体が温まると吐き戻しやすくなります。

反対に授乳前は、赤ちゃんがお腹が空いて機嫌が悪くなることがあります。お腹を空かせたまま沐浴~着替えで15分ほどおあずけするのは、かわいそうですよね。

沐浴時間の注意点4.眠そうなとき

赤ちゃんは眠ることとおっぱいを飲むことが仕事です。そのため、赤ちゃんが眠そうなときは、沐浴の時間はずらした方が良いでしょう。

また、赤ちゃんは沐浴中に眠ってしまうこともあります。沐浴を中止する必要はありませんが、起こさないように素早くそっと沐浴を済ませましょう。

沐浴時間の注意点5.深夜・早朝でも構わない

産まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別がつかないため、時間がバラバラにならなければ、深夜や早朝の沐浴でも構わないと思います。

ただし、生後3-4か月ごろからは昼夜の区別をつけて生活リズムを作り出す時期なので、夕方から夜の決まった時間に赤ちゃんといっしょに入浴をするようにしましょう。

沐浴に必要なもの

1.ベビーバス

ベビーバスは、どこでどのように使うかを考えて選んでください。わたしはキッチンのシンクや洗面所で使うことを考えて、大きすぎず、そこそこしっかりしたベビーバスを選びました。

以下はわたしが購入したベビーバスとは違いますが、キッチンのシンクで使えるものなので(サイズ用確認)おすすめです。

2.ベビーソープ

ベビーソープは、赤ちゃんのお肌に合うかどうかが最も大切ですが、使ってみなければわかりません。

固形せっけんタイプや液体タイプはコストパフォーマンスが良くても、赤ちゃんを抱えて泡立てることを考えると面倒です。そのため、最初から泡が出るポンプタイプが圧倒的に便利でおすすめです。

3.沐浴布(ガーゼ)

ガーゼの沐浴布は、沐浴のときに身体にかけるために1枚、顔や身体を拭くために1枚必要です。

4.手桶(洗面器)

手桶は、赤ちゃんの身体をベビーソープで洗ったあとに、軽く流すためにあった方が良いでしょう。洗面器でも良いですが、持ちやすい手桶の方が便利でおすすめです。

5.その他

給湯の温度設定ができない場合は、温度計を用意しましょう。赤ちゃんが浸かるお湯の温度は季節によって変わりますが、夏は37-38度、冬は39-40度ほどで調節してください。

もちろん、バスタオルは必要ですし、沐浴後のおへその消毒用アルコール、赤ちゃん用の綿棒も用意しておきましょう。

沐浴の方法と流れ

では、沐浴の方法と流れを見ていきます。

沐浴の流れ1.肌着など着替え準備

まず、赤ちゃんの肌着など着替え一式を用意します。ベビー服を広げ、肌着をその上に広げておむつを横に置き、沐浴後すぐに着られる準備をしましょう。

沐浴の流れ2.ベビーバスの準備

ベビーバス、ベビーソープ、沐浴布、バスタオルを用意したら、温度調節をしてベビーバスにお湯を溜めましょう。ベビーバスの大きさにもよりますが、お湯の量は7割が目安です。また、手桶にもお湯を溜めましょう。

沐浴の流れ3.沐浴開始

ベビー服を脱がし、抱っこして足からゆっくりとベビーバスに入れます。足、おしりを置いたら片手を離し、お湯に浸けたまま身体を洗い始めます。首元の手で赤ちゃんを支えてください。

ベビーバスに入れた後に、沐浴布を胸と手にかけると赤ちゃんが安心し、手をばたつかせません。沐浴中は、身体を洗う度に沐浴布を元に戻してあげます。

沐浴の流れ4.顔を洗う

もう1枚の沐浴布(または洗うためのガーゼ)をお湯で濡らし、片手でギュッと絞ってから顔の周囲を拭き、徐々に細かな目、鼻、耳の裏周辺を優しく丁寧に拭いてください。

特に、耳周辺と首はシワがあるため、よだれ、涙、汗、母乳、ホコリが溜まりやすく、肌荒れや匂いの原因になります。

耳が臭い・耳垢が赤い・黒い・白いのは病気?赤ちゃんの耳垢の種類

沐浴の流れ5.頭を洗う

頭を洗うときは、ベビーソープを少量つけて手で優しく洗いましょう。赤ちゃんの髪の毛は細く軽いため、髪よりも頭皮を意識します。脂漏性湿疹がある赤ちゃんは、丁寧に洗ってください。

赤ちゃんの髪の毛が薄くて心配…1歳前のハゲ・抜け毛原因は?

