産後の床上げ3週間or1か月とは?家事や外出・運動はいつから?

寝起きの女性

この記事の読了時間は約 9 分です。

出産後は妊娠中より身体が楽?

妊婦は、妊娠期間中(出産前)に7-10kgほどの重いお腹を抱えて、毎日活動しています。そのため、出産後はお腹が軽くなる分、すぐに妊娠中よりも楽に動けると思っているかもしれません。

妊娠で理想の体重増加は何キロ?増えすぎで妊婦と胎児に悪影響が

たしかに、出産によって内臓などの圧迫感はなくなり、身体が急に小さくなりますが、女性の身体の機能はすぐに妊娠前の状態には戻りません。

それどころか、体力や精神力を限界まで使って赤ちゃんを出産するため、身体に大きなダメージがあります。そんな出産のダメージが、たった数日で元に戻るわけがありません。

昔から赤ちゃんを出産した後には、ママが肉体的・精神的に養生して安静にするための期間があり、その養生の期間が明けることを意味する「産後の床上げ(さんごのとこあげ)」という言葉があります。

今回は、産後の床上げまでにママがどのように過ごせば良いのか、家事や外出などはいつから取り組めば良いのかについてお話したいと思います。

産後の床上げ(さんごのとこあげ)とは

出産で疲れきったママの心身の回復に努めるには、布団を敷きっぱなしにしてある程度横になっている方が良いと言います。

そして、体力がある程度回復する3週間-1か月が経過するころに、敷きっぱなしの布団を片付けて養生期間を抜けることを「産後の床上げ」と言います。他にも、さまざまな言い回しがあります。

最近では、少しずつ身体を慣らすために、軽めの運動をしながら徐々に生活スタイルを戻していく方が良いとされていますが、どちらにしても床上げ期間は、年齢や体力などによって個人差があります。

産後の床上げが3週間なのか、1か月なのかはあまり問題ではなく、明確な決まりはありません。自分の体調を考えながら、床上げの期間を見定めると良いでしょう。

とくに、出産が難産だったママや初産のママは、出産後はなるべく安静にして、すぐに無理な活動はしないようにしましょう。

もちろん、帝王切開で出産した場合も、床上げ前に動くと傷口が開きやすいため、お腹に力を入れずに安静にしなければいけません。

また、出産後は抵抗力が落ちているため、「室内温度の調整をする」「汗をあまりかかない」「外出しても人混みの中に行くことは避ける」などを心がけ、病気にかからない注意も必要です。

産後の床上げ時期

なぜ、産後の床上げまでに3週間-1か月ほどの期間が必要なのでしょうか。

床上げという概念があるにしても、現在の核家族社会において、育児にしろ家事にしろママが何もしないことは難しいため、無理せず身体を動かす必要があります。

ただし、出産で開いた骨盤が閉じる前の早い段階で頻繁に立ち作業をすると、内蔵が下がって骨盤の歪みが起きたり、「子宮脱(しきゅうだつ)」や「子宮下垂(しきゅうかすい)」が起きる可能性もあります。

出産後に起きる子宮下垂と子宮脱とは?原因・症状・予防・治療法

また、膣や子宮などの出産器官が回復する前に無理をして身体を動かすと、体調を崩す原因にもなります。この時期は、医学的には「産褥期(さんじょくき)」と言われる期間でもあり、分娩による膣や子宮などの変化が妊娠前の状態に戻るには分娩後6週-8週間が必要とされています。

産褥感染症とは?産後の産褥熱・合併症の原因・症状と治療法

そのため、ママは産後の床上げまでを疎かにせず、十分に身体を休ませることが自分にとっても家族にとっても、そして産まれてきた赤ちゃんにとっても大切なことだと自覚してください。

産後の床上げまでの過ごし方

床上げまで身体を休めることを「産後の養生(さんごのようじょう)」と言い、ママは産後の養生のために休みたいときに休み、消化の良い食事をし、身体を冷やさず、家族などから遠慮なくサポートを受ける必要があります。

