赤ちゃんが手を握り返す理由は?把握反射が弱い・消えない場合は

17fd2ee3cc62f81458f7ef7affd0cfed

この記事の読了時間は約 3 分です。

手を握り返す赤ちゃんが可愛い

ある日、赤ちゃんが起きているところに遭遇したパパは、軽く握られた赤ちゃんの小さな手の平を指で触ってみました。すると、パパの指をギュッと赤ちゃんが握り返してきました。

「おぉぉーー、◯◯が握り返してきた!可愛いいなぁぁ。パパの指ってわかるのかな!」
「はいはい、興奮しすぎ。あと、赤ちゃんが指を握ってくるのは反射だから。」

というわけでパパが興奮する気持ちはわかりますが、赤ちゃんは手の平を触れられたことを意識して握り返しているわけではありません。もちろん、パパの指だとわかっているわけでもありません。

この赤ちゃんの反応は、赤ちゃんが生きるために備わっている「原始反射」という反射行動の1つで「把握反射(はあくはんしゃ)」と言います。

今回は、赤ちゃんが手を握りかえす手掌把握反射についてお話したいと思います。

把握反射(はあくはんしゃ)とは

赤ちゃんの把握反射には、「手掌把握反射(しゅしょうはあくはんしゃ)」と「足底把握反射(そくていはあくはんしゃ)」があります。

手掌把握反射は手に触れたものをつかもうとして指を握り込む反射行動のことで、足底把握反射は足の裏に何かが触れたときに足の指をギュッと握り込む反射行動のことです(足底把握反射は原始の記憶の名残と言われている)。

どちらも、物を掴むことを助けるために無意識に起こっている反応で、冒頭で赤ちゃんがパパの指を握り返したのは、手掌把握反射が起こったからです。

把握反射の出現・消失時期

手掌把握反射は妊娠28週ごろに出現し、生後4-6か月ごろに消失します。一方、足底把握反射は妊娠28週ごろに出現し、生後10か月ごろに消失します。

ただし、それぞれの原始反射には個人差があり、全ての赤ちゃんが同一時期に出現・消失するわけではありません。また、反射の強さも赤ちゃんによって異なります。

把握反射が弱い・見られない・消えない場合

原始反射は、脳幹によってコントロールされています。脳幹は、延髄(えんずい)、橋(きょう)、中脳(ちゅうのう)が中心となって構成された中枢神経系のことで、生存のために必要な脳幹の発達から感情表現をできる大脳辺縁系の発達、さらに論理的思考の大脳の発達につながっていきます。

参考|【下巻】1.脳と発達|資生堂社会福祉事業財団

そのため、生後4-6か月までの赤ちゃんに手掌把握反射が見られない場合は、脳幹の発達に何らかの障害が起きている可能性を考えなければいけません。

また、生後6か月ごろに消失すべき手掌把握反射が1歳ごろになって見られるなど、一定期間を大幅に超えて残ってしまう場合も、自閉症などの発達障害の可能性を疑います。

もちろん個人差があるということを理解したうえで、小児科に行って確認をすると良いでしょう。

赤ちゃんの原始反射が見れたら喜んで!

成長時期に合わせて原始反射が見られること、または消失時期に原始反射が見られなくなることは、赤ちゃんが順調に育っているという証拠です。

パパは手掌把握反射を理解してして、「なんだ……嬉しくて握り返したんじゃなかったんだ……。」とがっかりするかもしれませんが、赤ちゃんが生後10か月を過ぎてパパの手を握り返して来たら、それは赤ちゃんの意志によるものなので大いに喜んでください。

それ以前は、個人差はありますが単なる原始反射と考えた方が良いですね。

原始反射にはさまざまな種類があり、生後4-6か月以降に消えていくものばかりです。育児に慣れないママはバタバタして心身ともに忙しいなか、原始反射を見てまずは喜び、それがなくなっていく様子を見て赤ちゃんの成長を感じてください。

動画で見る赤ちゃんの原始反射の種類まとめ!役割や消失時期

赤ちゃんの成長の過程で何気ない小さな発見することで、より「この子をがんばって育てていこう!」という気力に変えることができると思います。

記事のURLとタイトルをコピー