赤ちゃんに多い尿路感染症の症状と原因は?予防法はある?

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

赤ちゃんの発熱は尿路感染症かも

赤ちゃんの急な発熱でびっくり!という経験は、ほとんどのママが1度は経験することだと思います。

インフルエンザや風邪であれば、急な発熱でも、せき、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど風邪の諸症状を伴うため、ママも「風邪……かな?」と気付きやすく、何となく安心できます。

ところが、急な発熱をしても風邪の諸症状がなく、赤ちゃんがかかりやすい病気はいくつかあります。たとえば、突発性発疹は、前触れ無く39度の高熱が出て、熱が治まると全身に発疹が出る病気です。

熱39-40度でオロオロ…突発性発疹の感染原因・症状・対処法

また、3歳までに8割の子どもが発症する急性中耳炎も、突然の発熱で気が付くことが多い病気です。急性中耳炎にも、発熱以外の明確な風邪の諸症状はありません。

3歳までに8割!急性中耳炎の原因・症状・予防・治療法

もう1つ赤ちゃん、また小さな女の子が気をつけた方が良い病気が「尿路感染症(にょうろかんせんしょう)」です。

尿路感染症も発熱で気づくことが多く、字から想像できる通りおしっこに関係した病気です。

今回は、尿路感染症の症状や原因、そして予防法についてお話したいと思います。

尿路感染症(にょうろかんせんしょう)とは

尿路感染症とは、尿道口から入った細菌が腎臓・尿管・膀胱・尿道(腎尿路系)のどこかに感染して、炎症を起こす病気のことです。

腎尿路系に細菌が感染するため、尿道が短い赤ちゃんから2歳くらいまでの男の子、また男の子に比べて尿道の短い4-6歳くらいまでの女の子がかかりやすい病気です。

尿路感染症は、腎尿路系のどこに菌が感染するかで症状が変わり、病名も変わります。

たとえば、尿道に細菌が感染すると「尿道炎(にょうどうえん)」、膀胱に感染すると「膀胱炎(ぼうこうえん)」、前立腺に感染すると「前立腺炎(ぜんりつせんえん)」という病名になり、これらを「下部尿路感染症」と言います。

また、細菌が腎臓まで進入して、腎臓の出口で炎症を起こすのが「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、腎臓内部で炎症を起こして腫瘍を作る可能性があるのが「急性巣状細菌性腎炎(きゅうせいそうじょうさいきんせいじんえん)」という病名になり、これらを「上部尿路感染症」と言います。

下部尿路感染症
・尿道炎
・膀胱炎
・前立腺炎
など

上部尿路感染症
・腎盂腎炎
・急性巣状細菌性腎炎
など

尿路感染症の症状

尿路感染症の症状は細菌の感染場所によって異なりますが、「下部尿路感染症」と「上部尿路感染症」に分けると、以下の症状がよく見られます。

参考|尿路感染症の症状・原因・検査・治療法【医師解説】 [感染症] All About

下部尿路感染症の症状

・37度台の微熱がある
・腹痛がある
・排尿時に痛みがある
・頻尿や残尿感がある
・赤黒い血尿が出る
・尿に濁りがある(蛋白尿)
・アンモニア臭が強い
・おねしょ
など

上部尿路感染症の症状

・38度以上の高熱が出る
・吐き気や嘔吐がある
・腰痛や背中の痛みがある
・食欲がない
・尿に濁りがある
・尿に腐敗臭がある
・排尿時に痛みがある
など

蛋白尿は、おしっこに白濁色が混じっていたり、泡立っている状態で、腎臓のろ過機能に異常があり、血液中のタンパクが尿中に漏れた状態を言います。子どもの腎機能は未熟なため、病気とは関係がなく蛋白尿が出やすい子もいます。

濃い!臭い!赤ちゃんのおしっこの色や匂いが変わる原因

尿路感染症の見分け方

ママは発熱した子どもに咳や鼻水など風邪の諸症状がない場合は、おむつやトイレの様子を確認してください。いつもよりもおしっこがつんとアンモニア臭い、尿が赤黒いなどの症状で尿路感染症を疑います。

