3割が誤用!一姫二太郎の意味や由来は?初産は女の子が良い理由

0da90f30108714925717deaf183479fc

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

意外と知らない一姫二太郎の意味とは

何気ない世間話や子どものことを話しているときに、「一姫二太郎」という言葉を使ったり、聞いたりすることがありますが、これはどのような意味でしょうか。

「一姫二太郎なんて、当たり前に知ってるよ!」と正解を答えられる人は、10人中6人だそうです。これは、少し古い調査ですが平成12年に文化庁が行なった「国語に関する世論調査」で明らかになったものです。

4a860d7f1b28fdc887170a6493ec7a7d

引用|文化庁 | 文化庁月報 | 連載「言葉のQ&A」

全年代での回答結果の割合は以下のようになっています。

・1人目の子は女、2人目の子は男が理想的だという意味|60.9%
・子どもは女1人、男2人であるのが理想的だという意味|33.7%
・意味は分からない|5.4%

一姫二太郎とは、「最初は女の子で、次が男の子という順番に産まれてくることが理想的だ」という意味です。

これは決して姉1人、弟1人の2人姉弟が良いと言うお話ではなく、最初に産まれるのは女の子が良く、次に産まれるのは男の子の方が良いというだけのことです。

意外と年配の方も一姫二太郎の意味を知らずに使っていることが多く、10代と50代の4割が「子どもは女1人、男2人であるのが理想的」という間違った使い方をしていました。

では、なぜ子どもを産むなら女の子が最初で、男の子が次の方が良いのでしょうか。

今回は、一姫二太郎が使われる様になった理由や由来についてお話したいと思います。

一姫二太郎の由来1.家長を産めなかった慰め

昔の家庭では、男の子が家を継ぐ役割(家父長制)があったため、最初の出産では男の子が望まれていました。

これは、日本だけではなく、昔の中国やヨーロッパでも同様で、古くは紀元前の古代ローマからあるものだそうです。

そのため、最初に産まれた子が女の子だった場合に、母親に対して男の子を産まなければいけないというプレッシャーをかけないため、「最初は女の子の方が良いのよ。」と慰める意味で「一姫二太郎」を使い始めた説があります。

たしかに、男の子の出産が望まれていた時代であれば、女性が出産に対してプレッシャーを感じることも理解できます。その時代でわたしが同じ立場なら、「次は頑張らないと……。」と逆にプレッシャーが増す気もしますが……。

男児が家を継ぐというと、もしかしたら天皇家や旧家、伝統芸能の家庭などは、今でも「一姫二太郎」の意識が強く、妊婦への慰めやプレッシャーを避ける風習があるかもしれないですね。

一姫二太郎の由来2.女の子は育てやすい

女の子は男の子に比べておとなしく、夜泣きも少ないうえに、病気にもなりにくいため育てやすいと言われています。

そのため、初めて育てる子が女の子の場合、子育てに慣れてから2人目を産むことができ、落ち着いた子育てができます。

さらに、男の子は女の子に比べると乳児死亡率が高く、女の子の方が安全に子育てをすることができました。実はその傾向は今もあります。

出生性比=年間の男子出生数÷年間の女子出生数×100
死亡性比=年間の男子死亡数÷年間の女子死亡数×100

3555e1561ba9979b5311ca32efa62c53

参考|厚生労働省:平成22年度 「出生に関する統計」の概況
参考|男女別乳児死亡数(エクセル)

出生性比と死亡性比の比率を見る限り、女の子よりも男の子の出産割合の方が高いのですが、乳児死亡も多いことがわかります。これは乳児期に限らず、どの年代でも女性の死亡数よりも男性の死亡数の方が多いそうです。

ただし、今の乳児死亡率はとても低いため、男の子を出産しても、心配をしすぎる必要はありません。乳児死亡率などに関しては以下を参考にしてください。

新生児死亡・周産期死亡・乳幼児死亡の定義や違いと死亡率の推移

一姫二太郎の由来3.母親が自分の経験と重ねられる

ママは男の子の身体の仕組みや気持ちがわかりません。パパも女の子の身体の仕組みや気持ちがわかりません。

ただ、昔から子育てはママが中心になることが多いため、ママは自分の経験と重ねられる女の子の方が、気持ちを理解した子育てをできます。そのため、先に女の子が産まれた方が、その後の子育ても楽になることが多いでしょう。

