小児科の対象年齢は何歳から何歳まで?受診できる症状や病気は?

赤ちゃんの診察

この記事の読了時間は約 5 分です。

赤ちゃん・子供の病気やケガは必ず小児科?

地域の病院にはさまざまな専門の医科があります。専門医科の病院だけでなく、総合病院も多くの医科に分かれていますね。

一般的な病気は内科、手術などが必要な病気やケガは外科、耳や鼻の病気は耳鼻科、出産するなら産婦人科、肌が荒れれば皮膚科など、身体に何か異変が起こったり、健康を損ねた場合は、症状に応じた専門医科にかかることが普通です。

では、子供を専門的に診る小児科とは、どのような病気や症状に対応するための医科なのでしょうか。「子供の病気だから~~」と、何でも小児科で受診すれば良いのでしょうか。

また、小児科というくらいなので対象年齢や、受診できる年齢制限などの定義はあるのでしょうか。

今回は、子供の健康に必須な小児科の利用についてお話したいと思います。

小児科で受診できる病気やケガとは?

小児科とは、元々内科から分化した医科、つまり”小児に特化した内科”のことです。そのため、子供によくある発熱や体調不良、身体の違和感を感じる場合は、まず小児科で受診します。

取り扱う病気や症状は、病院の規模や医療技術・設備によって異なりますが、風邪などの一般的なウイルス感染症から、高度な医療技術を必要とする内科系疾患まで受診・相談できます。

そのうえで、もしより高度な専門医療技術が必要な場合は専門医科、手術が必要な場合は「小児外科(しょうにげか)」などを紹介されます。この流れは大人と同じです。

また、小児科のWEBサイトや看板などで乳幼児健診、予防接種などが診察内容に記載されているかを気にする人もいますが、多くの小児科ではこれらは当たり前なので、あまり心配する必要はありません。

では、明らかにケガをして頭から血を流していたり、骨折をしている子供も小児科に行けば良いのでしょうか。

もちろん、小児科はかかりつけ医の役割を持っているため、よく行く小児科で相談をしても良いのですが、誰が見ても症状が明らかなら総合病院や小児外科に行くとワンクッションはいりません。

子供に小児科かかりつけ医制度が必要な理由は?特徴とメリット

小児外科とは

小児科と小児外科の違いを簡単に言うと、内科と外科の違いと同じです。ただし、「こどもはおとなのミニチュアではない」と言われる通り、子供は大人にはない身体特性があるため、単純に外科に行くよりは小児外科を受診した方が専門的な医療を受けられます。

具体的に小児外科に関係する病気について、日本小児外科学会は以下の見解を示しています。

受け持ち範囲は呼吸器(気管・肺など)・消化器(食道から肛門までの消化管・肝臓・膵臓など)・その他のお腹の中の臓器(腎臓・脾臓など)・皮膚軟部組織(皮膚・皮下組織・筋肉など)などです.これらの臓器の外科的な病気,腫瘍などを治療します.
泌尿生殖器(腎臓・尿管・膀胱・外陰部など)はふつう泌尿器科の守備範囲ですが「こどもはおとなのミニチュアではない」という言葉はここでも通用します.

引用|小児外科とはどんな科? — 日本小児外科学会

ちなみに、心臓や血管の病気は高度な専門医療が必要なため、心血管外科医の守備範囲となり、整形外科や脳神経外科の病気を小児外科で扱うことはほぼないそうです。

小児科の対象年齢は何歳から何歳まで?

次に小児科を利用する年齢制限についてです。そもそも小児科とは、子供を専門的に診るための医科のことで、0歳の新生児から診察対象になります。

そして、小児科の対象年齢の制限は、大人と同じ量の薬を服用できる15歳(中学生まで)ごろとされています。ただし、16歳が小児科で受診できないわけではありません。

日本小児科学会では、小児科での診療対象年齢の目安を20歳までとしています。

小児科が診療する対象年齢を、現在の「中学生まで」から「成人するまで」に引き上げること、そして、その運動を全国的に展開することを、平成18年4月に決定しました。これまで小児科に通院していた15~20歳の方はもちろん、これまで小児科に通院していなかった15~20歳の方も、どうぞ、気軽に小児科医に御相談下さい。

引用|小児科医は子供達が成人するまで見守ります|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETY

たとえば、小児喘息やアトピー性皮膚炎、てんかん、小児麻痺、心臓疾患などの先天性疾患を持っている子供が15歳になっても、すぐに一般的な内科や皮膚科などに変更する必要はありません。

一方、日本小児外科学会では、従来通り0歳から15歳までが診療対象との見解を示していますが、日本小児科学会と同じように、子供のときの手術が関係する病気などは、大人になっても小児外科医が診る必要があるとしています。

小児期の病気を治療するので患者さんはこども中心になるのは当然です.しかし,おとなになってからでもこどものときの手術が関係する病気は小児外科医が診る必要があります.小児外科で手術する病気については成人外科医や内科医はほとんど知らないといってよく.その病気の特性についての理解が十分にできないからです.

引用|小児外科とはどんな科? — 日本小児外科学会

どちらにしても、慢性的な疾患や症状を持つ子供が、小児科・小児外科から病院を変える必要があるかどうかは、医師と相談をして決めるようにしましょう。

子供の病気を大人と比べない

まず、わたしたち母親が子供の健康を守るためにすることは、近所に良いかかりつけの小児科を持つことです。子供の普段の症状や特徴を把握してもらい、いざという時に他の専門医科を紹介してもらう必要があります。

子供の良い小児科・かかりつけ病院の選び方、決め方のポイント

赤ちゃんが生まれて1年半ほどは、予防接種や定期検診も含めて頻繁に小児科に行くため、その間に子供に起こりやすい病気、よくある症状でどの医科に行った方が良いかなどを相談すると良いでしょう。

もし、子供の身体に高度な専門医療が必要な自体が起こった場合は、「こども病院」を頼ります。ただし、こども病院は全ての都道府県にあるわけではありません(2017年11月現在)。

全国に30院ほどの小児専門医療技術を持つこども病院一覧

うちも息子が生まれてすぐに、こども病院で手術を受けることになりましたが、経過観察などは車で片道1時間以上かけて通っていました。もっと遠くから来ている人もいましたし、治療のために引っ越しをした人もいました。

このような子供の医療行為に特化した病院があるのは、やはり子供自体に特性があるためでしょう。

前述した通り、「こどもはおとなのミニチュアではない」という言葉は、わたしたち母親も肝に銘じておく必要があります。決して大人の症状と比較して安易な判断をせずに、医師や専門家を頼るようにしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー