お食い初めの献立や食器、歯固めの石はどうする?正式なやり方は

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

お食い初め(おくいぞめ)とは

赤ちゃんには色々なお祝い行事がありますが、「お食い初め」はあまり馴染みがない部類だと思います。ママになって初めて聞いた人も多いでしょう。

地域によって、「真魚初め(まなはじめ)」「箸揃え(はしぞろえ)」「お箸初め(おはしぞめ)」「百日祝い(ももかいわい)」など別の呼び方もあります。

お食い初めは、赤ちゃんとの生活が落ち着いてきた生後100日・110日・120日の何れかに行うお祝い行事で、「子どもが一生食べ物に苦労しないように」という願いを込めて、祝い膳を囲んで食事をする儀式のことです。

と言っても生後100-120日と言えば、離乳食が始まっていないどころか、まだ歯も生えていない赤ちゃんもたくさんいます。そのため、本当に赤ちゃんがご飯を食べるわけではありません。

お食い初めの実施割合

ベビータウンのアンケート調査によると、今の夫婦がお食い初めを実施する割合は以下の通りです。

馴染みが薄いお祝い行事にしては、実施率が80%近くもあります。やはり、赤ちゃんにとって食事が大切だと考えられているからでしょうか。生後3-4か月が経ち、多少は生活が落ち着くことも実施率が高い要因かもしれません。

夫婦だけで行う|30.2%
パパの親と行う|15.8%
ママの親と行う|15.1%
両家の親と行う|10.9%
親以外の親戚も|4.3%
親戚以外の人も|0.4%
行なわなかった|23.2%

0歳-1歳の赤ちゃんの6つのお祝い行事とは?夫婦で行う割合は?

お食い初めのお祝い方法

お食い初めを行う場所は和食割烹やホテルでも良いのですが、今は夫婦それぞれの両親を自宅に招き、祝い膳を用意して行うことが一般的です。

赤ちゃんにはお食い初め用の食器(漆器)を用意し、その場の年長者が箸で赤ちゃんに祝い膳を食べさせる真似をします。お食い初め用の正式な漆器が用意できない場合は、新しい赤ちゃん用の食器を用意しましょう。

一通りの料理を赤ちゃんに食べさせる真似が終わったら、赤ちゃんを囲んでみんなで食事をしてお祝いをしてあげてください。

お食い初めの時期ですが、赤ちゃんの生後100・110・120日目は目安です。地方によって違いもあるため、あまりこだわる必要はないと思います。

お食い初めに使う漆器

お食い初めに使う漆器と祝い膳は、ママの両親が揃えて贈ることが習わしです。赤ちゃんが男の子の場合は父方の紋で朱塗り、女の子の場合は母方の実家の紋で黒塗りの漆器を用意します。

お食い初め用に正式な漆器を用意すると、お膳、飯椀、高坏(白木の三方)、汁椀、つぼ椀、平椀の漆器セットだけで3万-5万円ほどします……。碗皿は土器(素焼き)、箸は柳の白木箸が正式なセットです。

紋なしでお盆、飯椀、汁椀、丸皿、スプーン、箸という簡易的な御膳セット(今後も使えるもの)でも1万円台です。お食い初めの儀式にこだわりたい人はどうぞ。

わたしは、普段使える離乳食用の食器で済ませましたが、以下の竹製のお食い初め用セットも可愛いですし、後々使えるので良いと思います。

お食い初めの料理の献立と作法

お食い初めの正式な料理

お食い初めで用意する祝い膳は、一汁三菜(いちじゅうさんさい)を用意します。一汁は汁物を1品、三菜は料理を3品、そしてご飯を合わせた5品という意味です。

正式なメニューは、「ご飯にの上に小さな握り飯をのせた赤飯」「飾り紐や敷き葉を添えた尾頭付きの鯛(鯉)の焼き物」「にんじんが含まれる野菜の煮物」「にんじんと大根が含まれる紅白を意識した香の物(酢の物)」「はまぐりのお吸い物」の5品です。