ただ、産後の床上げまで3週間-1か月あるとはいえ、「やったー何もしないで休めるー。」と考えるママはいません。

とくに、初めての赤ちゃんを出産したママは、まだ赤ちゃんのお世話に慣れていませんし、赤ちゃんに対するすべてのお世話に神経を使います。

基本的にはリラックスした状態で赤ちゃんと過ごし、数時間毎の授乳に努めるべきです。……ところが、慣れてくると割と暇もあります(^_^;)

そのため、決まった時間に「産褥体操(さんじょくたいそう)」を行って身体を動かし、育児書などで今後の育児を勉強し、里帰りしているなら母親がいる時間に赤ちゃんのことを聞くなど、ゆるやかでも規則を持った生活習慣を心がけてください。

また、ダラダラした生活を防ぐため、スマホのながら見は避け、テレビも決まった時間に決まった番組を見るようにすると良いでしょう。

もし、実家のサポートが得られない場合は、家事代行サービスや産後ヘルパーサービスを1日2-3時間程度活用したり、食事の宅配サービスを使うことも予め考えておきましょう。

家事代行サービスとは?市場規模・利用割合とメリットデメリット

この時期は、お友だちや先輩ママ友も赤ちゃんを見たがるので、積極的に頼るのもありです。ただし、いくらお客さんが来ても、産後のママが気を使って動いてはいけません。

産後から床上げまで過ごし方例

産後の入院期間は、通常分娩で5日前後、帝王切開で10日前後を病院で過ごしてから、里帰りや自宅に帰ります。つまり、産後1週間はほぼ病院にいるということですね。

過ごし方例1.産後2週間目(8-14日ごろ)

退院後の1週間は布団を敷いたまま、なるべく身体を動かさずに横になって過ごします。赤ちゃんといっしょにお昼寝をして、夜間の授乳に備えましょう。この時期に無理をすると「悪露」の量が増えたり、出血が長引くことがあります。

里帰り中のママは、家事を家族にお願いして、赤ちゃんの授乳やおむつ替えに専念し、これから3週間-1か月ほどの生活プランを立てておくと良いですね。

もし悪露の量が減らなかったり、出血が濃くなったり、「後陣痛」が続くことがあれば、1度受診してください。

産後の悪露はいつまで?出血量・色・匂いの変化と帝王切開後の症状

後陣痛を和らげる方法は?経産婦・帝王切開後の痛みはいつまで?

過ごし方例2.産後3週間目(15-21日ごろ)

退院後の2週間目は、少しずつ昼間の活動時間を長くしていきましょう。可能であれば、身体を慣らすための家事をしましょう。

身体を慣らすための家事は、1か所に留まる家事ではなく、ちょっとずつ動ける掃除機がけや気分転換の買い物などが良いですね。ただし、車の運転は1か月検診が終わるまではしないでください。

産後ママの車の運転はいつから?買い物など用事がある場合の対策

また、そろそろ赤ちゃんといっしょに「外気浴」を楽しんでも良い時期です。赤ちゃんを外気に慣れさせるために、窓を開けて空気を入れ替えつつ、赤ちゃんといっしょに外の様子を見るようにします。

外気浴は毎日必ず行うものではありませんが、できれば決まった時間で習慣にすると、規則正しい生活を取り戻しやすくなります。

赤ちゃんの外気浴はいつから?時間帯や効果は?日光浴との違い

過ごし方例3.産後4週間目(22-28日ごろ)

まだ全快ではありませんが、ママの身体はある程度動くようになっているはずです。4週間が経過したら1か月診察を受けて、これからどのような生活ができるのかを医師に確認してください。

