胎内記憶を持つ子の割合と正しい聞き方は?科学的な根拠はある?

8e2778b2caaa8a9b00afa37e8190a221

この記事の読了時間は約 5 分です。

赤ちゃんが生まれる前の記憶

「ママのお腹の中はあったかくてー、早くママに会いたくなったから、細い道を通って出てきたらママがいたんだよ!」

「赤ちゃんには生まれる前の記憶がある。」という話を聞いたことがある人は多いでしょう。生まれる前の記憶とは、お腹の中にいたときの記憶ということです。

テレビや書籍、ネットでは「子どもが突然ママのお腹の中にいたときの出来事を話し出してびっくりした。」という話を見かけます。

この生まれる前の子どもの記憶を「胎内記憶」と言います。以前、わたしもうちの子どもたちに聞いたことがありますが、残念ながら胎内記憶はありませんでした。

では実際に、胎児のころの記憶を子どもが覚えていることは科学的にありえるのでしょうか。それとも、子ども特有の空想話なのでしょうか。

今回は、胎内記憶についてお話したいと思います。

胎内記憶とは

胎内記憶とは、赤ちゃんが生まれるまでにママのお腹の中で五感を通して得られた記憶のことで、日本では池川クリニックの池川明院長が1990年代に提唱しており、現在は胎内記憶の第一人者として知られています。

胎内記憶はあくまでも胎児のころの記憶であり、胎児よりも前の記憶やエピソード(中間生記憶)とは違います。また、生まれたばかりの記憶は誕生記憶と呼ばれ、それぞれ分けられています。

それ以前に海外では、胎内記憶とは少し違いますが、記憶学者が胎児や新生児の知覚や記憶力について研究しているようです。

1970年代後半から、胎児や新生児のすぐれた知覚や記憶力について書かれた本が、日本で相次ぎ翻訳出版されました。『暴力なき出産』フレデリック・ルボワイエ(仏 1974)、『胎児は見ている』トマス・バーニー(米 1981)、『誕生を記憶する子どもたち』デーヴィッド・チェンバレン(米 1988)などがあり、僅かですが関心を持つ人が出てきます。

引用|胎内記憶を持って生まれてくる赤ちゃん|『生まれた意味を知れば、人は一瞬で変われる』|池川明|cakes(ケイクス)

子どもが胎内記憶を話し出すのは、言葉によるコミュニケーションがある程度できるようになった3歳前後で、それ以降は少しずつ胎内記憶が失われていくと言います。

胎内記憶は科学的に本当?嘘?

胎内記憶を子どもに聞くと、「お腹の中は真っ暗で狭かった。」「この場所は前に来たことがある。」「ママが◯◯って言ってた。」など、割と具体的なエピソードトークがよく取り上げられます。

そのため、「胎内記憶は眉唾もの。」「科学的ではない。」という人は少なからずいます。というのも、わたしたちには3歳以前の記憶がほぼ残っておらず(幼児期健忘)、赤ちゃんは記憶ができないと考えるためです。

ところが、胎児や赤ちゃんには長期記憶がないだけで、短期記憶はあります。たとえば、チンパンジーの胎児にある音を聞かせ、その後に母体に不快な振動を与える条件付けを行い、生後1か月と2か月でテストを行ったところ、胎児時に聞かせた音に対してのみモロー反射が起こりました。

d3db0d58abdcd6faf1f1d5ae960cb989

出典|日本心理学会

名古屋大学大学院情報科学研究科の川合伸幸准教授によると、赤ちゃんの記憶が長期的に残らない理由は以下の2つが考えられるといいます。

1つは,乳幼児期の学習は未熟で,記憶をうまく固着できない(記銘の失敗)とする考えです。もう1つは,記憶の貯蔵に必要とされた神経ネットワークが,後に発達したものに飲み込まれて,当時の記憶を思い出せない(検索の失敗)とする考えです。それぞれに合致する結果があり,完全に否定できませんが,これまでのところ,検索の失敗説のほうが支持されているようです。

引用|日本心理学会

つまり、多くの胎児や赤ちゃんの記憶が「検索の失敗」によって思い出せない中で、一部の子どもは胎児や赤ちゃんの記憶を「検索の失敗」なく思い出し、それを今の言語を使って表現している可能性も否定できないということになります。

胎内記憶がある子どもの割合

前述した池川クリニックの池川明院長は、これまでに何度も胎内記憶を持つ子どもに対するアンケート調査を行っています。

その調査によると、およそ2歳半から4歳半の子どものうち胎内記憶を持つ子どもは33%もいるそうです。なお、調査概要は以下で確認できます。

参考|Prenatal Memory Network » 胎内記憶の調査

私がこれまでにおこなったアンケートでは、じつに三人に一人の子どもに胎内記憶があるという結果が出ています。なかでも信頼できる調査は、二〇〇二年から二〇〇三年にかけて、長野県諏訪市の全保育園と幼稚園二園、塩尻市の全保育園に通う母子三六〇一組のご協力を得て実施した、大規模なアンケート調査です。
この調査は、胎内記憶に興味のある親子だけでなく、ごく一般の親子を対象にしていますから、統計的に価値の高いものになっています。調査によると、胎内記憶を持つ子どもの割合は、全体の三三パーセントでした。

引用|著者: 池川明「ママ、生まれる前から大好きだよ!」

この結果を知って、子どもに胎内記憶があるかどうかを聞きたくなったママもいるでしょう。子どもに胎内記憶を聞く際に大切なことは、ママが「胎内記憶はある!」と思って恣意的な誘導をしないことです。

子どもに余計な情報は与えずに、「生まれる前はどこにいたか覚えてる?」「ママのお腹の中で何か覚えてる?」のようにシンプルに聞くのが良いそうです。

胎内記憶を信じる人の割合

コンビタウンが行った胎内記憶に関する調査に「胎内記憶についてどう思いますか?」という設問があり、半数の人が胎内記憶を信じているという結果が出ています。

52f259dc5fa19b44dd5a0dbc6fae2e66

出典|【コンビタウン】胎内記憶|妊娠・出産&口コミ情報サイト

信じる|209人(51.1%)
よくわからない|169人(41.3%)
信じない|26人(6.4%)
知らなかった|5人(1.2%)

ちなみに、わたしは中間生記憶(胎児より前の記憶)はにわかには信じられません。と言っても、胎内記憶の全てに否定的なわけではなく、胎内記憶自体は”存在して欲しい”と思う立場です。

ただ、何となく人前では「胎内記憶はない。」とは言いづらい気がしてしまいます。わたしと同じように、「胎内記憶の全ては信じられない。」「にわかには信じられない。」と思っていても、公には言えない人もいるのではないかと思います。

ちなみに、胎内記憶の全てを信じられないわたしでも、「わたしがあなたを選びました(著者:鮫島 浩二/イラスト:植野ゆかり)」、「ママ、生まれる前から大好きだよ!(著者:池川明)」などを読むと、脱水症状を起こしそうなくらい泣いてしまいます(^_^;)

記事のURLとタイトルをコピー