正しい胎児の回旋とは?回旋異常の原因・確率と予防・治し方は?

8d96a93ae2bf97d39b35e59b6704a00f

この記事の読了時間は約 7 分です。

赤ちゃんの分娩には回旋が伴う

分娩には以下の5つの流れがあります。

分娩の前兆……前駆陣痛から陣痛発来まで

分娩第1期(開口期)……分娩開始から子宮口全開大まで

分娩第2期(娩出期)……子宮口全開大から胎児の娩出まで

分娩第3期(後産期)……胎児の娩出から子宮内容物が娩出されるまで

産褥期……産後の体が回復するまで

正常分娩と異常分娩の違いとは?症状・種類・割合・出産の流れなど

胎児は、この流れの中で身体を回しながら分娩される必要があり、産道を通過する際の回転行為を「胎児の回旋」と言います。

胎児の回旋は分娩にとって非常に大切な行為で、胎児の回旋が起きない(できない)場合は、遷延分娩(初産婦で分娩に30時間以上、経産婦で15時間以上要すること)になる可能性があり、母子の健康に危険が及ぶ可能性もあります。

今回は、産道を通過する際の胎児の回旋と回旋異常が起こる原因、回旋異常の際の対処法についてお話したいと思います。

胎児の回旋(かいせん)とは

胎児の回旋とは、正常分娩において胎児が回旋しながら娩出されることを言います。胎児は屈曲した産道や狭い骨盤の間を通る際に、スムーズに産道を通れるように4段階の回旋を行って娩出されます。

4段階の胎児の回旋があると言っても、胎児が身体をぐるぐると4回転させるわけではありません。回旋をしながら娩出される流れの中に4つの段階があるということです。

引っ越しで狭い階段や狭い通路を通る際に、大きな荷物の向きを何度か変えながら、傷をつけずに上手く部屋に運び入れる……そんなイメージに似ているかもしれません。

第1回旋|横軸回旋(胎勢回旋)

b60884a283593376e7896e275f7bd5c7

陣痛が始まると、胎児は子宮の収縮により骨盤腔内に下降します。その際、胎児の背中は外側に向いていますが、骨盤内に下降したときに少しだけ横を向いて頭が骨盤内にはまります。

胎児の体の中で一番大きな頭は、骨盤腔にピッタリはまる様に下降しなければ通ることができません。

骨盤にはまった児頭(胎児の頭)は狭い骨盤の入口を通ろうとするため、自然と顎を引き、屈曲した姿勢(頭位)を取ることになります。ここまでを胎児の「第1回旋」と言います。

第2回旋|縦軸回旋(胎向回旋)

799f7efaaefc69bba2e445b940fefed5

子宮収縮によって胎児が産道を下降し始めると胎児の頭は最初は横向きで産道に入りますが、次は顎を引いたまま頭と身体を回転させて、身体を骨盤に通そうとします。

これを胎児の「第2回旋」と言います。

第3回旋|横軸回旋(胎勢回旋)

第1回旋で母体の右を向いていた胎児の顔は、回転しながら産道を通ることで45度回転して顔が母体の背中側を向くことになります。母体が分娩台に仰向けで寝ているならば、胎児はうつぶせの状態で娩出されるということです。

その際、胎児の後頭部は母体の恥骨の下(結合下縁)で固定されます。この回転しきって胎児が下を向くまでを胎児の「第3回旋」と言います。

ちなみに、子宮の収縮により児頭が見え隠れを繰り返している状態を「背臨(はいりん)」と言います。胎児が少しずつ娩出されて児頭が会陰を通過する際に、児頭の先進部が後退しなくなる状態を「発露(はつろ)」と言います。

第4回旋|縦軸回旋(胎向回旋)

胎児は後頭部を支点に頭をのけぞらせる反屈位をとり、前頭部、顔、顎という順番でに外に出て来ます。

次に肩ですが、一度に両肩は娩出できないため、頭の娩出後はまた横向きに戻り片方ずつ肩を娩出しやすい体勢になります。これを胎児の「第4回旋」と言います。

両肩が出てしまえば、身体は簡単に娩出されます。

回旋の一連の流れは、こちらの動画が分かりやすかったのでご紹介しておきます。

胎児の回旋異常が起こる確率

胎児の回旋異常とは、胎児が産道を通るときに、何らかの原因で前述した通常の回旋ができないため、スムーズに産道を通って分娩ができないことを言います。

胎児の回旋は狭い産道・骨盤を通る際に必要な行為ですが、胎児の回旋が起こらなければ難産になり、場合によっては吸引分娩、鉗子分娩だけでなく、帝王切開が必要になることもあります。

回旋異常が起こりやすいのは、第一回旋と第二回旋が多く、第一回旋の際の反屈位、第二回旋の際の「低在横定位(ていざいおうていい)」や「前方前頭位(ぜんぽうぜんとうい)」などがあります。

