赤ちゃん言葉で話しかけると発達が早い!使える赤ちゃん言葉一覧

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

赤ちゃん言葉とは

赤ちゃん言葉とは、赤ちゃんが生後10か月ごろから使う「まんま」「ぶーぶ」「あんと」などの幼児語のことで、3歳前後まで親との意思疎通に使われる言葉の総称です。

一般的に、発音が未熟な幼児が発音しやすい言葉、対象物が発する音など擬音語、状態を音で表現した擬態語、同じ音を繰り返す言葉、動詞部分を省略した言葉などが、赤ちゃん言葉として使われます。

ただし、大人でも「同じ音を繰り返す言葉」などを使う場合があり、赤ちゃん言葉と区別がつかない言葉もありますね。

赤ちゃんは、ママやパパが語りかけることで徐々に言葉と物を一致させ、発音できるようになっていきます。赤ちゃんから子どもにかけて、言葉を覚える過程や時期の目安は以下を参考にしてください。

赤ちゃんが話し始める時期はいつから?年齢毎の言葉の成長と発達

ところで、「赤ちゃん言葉を使わない方が言葉の発達が早い」という話を聞いたことがある人もいるでしょう。たしかに、赤ちゃん言葉は矯正が必要な時期がやってきます。そのため、習慣化した言葉を治すのに一苦労したママも多いはずです。

では、赤ちゃん言葉は使わない方が良いのでしょうか。また、赤ちゃん言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、赤ちゃん言葉を使って話しかけをする理由や効果と主な赤ちゃん言葉をご紹介したいと思います。

赤ちゃん言葉で話しかけた方が語彙が増える

以前は、赤ちゃん言葉を使わない方が言葉の発達は早くなると言われていました(今もですが)。

ところが、赤ちゃん言葉でコミュニケーションをとると、赤ちゃんの語彙が多くなるという研究結果が発表されました。研究結果によると、赤ちゃん言葉で話しかけると、赤ちゃんは通常の3倍も言葉を覚えるそうです。

親が赤ちゃんと1対1で面と向かって話しかけているか、他の人もいる状況で話しているか、赤ちゃん言葉で話しかけているかなどを分析していみると、親が高い声色でゆっくり語尾を伸ばすような赤ちゃん言葉で多く語りかけている赤ちゃんは「アー」「ウー」といった喃語をしゃべる回数も多っかたそうです。

そして、2歳になった時点での語彙力を調べると、親が1対1で赤ちゃん言葉を多く使っていた赤ちゃんたちは平均433語と最も多く言葉を覚えており、親が赤ちゃん言葉で話しかける機会が少なかった赤ちゃんは最も習得言葉数が少なかった(平均169語)ことが分かりました。

「親が1対1で赤ちゃん言葉で話しかけることが子どもの言語発達を促す」とワシントン大学学習脳科学研究所(Institute for Learning & Brain Sciences)のパトリシア・キュール女史は語っており、赤ちゃんに話しかけることはもちろん大切だがどう話しかけることも重要であるとしています。

Baby talk helps infants learn language faster
http://www.telegraph.co.uk/science/science-news/10557049/Baby-talk-helps-infants-learn-language-faster.html
※リンク切れ

引用|赤ちゃんには赤ちゃん言葉で話しかけた方が言葉の発達が早い―米研究|「マイナビウーマン」

赤ちゃんが通常の3倍も言葉を覚える理由は、喋りやすい赤ちゃん言葉で行為や物を先に認識して、後からちゃんとした言葉に置き換えていく方が、言葉の発達の効率が良いからだそうです。

というわけで、もし赤ちゃん言葉を使って赤ちゃんとコミュニケーションが取りたい場合は、ある程度赤ちゃん言葉を理解した方が良いでしょう。

参考|幼児語一覧表 – Motherese|愛知淑徳大学

赤ちゃん言葉一覧|人や動物

ママ|まま、まー、まんま
パパ|ぱぱ、ぱー、ぱぁぱ
おじいちゃん|じぃじ、じぃ
おばあちゃん|ばぁば、ばぁ
おにいちゃん|にぃに
おねえちゃん|ねぇね
おじさん|おーたん
おばさん|おーたん
犬|わんわん
猫|にゃんにゃん、にゃー
ねずみ|ちゅーちゅー、ちゅー
鳩|ぽっぽ
すずめ|ちゅんちゅん
カラス|かーかー、かーか
あひる|がーが
鶏|こっこ
馬|んま、おんま
牛|もーもー、もー
猿|あいあい
羊|めー、めーめー
ライオン、トラ|がおー、がーがー
虫|むいむい、めーめ
蜂|ぶんぶん
魚|とっと、おとと、すいすい

