赤ちゃんの断乳・卒乳・離乳とは?意味や時期の違い

5eb7eabbaf372213684950b5699233ce

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

数年前と育児方法が違う!

育児方法の移り変わりはとても早いですよね。最近、新しい育児書を何冊か読んでいるのですが、わたしが息子を産んだ7年前と比べても、「えー、当時は良かったのに(ダメだったのに)……。」という育児方法がたくさんあって混乱します。

昔と今で違う育児方法の1つに「断乳」があります。日本母乳の会によると2002年4月には、すでに母子手帳から断乳という言葉が消え、卒乳を行うことが推奨されるようになっています。

もしかしたら、今でも母乳育児をする多くのママは、子どもが1歳前後になると「もうそろそろ断乳しなきゃ。」とか、1歳半で母乳を飲んでいる子の話を聞くと「あー、まだおっぱいが必要なんだぁ。」と思う人も多いのではないでしょうか。

では、断乳、卒乳とはどういう意味なのでしょうか。なぜ断乳から卒乳に変わったのでしょうか。また、似た言葉に「離乳」がありますが、断乳、卒乳との違いは何でしょうか。

今回は、断乳、卒乳、離乳の意味の違いについてお話したいと思います。

断乳、卒乳、離乳の違い

断乳とは

断乳とは、ある時期を境にして、子どもへの授乳行為を強制的にやめてしまうことです。断乳が推奨されていたころは、目安は1歳まで、遅くても1歳半までには、ママの判断で断乳が行なわれていました。

断乳は主に母乳(おっぱい)の場合に使う言葉で、哺乳瓶を使った授乳は赤ちゃんが執着しないことが多く、母乳(おっぱい)よりも比較的簡単にやめることができます。

卒乳とは

卒乳とは、断乳のようにママの判断で授乳行為を突然やめることではなく、子どもが徐々に母乳(おっぱい)への執着がなくなっていき、自らの意思で母乳を飲まなくなることです。

日本小児科学会から明確な基準は発表されてはいませんが、現在の育児では卒乳が推奨されています。ちなみに、アメリカ小児科学会やWHO(世界保健機関)では2歳までの授乳が推奨されています。

調べてみると、「日本小児科学会は4歳までの授乳を推奨している」というネット上の記述はいくつかありましたが、日本小児科学会の公式発表はされていないのでは……?と思います。

離乳とは

離乳とは、母乳やミルクによる栄養摂取から、徐々に幼児用の食事に移行する行為のことです。

つまり、生後6か月ごろに離乳が行われ、徐々に母乳やミルクの摂取頻度が下がっていき、子どもが自分の意思で母乳やミルクを飲まなくなる卒乳を迎える……という流れが自然だとされています。

なぜ断乳から卒乳に変わったのか

では、なぜ以前の断乳の推奨から、現在の卒乳の推奨に変わってしまったのでしょうか。

断乳が推奨されていた理由

育児の観点で言うと、断乳が必要だと言われていた理由は

・1歳を過ぎて母乳を飲ませていると甘えん坊になる
・好奇心が育ちにくく、自立心が育たなくなる
・おっぱいに執着してしまい止めにくくなる
・虫歯になりやすくなる

などでした。ただ、これらの理由には医学的な根拠はありません。「あんまり抱っこばかりすると甘えん坊になるよ。」という抱っこの否定、抱き癖と同じようなものです。

赤ちゃんの抱き癖は直すべき?抱っこの影響は?いつからいつまで?

また、家庭環境やママの状況で言うと、

・ママの職場復帰のために、慣れさせないといけないから
・2人目の子どもを作るために母乳を控えなければいけないから
・噛む力が強くなり、乳首が化膿性乳腺炎などを起こしているから

というものが考えられます。家庭環境やママの状況が理由の断乳は、現在の育児でもある意味仕方がないことだと言えます。

卒乳の推奨に変わった理由

断乳が卒乳に変わった理由は、

・授乳行為が親子のスキンシップになるから
・子どものストレスが軽減するから
・愛着形成の時期に効果的に信頼関係が築けるから

などが考えられます。親子のスキンシップは子どもの脳と心の発達に良い影響を与えますが、授乳はわかり易く簡単に行えるスキンシップ行為です。

3歳までの育児に親子のスキンシップが必要な理由と8つの効果

また、子どもがママに対して行う愛着行動は、生後6か月から2歳ごろまで続き、ママは子どもの愛着行動に応答することで、子どもから信頼を得られる愛着関係が築けます。

ママと子どもの愛着関係の形成はとても重要で、愛着関係が不安定な場合、子どもの心身の発達に悪い影響を与える恐れもあります。

子どもの愛着行動の意味とは?親子の愛着関係の形成に必要な要素

要するに、0歳の赤ちゃんよりも1歳の子どもの方が感受性が強く、ママの存在を強く認識できるため、子どもが求めるのであれば授乳を断らない方が良いということです。

卒乳も断乳も環境に合わせて

たとえ、母乳だけで育てる完全母乳育児が大切だと言われていても、子どもが自ら母乳を飲まなくなる卒乳が大切だと言われていても、そのために必要以上に育児に無理をする必要はありません。

赤ちゃんが育つ家庭環境やママの体調など、それぞれ生活の条件が違えば育児の方法が変わることは仕方がありません。止むを得ず断乳をしなければいけないママも多いと思います。

そのため、先輩や親に断乳を勧められても、ママ友グループに卒乳を勧められても、あまり左右されないでママと家族の判断によって卒乳や適切な断乳を行った方が良いでしょう。

断乳の方法やケアの仕方は?ママが卒乳より断乳を選ぶ理由

もちろん、卒乳が推奨されているのは親子のスキンシップを増やし、子どものストレスや愛着障害を軽減するためなので、たとえ断乳をしても、愛着関係を作るという本質は忘れないようにしたいですね。

ちなみに、うちの息子と娘はわたしの職場復帰のこともあったので、どちらも1歳ごろに断乳を行わなければいけませんでした。

「断乳はなかなかできないよ~。」とママ友たちの脅しがあったものの、どちらも2日目には断乳が完了して、すんなりおっぱいから離れることに成功しました。

ただ、断乳ではなく卒乳が勧められている理由を知っているため、ちょっと早くてかわいそうだったかな……とも思います。

わたしが夜泣きやおねしょなどで長い間何度も苦労させられた分、彼らも気を使ってくれたのかもしれません(^_^;)

記事のURLとタイトルをコピー