また、瓶尿の傾向があったり、子どもがお腹や背中の痛み、おしっこをしたときの違和感や痛みを訴えることで、尿路感染症に気づく場合もあります。

ただし、赤ちゃんは痛みを訴えることができないため、普段のぐずりや排尿時の様子などを観察しなければいけません。

尿路感染症の原因

尿路感染症にかかる原因は、尿道口から侵入した細菌が腎尿路系に感染するためなのですが、細菌が腎尿路系に侵入する理由はいくつか考えられます。

原因1.性器を直接触るから

子どもは、男の子・女の子関係なく直接性器をいじることがあります。これを性器いじりといいます。

体調が悪いときなど抵抗力が弱いときに汚れた手で性器いじりをすると、尿道口から侵入した細菌に感染してしまうことがあります。

原因2.おしっこを我慢するから

おしっこには、尿道に侵入した細菌を洗い流す役割があります。ところが、おしっこを長時間我慢すると細菌が長時間留まって、繁殖してしまいます。

原因3.おしりの拭き方が間違っているから

特に女の子は、うんちをした後のおしりの拭き方が間違っていると、大腸菌などが尿道口に付着して尿路感染症を起こす場合があります。

原因4.妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は子どもではなく妊婦の病気なのですが、妊娠糖尿病によって高血糖になると免疫力が低下し、さらに血流が悪くなることで尿中の細菌が繁殖してしまい、尿路感染症にかかってしまいます。

妊娠糖尿病とは?症状や原因・割合は?妊婦や胎児への影響

尿路感染症の治療法

尿路感染症の中でも高熱を伴わない「膀胱炎」の場合は、抗菌薬などを3-5日ほど服用すればほぼ完治しますが、高熱を伴う「腎盂腎炎」の場合は、2週間ほど抗菌薬投与を必要とする場合があります。

さらに腎盂腎炎の場合、飲食ができずに脱水症状を起こすおそれがあるため、まず点滴で抗菌薬を投与し、熱が下がってから抗菌薬を飲むなどの治療を続けなければいけません。

また、普通の膀胱炎を何度も繰り返したり、腎盂腎炎にもかかってしまう場合は、膀胱尿管逆流症など排尿機能自体に問題があるかもしれません。そのため、尿路感染症の治療後には必ず泌尿器科で検査を受けるようにしましょう。

尿路感染症に影響する膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)

尿路感染症で注意しなければいけないのは、「膀胱尿管逆流症(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅうしょう)」です。

膀胱尿管逆流症とは、おしっこの逆流を防ぐ膀胱の機能に障害があり、おしっこが膀胱から腎臓に逆流してしまう症状のことです。

膀胱尿管逆流症は尿路感染症とは別物ですが、とても関係が深い症状です。なぜなら、おしっこが腎臓に逆流することで腎盂腎炎などを引き起こしやすくなるからです。

膀胱尿管逆流症は先天性が多く、泌尿器科で検査を受ければわかります。将来の腎機能低下を防ぐために、膀胱尿管逆流症は早めに発見して治療を受けなければいけません。

尿路感染症の注意点

尿路感染症は単なる膀胱炎であれば、それほど心配することはありません。ところが、そうでなければいくつか注意しなければいけないことがあります。

38度以上の熱がある場合

前述した通り高熱が出た場合は、膀胱炎であっても膀胱尿管逆流症を伴っている場合があります。膀胱尿管逆流症を放置すると尿路感染症を繰り返したり、腎臓に障害が起こる可能性もあります。

赤ちゃん(子ども)が尿路感染症から回復したら、なるべく早めに泌尿器科で検査を受け、膀胱尿管逆流症を持っていないかも確認しましょう。

膀胱炎を繰り返す場合

特に3-5歳の女の子で膀胱炎を繰り返す場合は、おしっこの習慣やおしりの拭き方に問題があったり、排尿機能に何らかの障害がある場合があります。

こちらも泌尿器科で検査を受け、膀胱尿管逆流症を持っていないか、膀胱に機能障害がないかを確認しましょう。

尿路感染症の予防法

生後6か月未満の赤ちゃんに発熱症状がある場合、まずは尿路感染症を疑わなければいけないと言われるほど、尿路感染症はよくある病気です。

そのため完全な予防は難しいのですが、尿路感染症を悪化させないためにも、普段から尿道を清潔にしておくことが予防の基本です。

予防法1.十分な水分を摂取する

水分を摂取して、必要なおしっこをすることで菌の残存を防ぎます。赤ちゃんに必要な水分量は、体重1kgあたり100ml/日、3-5才で500-800ml/日、小学生で800-1,000ml/日です。

生後6か月までの赤ちゃんは、母乳やミルク以外の水分補給は必要ありません。1日の授乳目安は以下の通りですが、新生児期は目安が細かいため、リンク先を参考にしてください。

