赤ちゃんの抱き癖は本当に直すべき?抱っこの影響はいつから?

この記事の読了時間は約 9 分です。

抱き癖はいつから始まる?

生後2-3か月くらいからでしょうか……泣いている赤ちゃんを抱っこしようとしたらお姑さんから「抱き癖がつく」と釘を刺される場合があります。

泣いている赤ちゃんをあやすために抱っこばかりしていると、「抱き癖がつく」という言い回しは割とよく聞きますね。

抱き癖のアドバイスは年配の方から聞くことが多く、そのアドバイスを聞いて赤ちゃんの抱っこを躊躇するママも多いと思います。

一般的に抱き癖がつくのは、ママを認識し始めた生後3-4か月ごろからと言われています。つまり、赤ちゃんはママを認識して、抱っこをして欲しいから泣いて、抱っこをされると満足して泣き止むということになります。

そう考えると、「たしかに抱き癖があると困るかも……。」とママが考えることも仕方ないですし、年配の方からのアドバイス通り、あまり抱っこしない方が良い育児ができそうな気もしてしまいます。

ところが、抱き癖のアドバイスは間違いで、最近の育児ではたとえ抱き癖が付いても、どんどん抱っこをしてスキンシップをとる方が良いというのが定説になっています。

そこで今回は、抱き癖による影響がどのようなものなのか、また赤ちゃんを抱っこで泣き止ませることのメリット・デメリットなどについてお話したいと思います。

抱き癖とは

抱き癖とは、赤ちゃんが泣いているときに抱っこをしてあやしてばかりいると、赤ちゃんが抱っこを要求する癖がついてしまうというものです。抱っこ癖とも言いますね。

では、年配の方は赤ちゃんに抱き癖が付くと、どのような悪影響があると言っているのでしょうか。

抱き癖による影響1.抱っこしないと泣きやまない

赤ちゃんが泣いたときに抱っこをしてあやすと、抱っこをしないと泣き止まない赤ちゃんになってしまうという話があります。

ただし、赤ちゃんが泣いている理由は様々です。抱き癖があるから泣いているのか、もともと泣いて訴える傾向が強い子なのかは誰にもわかりません。

1つ言えるのは、もし赤ちゃんが抱き癖のせいで泣いているのであれば、それはママに抱っこされていないと不安になるということです。

裏を返せば、ママに抱っこされると安心するほど赤ちゃんがママを認識して、信頼しているということです。これは本来嬉しいことじゃないでしょうか?

抱き癖による影響2.甘えん坊・泣き虫に育つ

赤ちゃんに抱き癖がつくと、泣くことでママに対応してもらえると学習するため、甘えん坊に育ったり、泣き虫に育ったりするという話があります。

赤ちゃんは、生後6か月から2歳ごろにかけて、発信行動、接近行動、定位行動という親子の信頼関係を確かめる「愛着行動」を行います。

そのため、その時期に子どもが甘えん坊になったり、泣き虫になるのは当たり前のことで、抱き癖がつくからではありません。

子どもの愛着行動の意味とは?親子の愛着関係の形成に必要な要素

抱き癖による影響3.心肺機能が育たない

赤ちゃんをたくさん泣かせなければ呼吸器や心肺機能が成長せずに、健康な子どもに育たないという話があります。

真偽はわかりませんが、もし赤ちゃんが泣いて心肺機能が育つとしても、手足を動かしたり、寝返り、ハイハイをした方が心肺機能は高まりますし、その時期はすぐにやってきます。

そのため、仮に赤ちゃんが泣いて心肺機能が育つとしても、心肺機能の成長のためにわざわざ泣かせておく必要はないと思います。

抱き癖による影響4.太りやすくなる

泣いている赤ちゃんをすぐに抱っこしてしまうと、エネルギーを消費できずに太りやすい体質になるという話があります。

もちろん、赤ちゃんはミルクを飲みすぎて太ってしまったり、他の子に比べて代謝が悪い場合もあります。

ところが、一般的に赤ちゃんの1日の基礎代謝は体重1kg当たりで大人の2倍以上あり、栄養を取り続けなければ低血糖になってしまう方が怖いんです。そのため、抱き癖がつくと太りやすくなることはありません。

9663d6c0c144e3cb745403167f1ecb48

引用|日本健康運動研究所-1日の基礎代謝量、必要摂取カロリー

抱き癖による影響5.寝付きが悪くなる

泣いている赤ちゃんをすぐに抱っこしてしまうと、泣き疲れることがなくなり、寝付きが悪くなるという話があります。

赤ちゃんは大人ほど体力もなく、体力の配分もできません。また、基礎代謝も高いため体力の消耗が激しく、何もしなくても疲れてしまいます。そのため、泣き疲れで寝付きが良くなることは本当だと思います。

たしかに、泣かせ尽くし(cry it out)という寝かしつけ方はありますが、その方法が有用かどうかは家庭事情にもよるでしょう。

また、赤ちゃんは毎回泣き疲れて眠るわけではないため、抱き癖がつくから寝付きが悪くなると考えるのは違うのではないかと思います。

海外の寝かしつけ・夜泣き対策は添い寝・あやしなしで放置…は本当?