赤ちゃん言葉一覧|ものなど

帽子|あっぽ、あっぽん、しょっぽ
洋服|おべべ
靴下|たった、たんたん、たーたー
靴|くっく
おっぱい|ぱいぱい、まんま
お腹|ぽんぽん、ぽんぽ
目|おめめ、めんめ
手|てって、おてて
ごはん|まんま
お菓子|まんま、んまんま
麺類|ちゅるちゅる、ちゅーちゅー、つるつる
牛乳、ミルク|にゅーにゅー、みー、みーく
ジュース|じゅーちゅ
お風呂|たんたん、たーたー、おぶちゃ、おぶー
歯磨き|はーみー
お水|おみじゅ
お湯|おぶ
石鹸、泡|あわあわ
抱っこ|だー、だっだー、あっこ
おんぶ|おんも、おぶー
降りる|おんり
いたずら|おいた
外、外出|おんも
夜|くらいくらい
自動車|ぶーぶ
電車|がたんごとん、がたごと
パトカー、消防車|ぴーぽー
飛行機|ぶーん
料理|とんとん

赤ちゃん言葉一覧|動きや行動

歩く、足|あんよ、よいよい
立つ|たっち
座る|ちゃんこ、ちゃん、おっちん、えんこ
寝る|ねんね
起きる|おっき
口を開ける|あーん
噛む|かみかみ、うまうま
立つ|たっち
吹く、冷ます|ふうふう、ふうする
かく、かゆい|かいかい
片付ける|ないない
お参りする、祈る|なむなむ
四つん這いになる|もーする、もーもー、わんわん
おしっこする|しっし、しー、ちっち
うんちをする|うーん
きれいにする、洗う|きれいきれい
拭く|ふきふき
食べる|ごっくん、もぐもぐ
飲む|ごっくん
吐く|ぺー、げー
歯磨きする|しゃかしゃか
うがいする|ガラガラ
流す|じゃー
ありがとう|あんと
ごめんなさい|めんね、めんちゃい
欲しい、ちょうだい|たい
だめ|め
降りる|ちゃい
大切にする|だいじだいじ
ぶつける|ごっつん
撫でる|いいこいいこ、かわいいかわいい
書く、描く|かきかき
塗る|ぬりぬり
叩く|ぺんぺん
捨てる|ぽいぽい
閉める|ばたん

赤ちゃん言葉一覧|状態などその他

熱い|あちち、あっちい
汚い|ばっちい、ばばっちい
順番|じゅんばんこ
臭い|くさいくさい

赤ちゃん言葉は挙げるとキリがないのですが、基本的によく使われるのは、「さ行」や「か行」が「た行」に置き換わるものです。

◯◯した|◯◯ちた
お母さん|おたーたん

赤ちゃん言葉を使う方が良い?

パパやママは、赤ちゃんとコミュニケーションを取るために、赤ちゃん言葉を使った方が良いのでしょうか。

赤ちゃん言葉を使うと赤ちゃんの理解は早まるかもしれませんが、言葉の切り替え時期にそれなりに苦労します。反対に赤ちゃん言葉を使わないと、最初の入口でそれなりに苦労します。

というわけで、正直……どちらでも良いと思います。ちなみに、わたしは赤ちゃん言葉を積極的に使って、コミュニケーションをとっていました。

1つ言えることは、赤ちゃんはママやパパの言葉を理解し、意思疎通できると大きな満足感を得られます。そのため、より早く言葉を覚えることにつながります。もちろん意思疎通ができれば、ママやパパに対する信頼感も高くなります。

赤ちゃんとのコミュニケーションで大切なことは、毎日語りかけをしつつ、赤ちゃんが何か発声したらそれに応えてあげることです。以下の語りかけ方を参考にしてください。

赤ちゃんの言葉の理解が早くなる!聞き取りやすい語りかけ方とは

また、赤ちゃんとの会話は言葉だけじゃなく、身振り手振りなども大切です。たとえば、「はーい」と言ったら手をあげる、「いただきます」を言うときは手を合わせるなど、行為といっしょに言葉を覚えると理解も深まります。

赤ちゃん言葉を使おうが、使うまいが、ママとパパと赤ちゃんが楽しくコミュニケーションできることの方が大切です。

ちなみに、赤ちゃんが初めて意味がある言葉を話すのは1歳ごろですが、家庭によってその言葉は違います。他の赤ちゃんと初めて話した言葉を比べてみるのも面白いと思います。

赤ちゃんはいつから言葉をしゃべる?初めて話した単語ランキング

そう言えば、子どもが産まれる前は「絶対赤ちゃん言葉は使わない。」と断言していた夫ですが、いざ子どもが「あー」「うー」としゃべるようになると、

「んー、そうでちゅかー、まんまおいちぃねぇー。」
(゜д゜)……

「ぽんぽんいっぱいになったかなぁ。じゃあ、はーみーしてねんねしようねぇー。」
(゜д゜)……

ま、そんなもんです。特に娘に対して。

記事のURLとタイトルをコピー