・ご飯(赤飯)
・お吸い物
・焼き魚(鯛)
・煮物
・香の物

上記を意識すれば、簡易的でメニューで良いとは思います。また、お膳には「歯が丈夫になるように」という意味を込めた「歯固めの石」を添えます。

お食い初めの正式な作法と順番

赤ちゃんに食べさせる真似は、両親の中でも年長者が行います。赤ちゃんが男の子なら男性、女の子なら女性が食べさせる真似をするのが正式なお食い初めのやり方です。

食べさせる真似の順番は、「ご飯、汁物、ご飯、真魚、ご飯、汁物」を3回繰り返し、最後に箸を歯固めの石に触れてから、赤ちゃんの歯茎(または歯)にあてます。

歯固めの石とは

歯固めの石とは、お膳に添える小石のことで、赤ちゃんがずっとご飯が食べられ丈夫な歯が生えるようにと願いを込めるものです。

最近では、お食い初めの料理を仕出し業者に注文した際に「歯固めの石」も用意してくれることがありますが、正式にはお宮参りの際に神社から授かったり、神社の境内から拾った石を使います。

神社で拾ってきた石を使う場合は、お食い初めが終わったら元の場所に返しましょう。

お食い初めのお祝いのお返し

もしお食い初めでお祝いをもらったら、形式上はお返しが不要とされています。お七夜同様、料理でお返しとするかお菓子でお返しをしてください。

・帯祝い・お七夜祝い・お食い初め祝いなどは一般的に不要
・初節句・七五三祝いは基本的に御礼状で、内祝いを贈る場合は子どもの名前で贈る
・入学・卒業・成人式祝いは基本的に御礼状で、内祝いを贈る場合は子どもの名前で贈る
・就職祝いは基本的に御礼状で、お世話になっている人にはお返しを贈る
・新築祝いは食事会に招待するなど、内祝いを贈る場合は世帯主の名前で贈る
・定年退職祝いはお礼状を贈る
・お中元・お歳暮はお世話になっている人には同額返しをした方が無難

内祝いとお祝い返しの違いとは?金額・のし・水引など基本マナー

ただ、お祝いやお祝い返しは人によって何が常識なのかよくわからない場合もあります。

そのため、現金をもらったらお返しをした方が無難です。お返しの金額の目安は3分の1から2分の1の物を贈り、物をもらったらお菓子などをお返ししましょう。

お食い初めは地域で方法が変わる

これまでに、帯祝い、お七夜、お宮参りと済ませてきたママにとっては、赤ちゃんのお祝い行事はもう慣れたものですね。

全てを正式な儀式に則って行う必要はありません。なぜなら、正式なやり方と言っても、実際に行っていたのは昔の貴族や偉い人ですから。

お食い初めは、「真魚初め」「箸揃え」「お箸初め」「百日祝い」などの別名があるように、地域によってやり方や献立、添え物が変わる場合があります。たとえば、梅干しを添えて、皺ができるまで長生きするように願いを込めるなどです。

赤ちゃんのお祝い行事は、昔の風習をしっかりと踏襲しなければいけないという事はありませんが、どちらの両親も口を出したがることがあります。そのため、お互いの両親に気を使う方が大変かもしれません。

わたしたちも赤ちゃんの思い出のために日本の伝統行事を重んじたいところですが、正直面倒な風習もたくさんあります。

簡易的にできるものは時代に合わせて負担がかからないようにすると、関係者の負担も小さくなります。もちろん、お互いの両親が気を使わなくて済むように、正式な作法を把握した上で「わたしたちは今の簡易的なやり方で行いたい。」と提案しましょう。

お食い初め用のお弁当も売られているので、祝い膳の用意が負担な人はそちらも検討してみてください。

記事のURLとタイトルをコピー