たしかに、いくらうちの娘が男勝りで、全く言うことを聞かないわがままな暴れん坊でも、わたしが娘のちょっとしたことに気がついてあげやすいことは理解できます。

また、ママは育児で自分の母親を頼ることが多いと思いますが、その場合、母親にとってはママ(女の子)を育てた経験があるため、「わたしのときはどうだった?」と聞くことができます。

一姫二太郎の由来4.よくお手伝いをしてくれる

女の子はママの言うことをよく聞いて、お手伝いをしてくれる傾向があります。うちは上が息子なのでよくわかりませんが、ママ友に聞くとやっぱり上がお姉ちゃんの方がよくお手伝いをしてくれるようです。

また、女の子は成長するとよりママのマネをするようになります。そのため、ママが長女の育児をしてきたように、ママのマネをして弟たちのお世話を積極的にしくれる傾向があります。

下の子をあやしたり、哺乳瓶で授乳するだけでなく、おむつを替えたりなど……男の子よりも女の子の方が成長が早いのがわかるような気がします……。パパよりよっぽど頼りになるかもしれませんね……(^_^;)

一姫二太郎の由来5.ママの話し相手になる

今どきの女の子は、ママやアニメ、ディズニープリンセスなどの影響で3-4歳ごろには、おしゃれや”カワイイ”に目覚めます。

自分で服を選んだり、アクセサリーを選んだり、ときには思い通りの髪型にできなくて憤慨したり……。

そのため、小学生くらいになるとママと話が合い始めます。おしゃれ好きなママと共通の趣味を持って話ができたり、いっしょにお買い物に行って、ちょっとスイーツをつついたりなど、立派なお友だち感覚ですね。

娘の恋の悩み相談や性の悩み相談に乗ったりなど、話好きな女性にとってはママと娘の関係以上の時間ができると考えると、上の子が女の子だった方が、ママの楽しみが早く訪れるのかもしれません。

一姫二太郎の由来6.女の子の方が出産が楽

厚生労働省の「平成22年度乳幼児身体発育調査」によると、男女の出生時の身長と体重は、以下のように男の子の方が少し大きくなっています。

男子の出生時の体重|2.98kg
女子の出生時の体重|2.91kg
男子の出生時の身長|48.7cm
女子の出生時の身長|48.3cm

月齢別赤ちゃん・子どもの平均体重と平均身長の一覧

男の子の方が骨格が大きく、身長や体重が女の子に比べて大きいとなると、出産するのも男の子の方が大変だということになります。

出産は、初産婦よりも経産婦の方が楽だということは知ってますよね。そのため、最初に身体が小さい女の子を産んだ方が体が楽ですし、実際に産道が広がるため、2人目をスムーズに出産することができます。

一姫二太郎のデメリットは?

一姫二太郎のメリットを挙げるとどれもそれなりの理由があり、何となく女の子、男の子の順番の方が良いのかもと思えます。

特に、初めて子どもを産むママにとっては、子どもが産まれたらどう楽しみたいかよりも、とにかく無事に健康で産まれて欲しいという気持ちの方が強いはずです。

実際、男の子の方が乳児死亡率が高く、病気にかかりやすいというデータは多く存在しています。そのため、わずかですが女の子の出産・子育ての方が安心できるというママもいるでしょう。

もちろん、一姫二太郎もメリットばかりではなく、以下のようなデメリットもあります。

・おさがりが着られない
・遊び道具の共有ができない
・習い事が違うので大変

まぁ、これは男男、女女でない限りは、必ずしも初産が女の子である必要はありません。うちは、上が男の子で下が女の子ですが、同じようなデメリットはあります(デメリットというほどではないですが)。

ちなみに、一姫二太郎について色々調べていたところ、「一姫二太郎三なすび」という言葉をあちこちで見かけました。

「えっ?なにこれ。初めて聞いたんだけど……。」と思って調べると、どうやら作家の筒井康隆氏が作った造語で、「狂気の沙汰も金次第 (新潮文庫)」という本に書いてあるそうです(読んではいないので真偽の程は不明)。

これは単純に「一富士二鷹三なすび」と語感が良いので、掛け合わせただけとのことです。

記事のURLとタイトルをコピー