入浴(湯船に浸かる)や車の運転ができるのも1か月検診が明けてからなので、必ず医師に確認を取ってからにしましょう。

産後ママの車の運転はいつから?買い物など用事がある場合の対策

床上げまでにできること・できないこと

1.日常生活

産後の日常生活は、前述した通り、初めはなるべく横になって過ごすことが大切です。

ただし、生活習慣は崩さないようにしましょう。朝起きたら顔を洗って、歯を磨いて、部屋着に着替えて、朝ごはんを食べます。……まぁ、普通です。

シャワーの許可は医師によってバラバラです。出産翌日にOKが出る場合もあれば、5-6日ほど許可が出ない場合もあるそうです。そのため、退院してからようやく一息つけるママもいます。

出産後のお風呂はいつから?分娩後のシャワーは?入浴許可後の注意点

2.軽めの運動

女性が気になることは、何と言っても「早く妊娠前の体型を取り戻したい!」ということですよね。

産後6か月間は骨盤が柔らかく脂肪が燃えやすい時期ですが、床上げまで無理はできないため、生活の中でダイエットにつながる運動を心掛けなければいけません。

産後2-3週間過ぎから、徐々に筋肉の引き締めや姿勢矯正、血行改善が期待できる産褥体操を行いましょう。産褥体操とは、ストレッチやヨガに近い体操のことです。

3.動きがある家事

同じく、産後2-3週間過ぎから徐々に家事を始めましょう。とは言え、力仕事や立ちっぱなしの家事、窮屈な姿勢や同じ姿勢をとり続ける家事は避けてください。

頑張って家事をするというよりも、身体を慣らして気分転換のために家事をします。ただし、赤ちゃんから離れて家事を行う場合は、赤ちゃんを任せられる環境が必要です。

4.必要最低限の外出

赤ちゃんとの外出は、1か月検診を終えてからです。そのため、ママがちょっとした買い物など外出する場合は、家族に赤ちゃん任せます。もちろん、車の運転はできないため、遠くにでかけることはできません。

ただし、人混みに行くと感染症の原因になります。ママの病気は赤ちゃんの病気につながるため、安易な行動は避けましょう。

2人目以降は気持ちが楽になるけど…

「床上げが3週間から1か月か……。まぁ2週間過ぎたら動いても問題ないでしょ。」

アクティブなママや何でもまじめに取り組むママは、産後の床上げまでに無理をしがちですが、身体に負担をかけるのはやめてください。

たとえ、産後の床上げ期間を過ぎても、身体の機能が元に戻る産褥期はもうしばらく続きます(産後6週-8週間)。そのため、本来産後のママは、1か月半ほどゆったり生活することが正しいんです。

産褥期はいつまで?妊娠機能が回復する期間や産後の過ごし方

2人目以降の産後の過ごし方も、1人目の産後と変わりませんが、夫婦の性行為は産褥期が終わる2か月ごろまでは、我慢してください。子宮が元に戻る(子宮復古)までは1か月半-2か月ほどかかりますし、無理をすると痛みがあったり、出血がひどくなる場合があります。

まずは、何をするよりも生まれたばかりの赤ちゃんに目を向けてください。きっと初めのうちは、何時間顔を見ていても飽きませんよ。

産後の養生に関する言葉は、他にもたくさんあります。どれもほぼ同じ意味なので、ざっと覚えておくと良いでしょう。

産後の養生に関する言葉の意味
産後の肥立ち|産褥期における身体の回復具合を表す言葉
産褥期|出産後に身体機能がある程度回復する6-8週の期間を表す言葉
床上げ|出産後3週間-1か月である程度体力が回復し、動けるようになる区切りを表す言葉
床払い|床上げと同じ意味の言葉、ただし病気療養明けの区切りの意味合いが強い
産明け|産後21日(30日)が明けることで、床上げとほぼ同じ意味
帯明け|産明けが変化した言葉で、床上げとほぼ同じ意味
日が明ける|床上げと同じ意味で使われる
産後の肥立ちの意味や期間は?産褥期、床上げ、床払いとの違いは

記事のURLとタイトルをコピー