赤ちゃんが何でも口に入れる理由は?いつから?やめさせるべき?

897bbe7e10b85a5d74b315bb41807dd3

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

赤ちゃんが口に物を入れる姿は可愛い

赤ちゃんがおもちゃを口に入れて、ベロベロ舐めたり、ガシガシ噛んだりしていると、「あぁー赤ちゃんだなぁ(当たり前だけど)。」と思います。

もちろん、赤ちゃんが口に入れるものは、タオルや布製・プラスチック制のおもちゃ、絵本など、飲み込む危険がない大きさのものですが、これだけ何でも口の中に入れている姿を見ると、「これっていつまで続くんだろう……。」と少し不安に感じます。

まだハイハイをしているころであれば良いのですが、つかまり立ちができるようになったら……、ひとり歩きができるようになったら……、戸棚を開けられるようになったら……、ママが気をつける範囲は格段に増えてしまいます。

赤ちゃんが何でも口に入れてしまう行為は、何歳ごろまで続くもの何でしょうか。また、なぜ赤ちゃんは何でも口に入れてしまうんでしょうか。

今回は、赤ちゃんが何でも口に入れてしまう理由、またそれがいつまで続くのかについてお話したいと思います。

赤ちゃんが何でも口に入れてしまう理由

何でも口に入れる理由1.哺乳反射の延長

赤ちゃんがおっぱいを口に咥えて、乳首をチューチューと吸えるのは「おっぱいが飲みたい。」と意識しているのではなく、哺乳反射という反射行動によって行っています。

哺乳反射の中でも、口の周りに何かが触れると口を開ける口唇探索反射、口の中に入れたものを規則的に吸引する吸啜反射があるため、触れたものを口の中に入れてしまい、ベロベロ舐めたり、チューチュー吸うようになります。

口唇探索反射、吸啜反射は生後5-6か月ごろに消失しますが、それまでに何でも口の中に入れる癖がついてしまう場合もあります。

哺乳反射とは?赤ちゃんが乳首を吸っておっぱいを飲める理由

何でも口に入れる理由2.手足よりも口周辺が発達するから

赤ちゃんにとって最も大切な活動の1つが授乳など、栄養を摂取する行為です。哺乳反射は生後5-6か月で消失してしまうため、それまでに口周辺、口腔内の感覚や筋肉が急速に発達します。

そのため、まず発達が早い口の中に物を入れる行為をするようになります。

何でも口に入れる理由3.口で物を確認しているから

大人は、目で見て物の色を認識したり、手で触ることで感触や温度などを確認しています。ところが、赤ちゃんは目が発達していない分、物の形や感触を舌で見分ける能力が備わっていて、これを「共感覚」と言います。

赤ちゃんは、「口でものを見る」ように捉える力を備えていることが分かる。この「口でものを見る」感覚は、共感覚と呼ばれる。共感覚は、文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする能力だ。

引用|赤ちゃんは「口でものを見る」!? 脳のシナプスの「刈り込み」は神経細胞のつながりを強める|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

自分が触れた物の感触を確かめるために、口に咥えることで「硬い・柔らかい」「大きい・小さい」「温かい・冷たい」などを明確に判断することができます。

何でも口に入れる理由4.歯茎がかゆいから

赤ちゃんの歯が生え始める時期はバラバラですが、一般的には生後3-9か月ごろが生え始めの目安になります。

乳歯が生え始めるころは、歯茎がむずがゆくなることがあるため、色々な物をしゃぶったり、噛んだりすることで歯茎のかゆさや違和感を解消しようとしています。

赤ちゃんの歯が生え始める時期はいつ?乳歯の本数や順番は?

何でも口に入れるのはいつからいつまで?

赤ちゃんや子どもが口に物を入れるのは、いつからいつまででしょうか。

赤ちゃんが何でも口に入れるのはいつから?

厚生労働省の「平成26年度家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」によると、子どもの誤飲報告件数は生後6-11か月から急激に増加し、最も誤飲が多い時期だということがわかります。

169156ee0d172ef773a73424cdd4731c タバコ…電池…薬…子どもの誤飲は何歳まで?誤飲予防と注意点

つまり、赤ちゃんが口に物を入れるのは生後5-6か月ごろからということです。

子どもが何でも口に入れるのはいつまで?

先程の誤飲事故件数を見ると、6歳以上に関しては年齢幅が広いためよくわかりませんが、少なくとも3-5歳の子どもには誤飲事故が多いことがわかります。

つまり、子どもが口に物を入れるのは5-6歳ごろまで続く可能性があるということです。ただし、これが良いことというわけではありません。

子どもが何でも口に入れる行為は治すべき?

赤ちゃんが口に物を入れた後の行動は、吸う、舐める、噛むですが、どの行為をしたくて口に物を入れ続けるのかは、赤ちゃんの個性や成長具合によります。

たとえば、なかなか卒乳しない子は物を吸う行為が長引きますし、乳歯が遅ければそれだけ違和感を感じる年齢が高くなるため、物を噛む行為が長引く可能性があります。

とは言え、上記の要因によって口に物を入れるのは1歳半から2歳ごろまでで、これは生理的な要因です。ところが、2歳から3歳で口に物を入れるのは心理的な要因があり、4歳以降で口に物を入れるのは癖だと言われています。これは指しゃぶりも同じです。

赤ちゃんが指しゃぶりする理由は?いつまでにやめさせる?

心理的な要因は心の成長に必要な場合があるため無理にやめさせる必要はないのですが、4歳前後からの単なる癖であれば誤飲以外にも以下の悪影響が考えられるためやめさせるべきです。

3歳以降の指しゃぶりの割合は?子どもの悪影響とやめさせる方法

ちなみに、6歳の息子は、気がつけばリモコンやおもちゃを口に咥える癖がついてしまっています。

一方3歳の娘は、物を咥えることは全くありませんが、寝ているときは口をくちゅくちゅ動かしています。同じような子もいると思いますが、これは授乳の名残で、起きているときに何かを口に入れているわけではないので、特に気にする必要はありません。

記事のURLとタイトルをコピー