腰痛・肩こり辛い…正しい授乳姿勢と赤ちゃんの抱き方のコツ

a0c5007cae5cfe944fdad62686a47d30

この記事の読了時間は約 9 分です。

ママが授乳に使う時間は?

もしママが完全母乳育児をすると、一体どれくらいの時間を授乳に使うのでしょうか。授乳時間の目安を1回たった10分として、新生児から生後5か月までを全て母乳で授乳したと考えると、

生後1か月…1日8回×30日×10分=2400分
生後2か月…1日6回×30日×10分=1800分
生後3か月…1日4回×30日×10分=1200分
生後4か月…1日4回×30日×10分=1200分
生後5か月…1日4回×30日×10分=1200分

たった5か月間で7800分=130時間を授乳に使うことになります。もし哺乳瓶を使わなければ、これは相当な苦行です。

赤ちゃんの授乳時間の目安は何分?1回の授乳が長い原因と対策

新生児・月齢別赤ちゃんの母乳・ミルク授乳量や回数の目安

もちろん、赤ちゃんがおっぱいを咥えて上手に母乳を飲むことに慣れるまでは、もっと時間がかかるでしょう。反対に、慣れてくるとおっぱいで遊びだす子も増えるため、その分授乳時間も増えるかもしれません。

また、夜泣きや黄昏泣きでどうしようもない場合は、とりあえずおっぱいを咥えさせることもあるでしょう。

もしかしたら、生後5か月で130時間どころか200時間、300時間以上、赤ちゃんにおっぱいを咥えさせているママもいるかもしれません。

そうなると、考えなければいけないのは授乳時の姿勢です。ママが間違った無理な姿勢で授乳していると、腰痛や肩こりなどママの身体に負担がかかるだけではなく、赤ちゃんもリラックスして母乳を飲めないかもしれません。

そこで今回は、ママの授乳姿勢や赤ちゃんの抱っこの仕方についてお話したいと思います。

無理のない授乳姿勢のコツ

ママが赤ちゃんを抱っこして授乳する姿勢は色々あります。どの授乳姿勢でも注意することは、ママと赤ちゃんにとって無理な姿勢を取らないことです。

ママが無理な姿勢で授乳をすると腰痛や肩こりの原因になり、授乳が辛くなってしまいますし、赤ちゃんが無理な姿勢で授乳をしてしまうと母乳を飲みづらくなってしまいます。

そして、結果として赤ちゃんが母乳不足になってしまうこともあります。

足りてるか心配…赤ちゃんの母乳不足の原因と3つの見分け方

授乳姿勢のコツ1.ママがリラックスできる姿勢

ソファに座る、ダイニングチェアに座る、ベッドに座る、座椅子に座るなど、ママがどの場所ならリラックスして授乳できるか色々と試してください。

ママがリラックスしてストレスがない姿勢で授乳をすることで母乳の出は良くなりますし、仮に赤ちゃんがおっぱいを吸うことに時間がかかってもイライラが減ります。

授乳姿勢のコツ2.猫背ではなく背筋を伸ばす

授乳は1日に何度も同じ姿勢をとるので、腰や首や肩に負担がかからない姿勢が望ましいでしょう。

不自然な体勢や身をかがめて猫背で授乳をしていると、すぐに首や腰が痛くなります。赤ちゃんが母乳を飲んでいる表情を覗き込みたい気持ちはわかりますが、見続けるのはきっと最初だけです(^_^;)

ママが無理な体制や猫背での授乳が癖になる前に、背筋を伸ばした姿勢で授乳することに慣れておきましょう。

授乳姿勢のコツ3.授乳クッションを使う

使いやすいものなら枕や普通のクッションでも良いのですが、授乳クッションを使えば赤ちゃんを抱えたママの手が置きやすく、授乳姿勢をとったときに赤ちゃんがズレにくくなります。

ストレスがない授乳のためにも、余計なことに気を使わないよう下準備をしてください。なお、おすすめは厚手の授乳クッションで、汚れやすいため綿のクッションカバーが3枚ほどあると便利です。

授乳姿勢のコツ4.授乳姿勢を使い分ける

授乳はどんなに正しい姿勢でも身体に負担がかかります。そのため、いくつかの授乳姿勢に慣れておくと1箇所に負担をかけ過ぎないように授乳できるようになります。

たとえば、左右のおっぱいを吸わせる際に、赤ちゃんの向きを変えるだけでも身体に負担をかけない効果があります。

授乳姿勢のコツ5.赤ちゃんが飲みやすい姿勢も見つける

授乳の際赤ちゃんに乳首を噛まれたことがある?
Yes…99.99%
No……0.01%

わたし調べです……(^_^;)

