友引?赤口?先負?先勝?お祝い行事に必要な六曜の意味と読み方

979cec6947a570c07d7ec7f49dfc5584

この記事の読了時間は約 6 分です。

六曜(ろくよう)とは

みなさんは六曜を知っていますか?意味はわかりますか?六曜でピンと来ない人も、「大安」や「仏滅」と聞くとわかりますよね。

大安は良い日、仏滅は悪い日というイメージはあると思います。大安、仏滅の他には、「先勝」「先負」「友引」「赤口」の4つがあり、6つ合わせて六曜です。

六曜とは、元々中国で使われていた西洋で言う曜日(一週間)のことで、14世紀ごろ日本に伝わり、主に賭場でゲン担ぎや占いに近いものとして使われてきました。

その後、明治後半から一般的に使われ始め、今でも六曜が書かれたカレンダーが出回るほど浸透するようになりました。

さて、わたしたちは結婚を期に妊娠・出産・子育ての流れの中で、たくさんのお祝い事を経験します。そして、そのお祝い事には六曜を意識する年配の方がかかわることが多かったりします。

0歳-1歳の赤ちゃんの6つのお祝い行事とは?夫婦で行う割合は?

そのため、「六曜か……面倒だな……。」と思うかもしれませんが、大切な人間関係のために先人から伝わっている風習(150年程度ですが……)は、一応知っておいた方が良いでしょう。

そこで今回は、大安、仏滅、先勝、先負、友引、赤口の意味と読み方などについてお話したいと思います。

六曜の日付の順番とルール

六曜は、旧暦の暦に対して割り振られるのですが、記載される順番が決まっています。

ルール1.六曜の順番

六曜は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順番で繰り返します。つまり、旧暦の1月の場合、1日の先勝で始まり29日の大安で終わるということです(旧暦の1月は29日まで)。

ルール2.六曜の月の1日

六曜は1月から12月まで、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口がずっと繰り返されるわけではありません。

それぞれの旧暦月の1日に当てられる六曜が決まっているため、1か月毎にリセットされるというルールがあります。旧暦月の1日に当てられる六曜は以下の通りです。

各旧暦月の1日の六曜
1月1日、7月1日|先勝
2月1日、8月1日|友引
3月1日、9月1日|先負
4月1日、10月1日|仏滅
5月1日、11月1日|大安
6月1日、12月1日|赤口

ルール3.六曜の運勢

先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口にはそれぞれ運勢があります。ただし、運勢と言ってもゲン担ぎや占いに近いものだと思ってください。十干十二支も同じようなものですね。

十干十二支とは「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の干支と「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」の十干(じっかん)を組み合わせた60種類(60日)で構成された古代中国の暦のことです。

現在では単純にこの60種類をカレンダーに当てはめて表現しています。

十干十二支とは?2017/2018/2019/2020年の戌の日一覧

大安(たいあん、だいあん)

大安とは、六曜の中で最も吉の日で、何事においても成功をする日とされています。

特に、結婚式や結納、子どもにかかわるお祝い行事は大安を選んで行われることが多いですね。また、新しい物事の始まりにも適した日とされるため、地鎮祭や引っ越しなど環境が変わる日として選ぶ人も多いです。

また、何事においても成功する日という意味とは反対に、この日には何も行うべきではないと解釈する場合もあります。これは七曜で言う日曜日の意味です。七曜では日曜日は安息日ですからね。

仏滅(ぶつめつ)

仏滅とは、六曜の中で最も凶の日で「仏も滅するような大凶日」という意味があります。

大安とは反対で、結婚式やお祝い事、環境が変わる日は仏滅を避けることが多いですね。結婚式が仏滅の場合、本人たちは気にしていなくても、出席者の中に気にする人がいる可能性もあります。

ちなみに、仏滅割引をしている結婚式場もあるため、本人と出席者さえ気にしなければお得ではあります。

また、単純に大凶日という意味とは逆に、物が一旦滅びて新たに作られる日なので、物事を始めるには一番良い日であるという解釈もあります。

ほらね……解釈次第でしょ(^_^;)

先勝(せんしょう、さきがち、せんかち、さきかち)

