赤ちゃんの歯が生え始める時期はいつ?乳歯の本数や順番は?

a73f1be441a9898df99d539b34523b1b

この記事の読了時間は約 8 分です。

赤ちゃんの歯が生える時期

産まれたばかりの赤ちゃんには歯がありませんが、いつごろ生え始めるか知っていますか?

離乳食の時期を考えると、何となく予測できますね。乳歯が生えるタイミングには個人差がありますが、一般的には生後6か月ぐらいから歯が生え始めます。この赤ちゃんに生える歯を「乳歯」と言います。

ただし、全ての乳歯が一気に生えるわけではありません。全ての乳歯が生え揃うのは、2歳から2歳半頃です。

そして、ようやく乳歯が生え揃ったら、そのまた2-3年後には乳歯から大人の歯「永久歯」への生え変わりが始まります。

これは、子どもの顎や口周りが成長して大人になる骨格の成長が始まったためで、乳歯では小さすぎて色々と不都合だからです。

そのため、一番早く生え始めた乳歯でもたった4-5年ほどしか使いませんが、次の大人の歯へのつなぎとして大切な役割を果たすため、適当に扱って良いわけではありません。

もちろん、赤ちゃん自身では乳歯のお手入れができないため、乳歯が生える順番に従って、ママが毎日お手入れをしてあげます。

そこで今回は、乳歯が生えてくる時期や順番、乳歯の役割についてお話したいと思います。

乳歯(にゅうし)とは

乳歯とは、生後6か月(生後3-9か月が目安)から2歳半までの期間に、赤ちゃんの上顎下顎にそれぞれ10本づつ、合わせて20本生えてくる初めての歯のことです。

乳歯が生え始める時期や順番には個人差があるため、ママは乳歯の生え始めが早い遅いで一喜一憂する必要はありません。

ただし、赤ちゃんによっては先天的に歯が生えていたり、1歳過ぎでも歯が生えてこないことがあり、その場合は小児歯科での治療が必要になります。

乳歯に対して、6-7歳ごろから11-13歳ごろまでに、乳歯からの生え変わりも含めて上下28本(18歳以降でさらに4本)生え揃う大人の歯を「永久歯」と言います。

乳歯は永久歯と比べて小さく、歯の材質であるエナメル質や象牙質が薄いため歯自体が柔らかく、傷ついたり虫歯になりやすい特徴があります。乳歯の特徴と赤ちゃんの虫歯の詳細は、以下を参考にしてください。

歯磨きはいつから?赤ちゃんが虫歯になる理由と乳歯の特徴

乳歯が生える時期と順番の目安

乳歯が生える時期の目安と順番は以下の通りです。

1d5da269d933d29ce6db860102f852f4

乳歯の時期と順番1.乳中切歯(にゅうちゅうせっし)

上図のAにあたる上下4本の前歯を「乳中切歯(中切歯)」と言います。

初めての乳歯は、まず下顎の乳中切歯から生え始め、次に上顎の乳中切歯が生えるという順番が一般的です。

下顎の乳中切歯が生えてくる時期の目安は生後6-7か月ごろですが、個人差があるため早い子で生後3か月前後、遅い子で生後9か月前後と考えると良いでしょう。

次に上顎の乳中切歯が2か月ほど遅れて生後8-10か月前後に生えてきます。

乳歯の時期と順番2.乳側切歯(にゅうそくせっし)

4本の乳中切歯が生え揃ったら、次は上図のBにあたる上下4本の「乳側切歯(側切歯)」が生えてきます。

下顎の乳側切歯が生えてくる時期の目安は生後10-11か月ごろ、上顎の乳側切歯が生えてくる時期の目安は生後11-12か月ごろです。

まれに、上顎の乳中切歯が生えそろう前に下顎の乳側切歯が生えてくる子もいますが、しばらくして乳側切歯が生えてくれば、順番はあまり気にする必要はありません。

乳歯の時期と順番3.第1乳臼歯(だいいちにゅうきゅうし)

次に、乳側切歯の横の歯を1つ奥に飛ばして、上図のDにあたる上下4本の「第1乳臼歯」が生えてきます。

第1乳臼歯は、上顎も下顎も生えてくる時期はそれほど変わらず、目安は1歳6か月-2歳ごろになります。

これが赤ちゃんにとって初めての奥歯です。奥歯は他の歯に比べて虫歯になりやすいため、ママは生え始めの時期を見逃さないように注意してください。

乳歯の時期と順番4.乳犬歯(にゅうけんし)

乳側切歯と第1乳臼歯の間に生えてくるのが、上下4本の「乳犬歯(犬歯)」です。

乳犬歯も上顎と下顎に生えてくる順番の決まりはなく、時期の目安としては1歳8か月-2歳6か月ごろになります。

乳歯の時期と順番5.第2乳臼歯(だいににゅうきゅうし)

最後に生えてくる乳歯は、一番奥の上下4本の歯になる「第2乳臼歯」です。第2乳臼歯の時期の目安は2歳-3歳前ごろになります。

乳歯が持つ大切な役割

乳歯は赤ちゃんから10歳前後まで使う専用の歯ですが、乳歯が生え揃ってしばらくすると永久歯に生え変わり始めます。そのため、乳歯には通常の歯の役割の他に永久歯に繋ぐ役割が存在します。

乳歯の役割1.顎の発達

赤ちゃんは乳歯が生えることで初めて、歯を使って食べ物を割いたりすり潰したりする「噛むこと」を覚えます。

歯を使って食べ物を噛むことは、食べ物を細かくするだけでなく、唾液の分泌を促して消化を助けてくれます。また、顎が鍛えられ口周りの筋肉が発達することで、身体の機能がより早く発達したり、脳の発達を促進してくれます。