赤ちゃんがママの乳首を噛む理由は、歯が生え始めてかゆい、遊びの一貫などがありますが、赤ちゃんがストレスや欲求を感じて乳首を噛んでしまうこともあります。

赤ちゃんは生後6か月を過ぎると感性が育ち、感情が豊かになってきます。そのため、何かに興奮したり、何かを怖いと思ったときにストレスを感じるのですが、その衝動が乳首を噛む行為になることもあります。

もしかしたら、赤ちゃんが飲みにくい授乳姿勢にストレスを感じているのかもしれません。

赤ちゃんがママの手・肩・授乳中の乳首を噛む理由と噛み癖対策

赤ちゃんが上手に母乳を飲めない場合に、授乳姿勢・抱っこ方法が原因で飲みにくいかどうかを確認してみてください。

以下のようにいくつかの抱っこの仕方を変えて授乳姿勢を試すと、赤ちゃんが落ち着いて母乳を飲める授乳姿勢がなんとなくわかってくるはずです。

授乳時の赤ちゃんの抱き方の種類

授乳時に赤ちゃんを抱っこする方法は、主に5種類あります。以下で板倉レディースクリニックさんの動画をご紹介しているので、詳しい姿勢はそちらを見てください。

授乳姿勢の種類1.横抱き姿勢での授乳方法

横抱き姿勢は、ママにとって最もオーソドックスな授乳方法です。

まず、ソファなどに座って赤ちゃんを身体の前に置き、赤ちゃんの口が胸の高さにくるように抱えます。

右おっぱいを吸わせる場合は、右手を赤ちゃんの頭と首の下に回して支え、身体を包み込むようにおしりまで手を回し、右おっぱいの近くに赤ちゃんを引き寄せます。

このとき腕の下に授乳クッションや枕などを入れて、腕を置ける姿勢にすると楽になります。わたしは、授乳クッションの下にさらにタオルを敷いて、高さ調整をしていました。

赤ちゃんの耳と肩と腰が一直線の授乳姿勢を作ったら、空いているもう片方の手でおっぱいを押さえて乳首を赤ちゃんに向け、赤ちゃんの口や顎や鼻を乳首に触れさせて、赤ちゃんにおっぱいがあることを理解させます。

赤ちゃんが口を開けたら少し赤ちゃんを引き寄せて、乳首を咥えさせます。このとき、赤ちゃんの顔をおっぱいに押しつけると上から赤ちゃんの顔が見えなくなってしまいます。

赤ちゃんが乳首を正しく咥えて母乳を飲んでいるときは、赤ちゃんの唇がとんがっているはずです。チューの口ですね。

授乳姿勢の種類2.交差横抱き姿勢での授乳方法

交差横抱き姿勢は、横抱きで赤ちゃんを密着させて、乳首を吸いやすくしてあげる抱っこ方法です。

右おっぱいを吸わせる場合は、「横抱き姿勢」とは逆に左腕で赤ちゃんの背中を支えながら頭の後ろから首の付け根あたりを手のひらで持ち、赤ちゃんをおっぱいに引き寄せるようにします。

右手でおっぱいを持ち、赤ちゃんの口や顎や鼻を乳首に触れさせて、赤ちゃんの授乳を促しましょう。

赤ちゃんが口を開けたら、少し赤ちゃんを引き寄せて乳首を咥えさせます。このとき、赤ちゃんの顎を引かないように抱き寄せ、顔が見えるようにしましょう。

授乳姿勢の種類3.フットボール抱きでの授乳方法

フットボール抱き姿勢は、赤ちゃんをママの脇に抱えて授乳をする抱っこ方法です。

帝王切開をするとしばらく傷口が痛みます。わたしもときどきズキンと大きな痛みがあったため、初めはフットボール抱きで授乳していました。

右おっぱいを吸わせる場合は、授乳クッションを右にセットして赤ちゃんを右脇に抱えるようにクッションの上に置きます。

赤ちゃんの腰を身体に引き寄せ、首と頭を手のひらで支えます。その際、支えている手はクッションに置き、動かないようにしましょう。左手でおっぱいを持ち、赤ちゃんの口や顎や鼻を乳首に触れさせて赤ちゃんの授乳を促します。

赤ちゃんが口を開けたら、支えている右手をクッションに置いたまま少し赤ちゃんを引き寄せて、乳首を咥えさせます。このとき、赤ちゃんはママの顔を見上げる姿勢になります。