先勝とは、「先んずれば勝つ」という意味があり、とにかく急いだ方が良いとされている日のことです。

先勝の定義は、「万事 あさよりひる迄にすればさわりなし ひるすぎより日暮まではわるし」と伝えられているため、午前中に物事を行うことは悪くはないが、午後から日暮れまでの間に物事を行うことは凶と解釈します。

先負(せんぷ、さきまけ、せんまけ、せんぶ)

先負とは、「先んずれば負ける」という意味があり、急いでは良くないとされている日のことです。

先負の定義は、「万事 あさよりひるまでわるし ひるすぎより日暮までさわりなし」と伝えられているため、午前中に物事を行うことは凶、午後に物事を行うことは悪くはないと解釈します。

友引(ともびき、ゆういん)

友引とは、もともと「勝負なき日と知るべし」という意味があり、勝負事は全て引き分けになる日とされていました。

ところが、明治ごろになると、葬儀などを行なうと災が友に及ぶという意味になりました。反対に、結婚式などのお祝い行事を行うと、共(友)に吉と言う場合もあります。

友引の定義は、「友びきとて半よし うまのときわるし 此日そうれいいたすべからず 大いにいむべし」と伝えられているため、午前11時から午後1時は凶、それ以外に物事を行うことはまあまあ良い、ただし葬式を行ってはいけないと解釈します。

赤口(しゃっく、しゃっこう、じゃっく、せきぐち)

赤口とは、物事を始める場合は午の刻(午前11時から午後1時)のみ吉で、それ以外は凶とされています。

赤には火や刃物という意味があり、「死」を連想するものに注意しなければいけません。

赤口の定義は、「此日もあく日也 よろずいむべし ただし うまのとき一ときさわりなし」と伝えられているため、物事を行うことは凶、ただし午前11時から午後1時は悪くはないと解釈します。

また、一般的に物事を行うには適していない日ですが、法事を行うことだけは良いそうです。

六曜で縁起の良い順番は?

六曜において縁起の良い順番が話題になることがありますが、受け取り方は地域や人にもよります。一般的には、縁起の良い順に大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅です。

上記を簡単にまとめると以下の通りです。

六曜で縁起の良い順番
大安|1日通して吉
友引|午前11時から午後1時のみ凶
先勝|午前は凶ではない、午後は凶
先負|午前は凶、午後は凶ではない
赤口|午前11時から午後1時のみ凶ではない
仏滅|1日通して凶

赤口、仏滅はどちらも厄日ですが、午の刻だけはお祝い行事を行っても良いため赤口の方だ良いと考える人もいれば、最も悪い日だからこそ新しいことを始められる仏滅の方が良いと考える人もいます。

六曜をどう考えれば良いか

おそらく、個人的にあまり重要視していなくても、結婚やお祝い行事、法事などは両親や親戚などの家族、年配者が絡むため、六曜を考慮して日取りを決めなければいけないと考える人は多いでしょう。

わたしもどちらかというとそういう考え方で、正直、結婚式が仏滅だとしても、わたし自身はあまり気にしません(^_^;)

出席者に六曜を気にする人がいたり、六曜が常識だと思う人がいる可能性を考えると、ある程度は配慮した方が角が立たないでしょう。

調整が取れない予定以外は、お祝い行事には「大安」や「友引」を選びますし、朝が早い場合は「先勝」、午後のお祝い行事なら「先負」を選びます。今のところお祝い行事で、うっかり「仏滅」や「赤口」を選んだことはないはずです。

調整が取れない予定は出産などですが、たとえ赤ちゃんが仏滅や赤口に産まれたとしても、それを気にしたら産まれてくる赤ちゃんが可哀想ですよね。もう一度言いますが、六曜が広まったのは明治時代ですよ。

ところで、先勝、先負、赤口はどう読むかで揉めたことないですか?

それぞれの六曜の紹介に書いた通り複数の読み方がありますし、これまで何度か漢字や意味が変わっているそうです。やっぱり六曜の意味や定義ってブレブレですね……。

そもそも日本のものでもないですし、それほど古いものでもありません。しかも、賭場でゲン担ぎに使われていたものをなぜこんなに重視しなければいけないのか……。

面倒なのでなくなって欲しいんですけど……。ちなみに、中国ではもう使われていません。

記事のURLとタイトルをコピー