乳歯の役割2.言葉の発達

子どもは3-5歳ごろにかけて言葉の発達があり、赤ちゃん言葉の修正や発音の修正を行うことで、徐々に正しい言葉を覚えていきます。

その際に顎の力が弱かったり、歯並びが悪かったりすると上手な言葉の発音ができません。上手な発音ができなければ言葉を正しく覚えられなかったり、コミュニケーション不足になる可能性があります。

乳歯の役割3.永久歯の誘導

噛むことで顎を強くしたり、虫歯がないきれいな歯並びの乳歯を持っておくことで、永久歯へのスムーズな生え変わりを促進します。

たとえば、子どもの顎が未発達の場合、永久歯が生えてくるスペースを確保できず、歯がガタガタに生えてしまいます。また、乳歯が虫歯になると、生えてくる永久歯も虫歯になる可能性があります。

虫歯菌が感染し、歯が定着しやすいのは2歳半ごろまでと言われていますが、それまでになるべく虫歯菌の感染を最小限に抑えれば、子どもが虫歯になる確率が低くなります。

つまり、虫歯になる原因は歯磨き方法だけに問題があるのではなく、乳歯の時期の子どもの口腔ケアが大きく関係しているということです。

そのため、たとえ乳歯を全て永久歯に入れ替えたとしても、口の中に虫歯菌が多く定着していると、永久歯も虫歯になる可能性が高まります。

子どもが自分で歯磨きするのはいつから?3歳からの虫歯予防とは

乳歯が生える時期の個人差

乳中切歯が生えてくる目安は生後6か月前後ですが、乳歯が生えるタイミングには個人差があるため、わたしは「乳歯が生えるのは生後3-9か月ごろ」と認識しています。

ママは、乳歯が生える時期にはそれくらいの差があると考えておかなければ、初めて生えてきた乳歯に気が付かない可能性があり、気付くことが遅れると子どもの虫歯の原因になってしまいます。

ただし、生後3-9か月を大きく外れる場合は乳歯の異常の可能性もあるため、一度小児歯科で検査を受ける必要があります。

20本の歯が生え揃う時期は2歳から3歳ごろが目安ですが、3歳6か月を過ぎても20本揃わなければ「先天性欠如歯」の可能性があり、逆に産まれたときから乳歯が生えていたら「先天性歯」という状態になります。

先天性歯(せんてんせいし)

先天性歯とは、赤ちゃんが産まれたときに乳歯が生えていること、または新生児期に乳歯が生えることを言います。魔歯や鬼歯とも呼ばれています。

先天性歯が生えている赤ちゃんは、まだうまく口や舌のコントロールができないため、歯がこすれて舌に潰瘍(リガフェーデ病)ができたり、授乳の際に乳首を傷つけてしまい、授乳に影響を与える場合もあります。

また、先天性歯は通常よりも早く乳歯が生え始めるため、乳歯が未熟で歯根もできておらず歯が弱くグラグラしています。そのため、自然に抜けてしまい赤ちゃんが誤飲をする恐れもあります。

そのため、先天性歯が確認されると、舌に歯が当たらないように乳歯を削ったり、抜歯が必要になる場合もあります。

参考|静岡市葵区の歯医者 みまつ渡辺歯科 » 産まれたばかりの赤ちゃんに、歯(先天性歯)が生えています。

先天性欠如歯(せんてんせいけつじょし)

先天性欠如歯とは、1歳3か月を過ぎても乳歯がまったく生えてこないこと、または3歳6か月を過ぎても全ての乳歯が生え揃わない症状のことです。

日本小児歯科学会が行った調査では、先天性欠如歯の子どもは10人に約1人いることがわかっています。

先天性欠如歯の原因は明らかになってはいませんが、歯茎が厚かったり顎の骨が固いなどの遺伝や全身疾患、または薬の副作用などが原因で、乳歯が生えることを阻害していると考えられています。

乳歯の先天性欠如歯は、永久歯に比べると心配はいらないのですが、歯並びや噛み合わせに影響がある場合は治療を検討します。歯が全く生えてこない場合は1歳児健診、乳歯が20本生え揃わない場合は3歳児健診で医師に相談してください。

参考|生まれつき歯が足りない「先天性欠如歯」|協会けんぽ 健康サポート

乳歯は遅めの方がママは楽…

子どもに初めて乳歯が生えたときはとても嬉しかった記憶があります。ただ、今思えば、乳歯が生えるのはもっと後でも良かった気がします。

理由の1つは、歯磨きの時期が長くなることです。赤ちゃんは歯磨きをとても嫌がります。赤ちゃんのころから上手に歯を磨いてあげないと、成長しても歯磨き嫌いなままで、余計な手間がかかってしまいます。

子どもが歯磨き・仕上げ磨きを嫌がる理由は?対処・克服方法は?

そしてもう1つの理由は、乳首を噛まれる期間が長くなることです。

赤ちゃんが乳首を噛む行為は、ただ痛いだけではなく乳首の傷で感染症を起こしてしまうことがあり、授乳の妨げになる恐れがあるため注意が必要です。

赤ちゃんがママの手・肩・授乳中の乳首を噛む理由と噛み癖対策

わたしが授乳を経験することはもうありませんが、あんなに痛い思いをするなら生後7-8か月以降に「あー、ようやく生えてきたー(*´ω`*)」ぐらいが良かったと今でも思います。

というわけで、赤ちゃんの乳歯は、色々な意味で気をつけましょう(^_^;)

乳歯が生えそろったら次は永久歯です。乳歯から永久歯に生え変わる時期は以下を参考にしてください。

永久歯はいつ生え揃う?乳歯が永久歯に変わる時期や順番は?

記事のURLとタイトルをコピー