新生児期のミルク育児
1回あたりの授乳量は100-120ml前後で、1日の授乳回数は8回が目安です。

生後2-3か月のミルク育児
1回あたりの授乳量は140-160ml前後で、1日の授乳回数は6-8回が目安です。

生後3-5か月のミルク育児
1回あたりの授乳量は160-200ml前後で、1日4-5回程度が目安です。1日トータルの目安量は800-1000mlくらいです。

新生児・月齢別赤ちゃんの母乳・ミルク授乳量や回数の目安

予防法2.おしっこを我慢しない

子どもの場合は、おしっこを我慢させずトイレに行かせましょう。おしっこを我慢すると膀胱許容量を超えて膀胱炎を起こしたり、おしっこが腎臓に逆流して腎盂肝炎になる可能性があります。

ママは、遊びに夢中な子どもがおしっこを我慢していないかを観察してください。月齢・年齢別おしっこの回数の目安は以下を参考にしてください。

新生児から3歳までの1日のおしっこ・うんち回数と量の目安

予防法3.食物繊維を多く摂る

便秘になると腸内で細菌が繁殖し、尿路感染症の原因である細菌(大腸菌)も増えます。子どもの食事に気を付け、毎日うんちが出るように食物繊維を摂取できる食事を心がけてください。

予防法4.うんち後のおしりの拭き方

特に女の子の場合、自分でおしりを拭くようになる3・4・5歳ごろは気を付けましょう。うんち後におしりを拭くときは、おしりの後ろから手を回し、前から後に向かって拭きます。

ウォシュレットを上手く使えれば良いのですが、ウォシュレットがないトイレでおしりを拭くこともあるため、小学校に入るまでには正しくおしりを拭けるようにしなければいけません。

前から?後ろから?女の子のおしっこ・うんちで正しいおしりの拭き方

予防法5.汚い手でちんちんを触らない

男の子は汚い手でちんちんを触ると、尿道に菌が付着する可能性が高まります。

子どもがちんちんを触ることは心理的に仕方がないのですが、癖がついていたら、ママは怒らずに気を逸らすようにしてあげてください。

性器いじりやめさせたい…男の子がちんちんを触る9の理由

予防法6.お風呂でちゃんと洗う

女の子は外陰部、男の子は少し皮を剥いて尿道をきれいに洗ってください。

ただし、ボディーソープを使ったりゴシゴシ擦ると、かぶれたり、切れたり、カンジダ菌が繁殖しやすくなるため、ぬる目のシャワーで洗い流す程度にしましょう。

予防法7.おむつは早めに取り替える

汚れたおむつは早めに取り替えてください。子どもは遊びに夢中になると、トイレを我慢したり、おむつが汚れても気にならないことがあります。

また、うんちは拭くだけでなく、シャワーや簡易シャワーで汚れを流すと良いですね。おむつかぶれ予防にもなるため、赤ちゃんのころからママが慣れておきましょう。

赤ちゃんのおむつかぶれ予防法とかぶれ治療後の肌ケア対策

尿路感染症の認識を改めよう

尿路感染症の1つ「膀胱炎」は、とてもよく聞く病名ですが、一般的には、おしっこを我慢するとかかる病気という認識があり、軽い病気だと考えている人もいるでしょう。

ただ、膀胱炎は症状が比較的軽くても繰り返す恐れがあり、様々な箇所に感染が広がる可能性があります。高熱を伴った尿路感染症は膀胱炎でも症状が重くなりますし、腎盂腎炎だと症状が重くなります

また、子どもの尿路感染症はおしっこ時の痛みや違和感を訴えられますが、赤ちゃんは痛みを訴えられないため発見が困難な場合があります。

特に膀胱炎などの下部尿路感染症は微熱が多く、発熱だけでは見ぬくことが難しいため、ぐずりや嘔吐、おしっこの状態から総合的に体調の変化に気づかなければいけません。

ただ、尿路感染症は発見が難しく、病気自体が厄介でも、普段の水分摂取やバランスの良い食事で便秘に気を付け、陰部を清潔にするなど予防法は極めてオーソドックスです。

ママは普段から意識して、予防に取り組み、赤ちゃんや子どもを尿路感染症から守ってあげてください。


参考|尿路感染症|妹尾小児科
参考|膀胱炎と腎盂炎 | 大人の病気・症状 – 町医者の家庭の医学
参考|尿路感染症について|東京女子医科大学病院 泌尿器科

記事のURLとタイトルをコピー