批判もある迷子ひも(幼児用ハーネス)の必要性と正しい使い方

0912b396ef1bfe124166e671281220ee

この記事の読了時間は約 7 分です。

迷子ひも(幼児用ハーネス)とは

迷子ひもとは、子どもの腰などに括りつけた紐を親が持ったり、腰やかばんに結びつけることで、子どもが急に道路に飛び出したり、人混みの中で迷子になることを防ぐための幼児グッズのことです。

迷子ひもの種類はいくつかあり、子どもの服につけたり、ハーネスタイプになっていたり、リュックに付いているタイプなどがあり、ほとんどが紐の着脱が簡単なものばかりです。

迷子ひもは、2-3歳の子を持つ親にとっては便利なものだと思いますが、「子どもをペットのように扱うな!」「親の怠慢に子どもを付き合わせるな!」などの批判もあり、使いづらい状況があります。

個人的な意見を言うと、迷子ひもが必要なママやパパは積極的に使うべきですし、迷子ひもがもっと世間に受け入れられるべきだと思います。

ただし、ベビーカー同様、使い方と使う場所を選ぶ道具なので、ママは迷子ひもを使うときは十分注意しなければいけません。

親が子どもに間違った迷子ひもの使い方をしたり、安易な使い方をしてしまうと、本当に迷子ひもを使わないと子育てに支障が出る親が使いにくくなってしまいます。

そこで今回は、子どもに迷子ひもを使う必要性と正しい迷子ひもの使い方についてお話したいと思います。

子どもに迷子ひもを使う必要性とは

必要性1.子どもが突発的な行動をとるため

2歳までは歩いているのか走っているのかわからなかった子どもも、3歳近くになると運動能力が高まり、走るスピードが格段に早くなります。

普段から運動不足で、買い物袋を抱えたママだと追いつけないかもしれません……。

しかも、子どもは何も言わずに突然ダッシュします。興味が有るものを見つけても、「あっ!○○見つけた!」と言わずに走り出すので、よっぽど反射神経が良くないと止められません。

必要性2.小児肘内障を起こさないため

「しっかり手をつなげば迷子ひもなんかいらない!」と言う人は、子どもの負担も考えましょう。大人がかがんでも、手をつなぐ子どもは手を上げたままの状態です。

しかも、子どもに危険があって親がとっさに手を引っ張ると、肘を亜脱臼する小児肘内障が起きる可能性があります。

子どもの肘が抜ける!小児肘内障の原因と症状・予防・治療法

必要性3.子どもは手を繋いでいられないため

根本的にママと手をつなぐことが好きな子もいれば、嫌いな子もいます。しかも、その気分は日によって変わります。

後もう少しで公園に着くという手前の道路で手を振り払って走りだし、ヒヤッとした経験は何度も……。子どもに言い聞かせても、危険を想像できないため同じことを繰り返します。

ちなみに、「手を振り払えないように強く握る」というのは手の大きさが違うため、子どもと手をつないだことがある人なら難しいとわかるはずです。

必要性4.学習に時間がかかるため

「道路に飛び出しちゃいけないよ。」
「車が来るから危ないよ。」
「道路を渡るときは左見て、右見て……。」

これらをしっかり子どもに教えれば良いという人もいますが、これくらいのことはママなら当たり前のように教えています。

実際、子どもは3歳ごろになると「ハイ、目の前に道路があるよ。どうすれば良いかな?」と言うとちゃんと止まって左右を確認して、手を上げて渡れます。

ところが、普段は理解はしていても「ママの言うこと<好奇心」になるため、学習したことを忘れて突発的な行動を取ってしまうんです。

必要性5.ママが他人に迷惑をかけたくない

子どもはダーッと走りだしたかと思うと、突然周囲の人に話しかけることがあります……。幸い良い人が多いのでニコニコしながら「こんにちは。」と言ってくれますが、相手にもよります。

また、スーパーに行くといつの間にか他人の買い物カゴを漁っていることもあります……。

ママは子どもの行動に対して他人に会釈をしたり、「すいません。」「ごめんなさい。」を毎日しています。これは意外とストレスが溜まります。

必要性6.子どもの自主性を大切にするため

子どもの行動を正しく躾するのはとても重要ですが、単純にあれダメ!これダメ!と規制すると、子どもは親の顔色を伺うようになります。

そのため、ある程度の自由を与えながら、危険に巻き込まれず、他人に迷惑もかけない手段として、迷子ひもの範囲内ならある程度好きなことができるのはとても効率的です。

毎度子どもを叱るのも気力体力を使いますし、子どもが危険な目にあってつい怒鳴ってしまうとママは自己嫌悪に陥ってしまいます。

必要性7.兄弟姉妹全てを見られないため

主にこれらの理由が迷子ひもを使った方が良い理由ですが、兄弟姉妹など子どもが2人以上になると労力は3倍、4倍に跳ね上がり、スーパーに行っただけでどっと疲れます。

「ママーあれ乗るー。」とカートに乗り、「ママー降りるー。」と降り、「ママー抱っこー。」「ママーお菓子見てくるー。」「ママー疲れたー。」「ママーもう帰るー。」「ママートイレー。」「ママーピッてやるー(無人レジ)。」……たまらん……(-_-)

