妊婦・授乳ママが飲むノンカフェイン飲料と飲み物別カフェイン量

3496a525020567fbb592cf9fcbe40923

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

カフェインが含まれる飲み物を知りたい

胎児や授乳中の赤ちゃんにとって、カフェインは好ましい成分ではありません。ママは、カフェインが妊娠中の胎児や授乳中の赤ちゃんに悪影響があると知っているため、飲み物には気をつけているはずです。

でも、子どもの離乳食が始まり、色々な食べ物や飲み物を試す機会が増えると、カフェインの存在を忘れてアレルギーばかりに注目してしまいます。

もちろん、子どものアレルゲンやアレルギー反応の知識もとても大切なので、しっかり押さえておいてください。

赤ちゃんのアレルギー原因は食べ物だけじゃない!症状と対処法

ところが離乳食が始まっても、たとえ2-3歳になっても、子どもはカフェインの過剰摂取に気を付けなければいけません。

「でもカフェインってコーヒーだけじゃないんでしょ?一体何にどれくらいカフェインが含まれてるの……?」

そこで今回は、カフェインが多く含まれている飲み物の一覧とカフェイン量、またノンカフェイン飲料の一覧をご紹介したいと思います。

カフェインによって起こる影響は、以下を参考にしてください。

1日のカフェイン摂取量は?妊婦や授乳中の赤ちゃんへの影響

カフェインが含まれている飲み物

カフェインというとコーヒーをイメージしますが、意外と普段飲んでいる飲み物にも含まれているため、妊婦や授乳中のママは注意が必要です。

それぞれの飲み物のカフェイン量は記事末のリンク先から引用していますが、銘柄や抽出方法、入れる環境などで差が出るため、あくまで目安量として考えてください。

コーヒー飲料などのカフェイン

ドリップコーヒー|60mg/100ml
インスタントコーヒー(顆粒2g)|57mg/100ml
カプチーノ|27-28mg/100ml
エスプレッソ|169-225mg/100ml
ココア(粉末4g)|8-10mg/100ml
エナジードリンク|4-48mg/100ml
コーラ|10-13mg/100ml
ダイエットコーラ|12mg/100ml
ノンカフェインコーヒー(デカフェ)|2-7mg/100ml

すべて飲料100ml中に含まれるカフェイン量です。実際にコーヒーなどをカップに入れた場合は200ml程度、グラスに入れた場合は200ml-300mlを目安にして、カフェイン摂取量を計算してください。

ノンカフェインコーヒーはカフェインがゼロではありませんが、コーヒーに比べるとカフェイン量が少ないため、コーヒーの風味を楽しみたい人にはおすすめです。

お茶などの飲料のカフェイン

煎茶(茶葉10g)|20mg/100ml
玉露入り緑茶|160mg/100ml
緑茶(茶葉5g)|5-23mg/100ml
ほうじ茶(市販紙パックなど)|9-15mg/100ml
番茶|20mg/100ml
玄米茶|10mg/100ml
烏龍茶(市販紙パックなど)|8-18mg/100ml
紅茶|30mg/100ml
ジャスミンティー|8-10mg/100ml
マテ茶(茶葉6g)|36mg/100ml

すべて飲料100ml中に含まれるカフェインの値のため、実際にお茶を湯のみに入れた場合は100-200ml程度、グラスに入れた場合は200ml-300mlを目安にして、カフェイン摂取量を計算してください。

この中で注目すべきは玉露入りの緑茶です。コーヒーの2倍以上のカフェインが入っているため、玉露入りの緑茶を飲むとカフェインの影響が強く出やすいということになります。

カフェインが含まれていない飲み物

ノンカフェイン(カフェインが含まれていない)飲料には、以下の様なものがあります。

麦茶……麦が原料
黒豆茶……黒豆が原料
杜仲茶……杜仲が原料
ハーブティー……ハーブが原料
ルイボスティー……ルイボスの葉が原料
タンポポ茶……タンポポ根が原料
タンポポコーヒー……タンポポ根が原料
果実飲料……果汁が原料

お茶やコーヒーでも、茶葉やコーヒー豆が使われていない飲み物であれば、基本的にはノンカフェイン飲料として妊婦・母乳中のママ・小さな子どもでもカフェインを気にせずに飲むことができます。

ただし、小さな子どもは味覚が敏感なため、大人と同じ飲み物は味が濃く、飲めないでしょう。そのため、湯冷ましやミネラルウォーターなどで薄めて飲むことになります。

これらのノンカフェイン飲料は水分補給の必要性がなければ、一般的には離乳食開始前後から飲むものだと認識しておきましょう。

離乳食前の赤ちゃんの母乳・ミルク以外の水分補給はいつ必要?

カフェイン摂取は小学生も注意が必要

冒頭でもお話した通り、カフェインが入った飲み物は、赤ちゃんの離乳食が始まるまでは気をつけていても、以後は意外と無頓着になりがちです。

ところがカナダの保健省によると、子どもが摂取して良い1日のカフェイン量は、幼児や小学生でも年齢に応じて目安が設けられています。

小学生までのカフェイン摂取量目安
・3歳以下の子どもは「体重(kg)×2.5ml」
・4-6歳の子どもは「45㎎/日」
・7-9歳の子どもは「62.5㎎/日」
・10-12歳の子どもは「85㎎/日 」
1日のカフェイン摂取量は?妊婦や授乳中の赤ちゃんへの影響

大人が安全に摂取できるカフェイン量が400㎎/日程度と考えると、子どものカフェイン摂取量には割と気を配らなければいけないことがわかりますね。

一般的にカフェイン中毒が起こるカフェイン量は、許容範囲の10倍程度を摂取し続けることなので、余程でなければカフェイン中毒は起こりませんが、体質によっては許容量がもっと低い人もいます。

もちろん、許容量云々ではなく、小学生のころからコーヒーや濃いお茶を飲み過ぎるのは、あまり身体に良くないと覚えておきましょう。

我が家では作りおきのお茶は麦茶とルイボスティーです。これはわたしも夫も結婚前からなので、子どもたちも特に違和感なく飲んでいます。

茶葉以外のお茶はそれぞれ独特の風味と味があるため慣れが必要ですが、慣れると癖になしますし、色々と試したくなるので、日常の変化に取り入れると面白いですよ。

ちなみにペットボトルのお茶や缶コーヒー飲料はメーカー毎にカフェイン量が違いますが、茶葉を使っている飲み物、コーヒー豆を使っている飲み物はどれもカフェインが入っています。

カフェイン以外にも赤ちゃん・子どもに影響を与える摂取物はいくつもあります。特に、妊婦や授乳中のママが気を付けるのは、タバコや薬、お酒などです。摂取ルールなども含めて確認しておきましょう。

授乳中の薬・お酒・タバコ・コーヒーは禁止?摂取・服用ルールは?


参考|東京都食品安全FAQ – FAQ
参考|カフェイン | 全日本コーヒー協会
参考|カフェインの過剰摂取に注意 コーヒーは1日4~5杯までが安全な量 | 栄養 | 保健指導リソースガイド
参考|カフェイン – Wikipedia

記事のURLとタイトルをコピー