授乳姿勢の種類4.縦抱き姿勢での授乳方法

縦抱き姿勢は、赤ちゃんを抱えて密着させる授乳方法なので、小さな赤ちゃんや吸う力が弱い子に向いています。

右おっぱいを吸わせる場合は、右足の上にクッションなどを置き、高さを調整した上で赤ちゃんを乗せます。その際、右手で赤ちゃんの背中から手を回し、首と頭を手のひらで支えます。

赤ちゃんの口や顎や鼻を乳首に触れさせて、赤ちゃんの授乳を促しましょう。縦抱きは他の抱っこよりも、赤ちゃんの口の中に乳首を入れやすいため、生後間もない赤ちゃんにおすすめの授乳方法です。

ただし、首がすわっていない赤ちゃんの場合は、手で頭を支える際に十分注意して授乳してください。

授乳姿勢の種類5.添い乳での授乳方法

添い乳姿勢は抱っこではなく、ママと赤ちゃんが横に寝て抱えるように赤ちゃんに授乳させる方法のことです。

右おっぱいを吸わせる場合は、赤ちゃんを布団などに寝かせ、ママが右を下にして横向きに寝ます。

ママの枕は高めにして、赤ちゃんを支えるママの腕と赤ちゃんの間にクッションを置くとより楽な姿勢が取れるでしょう。赤ちゃんの背中側にクッションを置いても良いですね。楽な体勢にするには工夫次第です。

赤ちゃんの頭の下に右手を入れ、右手で後ろから赤ちゃんの背中とおしりを支えるような姿勢をとります。赤ちゃんの首がすわっていれば、頭を支える必要はありません。

左手でおっぱいを持ち、赤ちゃんの口や顎や鼻を乳首に触れさせて、赤ちゃんの授乳を促します。赤ちゃんが口を開けたら、右手で赤ちゃんを引き寄せて、乳首を咥えさせます。

この姿勢はママが休めるため楽といえば楽なんですが、左右のおっぱいを同じだけ吸わせるには少し不便ですね。

また、夜泣きが激しい子によく使う授乳方法なので、ママが授乳しながら眠ってしまうこともよくあります。もちろん、お家以外ではやらないようにしましょう(^_^;)

楽な授乳姿勢は人によって違う

横抱き、交差抱き、フットボール抱き、縦抱き、添い乳は、ママのためにも赤ちゃんのためにも一通り試してみると良いと思います。

授乳クッションの位置や手の位置でも授乳しやすさが変わるので、赤ちゃんが不快に思わない程度に少しずつ調整してみてください。

板倉レディースクリニックさんの動画が横抱き、交差抱き、フットボール抱き、縦抱き、添い乳を詳しく解説しているので、こちらもご覧ください。

授乳姿勢は、この5種類だけではありません。2014年に話題になった「授乳四十八手図」を知ってますか?

ちちかわえみぞうさんのブログで公開されている、赤ちゃんの授乳姿勢を紹介したイラストなんですが、授乳を経験したママならどの授乳姿勢も「あるあるww」となる可愛いイラストばかり。

赤ちゃんの授乳期間は1-2年あるので、授乳を楽しむ方法として、この授乳四十八手に挑戦しても面白いと思います。1つ1つの授乳姿勢の詳細は、以下のリンク先で紹介されています。

07d154e40431566189a65e39097e7663

出典|改訂版・授乳四十八手図 のご案内 : やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

正しい授乳姿勢のコツはクッションの使い方

どの授乳方法でも楽な授乳姿勢を作るコツは、「クッションを上手く使って授乳姿勢を作ること」です。

クッションを2個使う人もいれば、タオルなどで補助を増やす人もいるでしょう。ソファーの肘掛けを上手く使うママもいます。足を組んで授乳をするママもいます。授乳姿勢がしっくり来たときは「おぉっ」と思うはずです。

授乳は赤ちゃんにとって大切な行為ですが、毎日続くためママが授乳に義務感を感じてしまうと、身体だけではなく心も疲れてしまいます。

そもそも、授乳は科学的にも赤ちゃんとの愛情を感じあう行為だと証明されているため、楽しく行えるものです。ところが、間違った姿勢で授乳を行うと余計な身体の負担を感じ、それが心の負担に変わってしまいます。

ママが赤ちゃんへの授乳を通して、いつも愛情や幸せを感じていたいなら、正しい授乳姿勢とクッションなどを使ったちょっとした工夫が必要です。

授乳が好きになると、育児が今よりも楽しく(楽に)なると思いますよ。

記事のURLとタイトルをコピー