スーパーなのでわたしも大きな声は出せませんし、3-4歳になると怖い顔を作っても意味がありません。早いとこ退散して外で鬼になるしかありません……。

迷子ひもの正しい使い方とは

このように迷子ひもの必要性がある中で、なぜいまだに「ペットみたい。」「育児の手を抜いている。」と誤解されてしまうのでしょうか。

それは、迷子ひもの便利さにかまけて、正しく使っていない親が一部にいることも原因の1つでしょう。

正しい使い方1.使用中は目を離さない

迷子ひもを使っていても、子どもから目を離して良いわけではありません。

スマホを触ったり、ママ友とおしゃべりをするために迷子ひもは使わないようにしましょう。それこそ本当にペットみたいに見えます。

正しい使い方2.強く引っ張らない

迷子ひもはあくまでも子どもがどこかに行ってしまい、危険な目にあったり、迷子になったりしないための道具です。

そのため、ママが子どもを引き寄せるために、迷子ひもを引っ張る使い方はしないでください。子どもがママから離れたら、ママが迷子ひもを手繰り寄せて子どもに近づいてください。

正しい使い方3.嫌がったら無理に使わない

「何となく迷子ひもがイヤ!」という子もいれば、明確に「犬みたいだからイヤ!」と理解できる子もいます。そのため、子どもが迷子ひもを嫌がったら無理に使わないようにしましょう。

その場合、「ママも紐を使うのは嫌だから、○ちゃんも道路ではママから離れないで。」と理由を明確に説明してください。

正しい使い方4.紐を短く持ち手をつなぐ

移動の際に迷子ひもを長くして、紐だけを持つ迷子ひもの使い方は、明らかにペット用のリードにしか見えません。

また、歩いているときに迷子ひもを長くすると、たまたま人が間に入った場合や、自転車のサドルなどの障害物に絡まって危険です。

迷子ひもでつながっていても、あまり長時間にならないように手をつなぐことも忘れないようにしましょう。

正しい使い方5.大通りや混雑する場所でのみ使う

迷子ひもは、車の通りがある場所やはぐれる恐れがある場所、スーパーや駅など人が多い場所でのみ使うようにしましょう。

広い公園や支援センターなど、遊ぶ場所ではちゃんと迷子ひもをはずして子どもを自由に遊ばせてください。遊ぶ場所なら、ママも子どもの様子を見られるはずです。

正しい使い方6.長時間の使用を避ける

いくら子どもの周囲が危険だらけでも、迷子ひもを長時間つけていると子どもがストレスを感じます。

ママは、いつどのタイミングで子どもに迷子ひもを付けるのか予めイメージして、子どもに負荷がかかりすぎないように注意しましょう。

正しい使い方7.迷子ひもを付けても躾は怠らない

たとえ迷子ひもを使っていても、「道路に飛び出しちゃいけないよ。」「車が来るから危ないよ。」「道路を渡るときは左見て、右見て……。」という基本的なことは日々ちゃんと教えましょう。

そして、子どもがルールを守って行動できるようになったら、迷子ひもを使うのはすぐにやめましょう。

迷子ひもを批判する気持ちはわかるが…

世間の人が迷子ひもを見て、「ペットみたい。」「育児の手を抜いている。」という気持ちはわかります。

迷子ひもを使っているママは、「子どもが危険な行動をしなければ、迷子ひもは使わない。」と言うでしょう。ただ、現実はそんなに簡単ではありません。

実際に子どもが危険な目にあって、心臓が破裂しそうになるのはママです。そして、ケガをして痛い思いをするのは子どもです。そのため、迷子ひもを使う判断は世間ではなくママがするべきです。

もちろん、今正しい迷子ひもの使い方をしていないママがいると、本当に迷子ひもを使いたくても使えないママが増えることは間違いありません。

わたしも一度だけママ友が使っている迷子ひも(リュックタイプ)を使わせてもらいましたが、たしかに子どもを見失っても近くにいることがわかるため便利だと思いました。

幸いわたしは、2人の子どもたちと人混みに行くことが少なく、行くときは夫もいっしょだったため、迷子ひもを使う必要がありませんでした(スーパーでは使いたかった……)。

というわけで、迷子ひもを使おうかどうしようか迷っているママは、一度販売しているお店で試すことをおすすめします。それで普段抱えているママの悩みが解消されそうなら、使い方を守って積極的に使ってみましょう。

批判的なことを言われるかもしれないというのは覚悟の上になりますが。

記事のURLとタイトルをコピー