出産後のお風呂はいつから?分娩後のシャワーは?入浴許可後の注意点

917bc17c0450fc7c2b1f160afd44bb23

この記事の読了時間は約 6 分です。

産後のお風呂とシャワー問題

出産は赤ちゃんとともに色々な物が身体からでてきます。膣から羊水、胎盤、血、その他もろもろ、涙、鼻水、汗、ヨダレ……その他わけの分からない分泌物や、ときにはおしっこやうんちが出たりもします。

「出産でひと仕事終えたんだから、全部洗い流してスッキリしたい!」という気持ちはわかりますが、出産後のママはしばらくの間お風呂に入ることができません。

特に湯船に浸かるのはもってのほか。どれだけ寒い日でも、疲れた身体を癒やしたくても、赤ちゃんが沐浴で気持ち良さそうにしていても、ママは湯船に浸かる入浴はできません。

若いときは1週間の半分はシャワーで済ませていたわたしも、いざ入浴しちゃダメと禁止されると余計に入りたくなってしまいます。

では、出産後はいつから湯船に浸かることができるんでしょうか。また、出産後のシャワーはいつからOKなんでしょうか。

今回は、出産後の入浴やシャワーが可能な時期と注意点についてお話したいと思います。

出産後すぐのお風呂がダメな理由

産後の身体は出産で体力を消耗しているだけでなく、産道や膣口、会陰部に付いた分娩の傷から細菌が入って感染し、産褥感染症(産褥熱)を引き起こす可能性があります。

産褥感染症にかかると、38度以上の熱が続き、頭痛、腹痛、吐き気、筋肉痛、悪露停滞、その他様々な感染症を起こして、最悪重篤な症状に至る恐れもあります。

産褥感染症とは?産後の産褥熱・合併症の原因・症状と治療法

そのため、デリケートな膣口周辺や子宮内部の傷が癒えて、ある程度体力が回復するまでは、慎重なケアを行なわなければいけません。

雑菌は水分があればすぐに繁殖するため、湿気が多いお風呂の中は雑菌だらけだということを知っている人は多いですよね。

健康で体力があるときは問題ないのですが、傷口がたくさんあり、体力が衰えている出産後は、少しでも感染症に気を付けた方が良いため、湯船に浸かる行為は予防のためにも行ってはいけません。

出産後のシャワーや入浴はいつから可能?

では、出産後のシャワーや入浴はいつから可能なのでしょうか。

出産後のシャワーはいつから?

まず、シャワーは病院によって対応が異なりますが、出産後に明日からシャワーは大丈夫と言われることもありますが、おおよそ出産後2-3日で医師から許可が出る場合が多いようです。

2-3日後と言われるときついですが、明日から大丈夫だと言われるとありがたいですね。反対に、病院によっては退院後や産後1週間経つまでダメ、と言われるケースもあるそうです(;_;)

出産後の入浴はいつから?

出産後の入浴は湯船に浸かる分、シャワーよりも膣にお湯が入りやすく、また湯船のお湯はシャワーのように流水ではないため潜伏菌が多く潜んでいます。そのため、膣口の傷が塞がるまでは湯船に入ることは控えた方が良いでしょう。

通常、出産後の膣口の傷は2-3週間あれば全て塞がりますが、産褥感染症を防ぐためには、産後の1か月検診で医師に入浴の許可をもらってからにしなければいけません。

ちなみに、悪露は子宮の回復具合を表しています。そのため、産後28日目以降を目安とした白色悪露を入浴の解禁と考えても良いですね。ただ、どちらにしても湯船に浸かる入浴は、医師の判断を仰いでからです。

産後の悪露はいつまで?出血量・色・匂いの変化と帝王切開後の症状

分娩直後からシャワーまでの期間はどうする?

入浴がダメなことはわかりますが、シャワーも浴びてはいけないと言われると、分娩後の色々な物を出し切った後の身体をどうすれば良いのか……と心配な人も多いと思います。

出産は全てがオープンになる行為なので、出産後はおそらく色々な感情が入り混じっていて、気持ちに一息つくまではあまり気にならない状態の人の方が多いと思います(^_^;)

分娩後は蒸しタオルなどでしっかりと身体を拭いてもらえるため、数日間は蒸しタオルで我慢してください。

産後の入浴で気をつけること

産後の1か月検診が終わり、ようやく医師から入浴の許可が出ても、まだしばらくは注意して入浴する必要があります。

入浴の注意点1.きれいなお湯で入浴する

産後の入浴は、誰かが入った後に湯船に入るとレジオネラ菌などの細菌が繁殖しています。膣周辺の傷が塞がったとしても、しばらくの間はきれいなお湯で入浴するようにしましょう。

たとえ、パパが仕事で疲れて帰ってきたとしても、産後時期の一番風呂はママでなければいけません。

入浴の注意点2.お風呂に長く浸からない

妊娠前は半身浴や長風呂が趣味だった人もいるでしょう。そのため、医師から入浴許可が出たら、長くお風呂に入ってストレスを発散したいと思うかもしれません。

ただ、お風呂に長く浸かることで、身体が温まりすぎて悪露の出血が多くなる可能性があります。産後しばらくは長風呂はしないようにしましょう。

入浴の注意点3.お風呂のお湯を熱くしない

疲れているときは熱いお風呂に入って、「ふ~~。」と一息つきたい気持ちもわかりますが、お風呂のお湯はぬるめにしましょう。

長風呂と同様、熱いお風呂に入ると悪露の出血が増える可能性が高まります。せめて産褥期を抜ける産後8週間、または余裕を持って2か月を過ぎてから徐々にお湯の温度を高くしていきましょう。

入浴の注意点4.悪露の状況を踏まえる

一般的に悪露はおよそ産後1か月で止まりますが、数か月単位で続く場合もあります。たとえ医師の許可をもらっても、体調管理をするのは自分です。

そのため、悪露が続いている場合や体調が悪い場合は、頻繁にお風呂に入ることは避けて身体を休めるように努めてください。

入浴の注意点5.お湯漏れしないか確認する

産後に入浴すると膣からお湯漏れが起こることがあります。これは、出産で広がった骨盤が閉じていないためです(膣の筋肉の緩みや膣口が広い場合もある)。

骨盤は産後6か月ごろまでに閉じていくものですが、なかなか閉じなかったり、閉じる際に歪んでしまう人もいます。骨盤の回復具合を見るためにも注意しながら入浴すると良いでしょう。

尿漏れ…?出産後のお風呂でお湯漏れする原因と膣・骨盤対策

産後のお風呂がこんなに嬉しいなんて

産後の1か月健診で母子ともに問題がなければ、ほとんどの医師が入浴の許可を出してくれると思います。

すると心はもうウキウキ。これまでシャワーばかりで入浴できなかったママとこれまで沐浴だった赤ちゃんが、初めていっしょにお風呂に入ることができます。

わたしはそれまで、さほど意識をしていなかったんですが、病院で「もうお風呂に浸かっても良いですよ。」の一言を言われたときから、赤ちゃんといっしょにお風呂に入ることしか考えられなくなりました。

お家に帰るとまだ夕方前なのに、すぐにバスタブを洗ってお湯を溜め、いそいそと赤ちゃんいっしょに入湯……。そして、至福……。

赤ちゃんの気持ちよさそうな顔を見ながら、お湯に浸かって身体を温めることがこんなに幸せな気分になるなんて知りませんでした。

まぁ、それも何回か入浴すると飽きますし、今後の育児を考えるなら、赤ちゃんの入浴はできればパパの育児にしてしまいたいですね(^_^;)

記事のURLとタイトルをコピー