ちなみにプレママタウンのアンケート調査によると、出産において回旋異常が起こった経験を持つママは8.6%だそうです(不明が7.7%)。

そのため、自然分娩に挑むママの10人に1人程度が、何らかの回旋異常を経験しているということです。

bbab52d2f7b1756bd7d0c1618a529c52

引用|回旋異常|プレママタウン

・ある|8.6%
・ない|83.6%
・あったのかないのかわからない|7.7%

回旋異常が起こる原因

回旋異常は偶発的に起こる場合もあれば、明確な原因がある場合もあります。原因は母体因子と胎児因子がありますが、どちらの原因でも一定の確率で起こることで、仕方がありません。以下に一例を挙げます。

原因1.胎盤の異常

胎盤が上手く形成されないと、「前置胎盤」や「低置胎盤」などによって胎盤が骨盤の入口を塞いでしまって、回旋異常が起こる場合があります。

原因2.子宮の異常

子宮の形成異常や「子宮筋腫」「子宮腺筋症」で子宮の形が変わってしまうため、回旋異常が起こる場合があります。

原因3.骨盤の異常

「狭骨盤」や「骨盤内腫瘍」によって、胎児が骨盤に入りにくいため回旋異常が起こる場合があります。

原因4.母体の体型

母体に多くの内臓脂肪がある場合、産道が圧迫されて回旋異常が起こる場合があります。

原因5.胎児の発達

巨大児は頭や肩幅が大きく回旋もしにくいため、回旋異常が起こる場合があります。また、低体重児は骨盤で遊びができてしまうことがあり、回旋異常が起こる場合があります。

原因6.児頭骨盤不均衡

胎児の頭が大きい場合や水頭症によって児頭骨盤不均衡が起きてしまい、回旋異常が起こる場合があります。

原因7.多胎妊娠

多胎妊娠は回旋異常が起こりやすく、難産になる可能性も高いため帝王切開による出産が一般的に行なわれます。

原因8.胎児の奇形

胎児が奇形によって身体の形が変わってしまっている場合も、回旋異常が起こりやすい状態です。

原因9.羊水の量

羊水過多症などで羊水の量が多い場合は胎児が動き回るスペースが大きくなるため、回旋異常を起こしやすくなります。また、羊水の量が少ない場合も十分に動くことができないため、回旋異常が起こる場合があります。

回旋異常が起こったときの分娩・対処法

回旋異常が起こった場合は、第一回旋なのか第二回旋なのかで分娩時の対応が変わる場合があります。

第二回旋で回旋異常が起こった場合は、胎児の体勢を変えるなどの処置を試みて、それでも難しいようであれば子宮の収縮を促す陣痛促進剤を投与し、胎児の姿勢を変えるために時間をかけます。

また、鉗子を使って正しい回旋を促したり、吸引分娩によって回旋の向きを変えて、胎児を引っ張り出すこともあります。

これらの対応でも分娩時間が長時間に及んだり、そもそもこれ以上経腟分娩を続けることが難しい場合は、緊急帝王切開に切り替えて分娩を行うことになります。

一方、第一回旋で回旋異常が起こった場合は、第二回旋よりも処置が難しくなるため、早めに鉗子分娩、吸引分娩の検討を行ったり、緊急帝王切開に切り替えることになります。

こちらもプレママタウンのアンケート調査ですが、回旋異常が起こった際に受けた対処方法は以下のようになっています。

1d563f9b913fc4893744f54225d8f3b2

引用|回旋異常|プレママタウン

・陣痛促進剤を投与された|29.8%
・鉗子分娩になった|5.1%
・吸引分娩になった|34.3%
・帝王切開になった|32.6%
・わからない|2.2%
・特に何もされなかった|16.9%

この結果を見るとわかる通り、回旋異常経験者の3人に1人が緊急帝王切開に切り替わっています。つまり、それだけ回旋異常は分娩に影響を及ぼす症状だということです。

鉗子分娩と吸引分娩の詳細は、以下を参考にしてください。

後遺症・障害リスクはある?鉗子分娩が行われる理由

吸引分娩は頭の形が変わる?後遺症・障害リスクとその原因

回旋異常の予防は可能?

前述した通り、回旋以上は原因が明確な場合もあれば、偶発的に起こる場合もあるため、完全に予防することは不可能でしょう。

また、初めから母体が子宮に病気を持っていたり、胎児が巨大児・低体重児の恐れがあることがわかっていれば、医師が回旋異常に注意して分娩をすることは可能ですが、これも予防とは言えません。

回旋異常の予防は、回旋異常につながる可能性を少しでも低くしておくことが大切です。

そのためには、巨大児・低体重児にならないための生活習慣、骨盤矯正などによる骨盤の歪みのケア、内臓脂肪がつかないような食習慣など、妊娠期間中に可能なことを行う必要があります。

また、助産院で出産をする場合に回旋異常が起こると、四つん這いの姿勢をとらせるそうです。そのため、妊娠期間中に定期的に四つん這いになることで、重力によって胎児の背中が妊婦のお腹の方に向くことがあるとのこと。

効果の程は医師や助産師に聞いて欲しいのですが、苦しい出産を避けるため、元気な赤ちゃんを産むためにはやれるだけのことはやっておきたいですよね。


参考|回旋異常とはどんな病気か|症状や原因・治療 – gooヘルスケア
参考|異常分娩の管理と処置|日本産科婦人科学会

記事のURLとタイトルをコピー