シャンプーが顔に付いたり、お湯が目に入りそうなときはガーゼで拭き取ってください。洗い終わったら、手でお湯を何度もかけて洗い流します。

沐浴の流れ6.身体を洗う(前面)

次に胸とお腹を軽く洗い、腕を洗います。腕はホコリが溜まりやすいわきの下、肘の内側、手の指をきれいにしてください。

足は股の間(ちんちん)、膝の裏、足の指をきれいにしてあげてください。洗う順番はやりやすいところからで良いでしょう。

沐浴の流れ7.身体を洗う(背面)

次に背中ですが、赤ちゃんの顎に腕をあてて抱えるようにうつ伏せに持ち替えます。首がすわっていない赤ちゃんをうつ伏せに抱えるのが怖いというママは、仰向けのままお尻周辺、肛門、背中と首の後ろを洗ってください。

沐浴の流れ8.手桶でかけ湯

最後に、手桶に入れたお湯でかけ湯をしてあげましょう。ベビーソープが残りやすい、頭やその周辺はもう一度確認してください。

沐浴中・沐浴後の注意点

注意点1.沐浴の時間は短めに

沐浴は、赤ちゃんの服を脱がしてから着せるまで10分以内を目指しましょう。赤ちゃんにとって、沐浴は疲れる行為ですし、湯冷めをさせてもいけません。

注意点2.沐浴中のうんち・おしっこ

沐浴中のうんち・おしっこは珍しくありません。沐浴が終盤なら、うんち・おしっこを取り除いて、かけ湯をして沐浴を終えましょう。序盤でうんちなら、お湯を入れ替えてあげましょう。

注意点3.無理に耳を塞がない

以前の育児では、沐浴中は赤ちゃんの首を支える手で、両耳も塞ぐことが常識でした(わたしもそう教わりました)。

今は、沐浴中でも赤ちゃんの耳を塞ぐ必要はありません。無理に赤ちゃんの耳を塞ぐと強く押さえてしまい、内耳や鼓膜を傷つける原因になります。

多少のお湯が赤ちゃんの耳に入っても中耳炎になることはありませんが、頭を洗う際は洗う側、または流す側の片耳を軽く塞いであげましょう。

注意点4.沐浴後のケアは丁寧に

沐浴後はすぐに身体をバスタオルで包み、着替えがある部屋に行きます。赤ちゃんを寝かせてバスタオルで身体と頭を拭いたら、すぐにおむつを履かせてください(おしっこします)。

おむつを履かせたらスキンケアを行ない、室温に合わせて肌着・ベビー服を着せてから綿棒で耳のケア、おへそのケアをして、最後に母乳やミルクで水分補給をしてあげましょう。

注意点5.ベビーバスの水分は拭き取る

赤ちゃんが眠った後は、ベビーバスを洗って、水分をきっちり拭き取ってから、なるべく湿度が高くない場所にかけておきましょう。

沐浴は慣れが必要

初めは、誰もがおっかなびっくりで赤ちゃんの沐浴をするはずです。

でも、沐浴をしていると赤ちゃんの身体の隅々まで見ることで、身体の小ささや柔らかさなど、赤ちゃんが繊細なことがよく分かるようになります。

沐浴に慣れると赤ちゃんの扱い方もうまくなるので、一つずつ理解しながらがんばって取り組んでください。

また、ママが沐浴に慣れてきたら、できれば沐浴はパパにバトンタッチをして、パパにも赤ちゃんの扱いに慣れてもらいましょう。赤ちゃんの慣れは、どれだけ赤ちゃんに触れているかが重要です。

たとえイクメンではなくても、いざというときに赤ちゃんを任せてオロオロしないためには、パパに一通りの育児に慣れて貰う必要があります。

沐浴の方法や洗い方が文字でわかりにくかった人は、保健師のSukeyさんが動画で沐浴の解説をしてくれているので、こちらも参考にしてください。

記事のURLとタイトルをコピー