ママが赤ちゃんを抱っこするメリット

さて、抱き癖でよく言われる影響は、特に悪いものではないことがわかりましたね。では反対に、ママが赤ちゃんをどんどん抱っこしてあげるメリットはあるんでしょうか。

抱っこのメリット1.安心感が生まれストレスが軽減される

赤ちゃんはママに抱っこされることで愛情を感じます。これは科学的にも証明されていて、ママの抱っこなどのスキンシップにより愛情ホルモンの「オキシトシン」が赤ちゃんの脳内で分泌されます。

オキシトシンは赤ちゃんの血圧を抑え、ストレスを軽減して、不安や恐怖感を抑える効果があります。また、オキシトシンは鎮痛効果や、集中力を高める効果もあります。これはいわゆる「手当て」ですね。

さらに、オキシトシンは赤ちゃんに触れているママにも分泌されます。つまり、ママが赤ちゃんを抱っこするとお互いに気持ちが落ち着き、ストレスが軽減し、愛情が深まるということです。

ちなみに、オキシトシンは母性本能を示す代表的な女性ホルモンでもあり、妊娠や授乳によって分泌されることでも知られています。

母性本能の意味とは?ママの子どもに対する愛情は本能?感情?

抱っこのメリット2.親子の愛着関係を深められる

赤ちゃんは、泣いたらママに抱っこしてもらえると学習することで、ママに対する信頼感が増します。信頼感が生まれるため、ママに対して愛着が湧くようになります。

赤ちゃんがママを信頼し、お互いに愛情を抱く関係を「愛着関係」と言います。赤ちゃんは、愛着関係を築くために泣いたり、甘えたりという愛着行動をとるようになります。

愛着関係は、赤ちゃんの心の成長だけではなく、身体機能の成長にも大きな影響を及ぼすことが知られています。

子どもの愛着行動の意味とは?親子の愛着関係の形成に必要な要素

抱っこのメリット3.感情表現が豊かになる

赤ちゃんが泣いていることには理由があります。そのため、泣いている赤ちゃんを放置すると、「泣いても意味がない」という学習をしてしまいます。

欲求を叶えてくれる存在がいないことは、赤ちゃんにとって大きなストレスになり、感情表現の成長に影響を及ぼします。

感情を表現できない赤ちゃんをサイレントベビーと言い、サイレントベビーに至るまでに受けるストレスによって心身が不安定なまま成長したり、乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因になるとも言われています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因や確率は?予防法はある?

反対に泣くことでママの抱っこが期待できることを赤ちゃんが学習すると、徐々に声を出したり、目を向けたりなど、その他の表現を試してママの気を引こうとするようになります。

このように赤ちゃんの感情は、愛着関係にある対象が自分に対して反応してくれることで豊かに育っていくものです。

ママが赤ちゃんを抱っこするデメリット

ママが赤ちゃんを抱っこすることはとても良いことですが、いくつかデメリット……というか注意する点があります。

抱っこのデメリット1.身体が辛い

赤ちゃんは体重3kg前後で産まれ、生後1か月過ぎには1.5倍の4.5kg前後、生後3-4か月には倍の6kgほどになります。そして、1歳になるころには9kg前後にまで育ちます。

月齢別赤ちゃん・子どもの平均体重と平均身長の一覧

よく考えると、これだけの重りを持って1日何時間も立ったり、座ったり、揺らしたりという筋トレをしたことがある人はほとんどいないはずです。そのため、筋肉痛、腰痛、肩こり、頭痛には悩まされると思います。

抱っこのデメリット2.ストレスが溜まる

たしかに、ママが赤ちゃんをたくさん抱っこして、スキンシップをとることで早く愛着関係を築くことは大切です。

ところが、「赤ちゃんが泣いたら必ず抱っこしなきゃ……。」「赤ちゃんは抱っこしなきゃダメなんだ……。」と抱っこ信仰が強すぎると、抱っこへの強迫観念が大きなストレスになる場合があります。

抱っこのデメリット3.抱っこ以外の工夫ができない

「うちの子は抱っこするとすぐ寝るから、毎回抱っこで寝かせるよ。」というママがいたとしましょう。赤ちゃんの抱っこが、肉体的にも精神的にも苦にならなければ、問題ありません。

ただ、赤ちゃんの寝かしつけが「抱っこ」だけだと、後から困ります。赤ちゃんを抱っこで寝かしつけることがダメなのではなく、抱っこしか入眠儀式がないことが怖いんです。

寝かしつけは0歳児だけではなく1-2歳児にも行いますし、3-4歳の子でも寝かしつけが必要な場合があります。

そのときに、ママがお腹・背中をトントンする、子守唄を歌うなど、抱っこ以外の入眠儀式がなければ……1歳児の体重は9-11kg前後、2歳児は12-13kg前後、3歳児は14-15kg前後…………抱っこできるかな……(^_^;)

早めに入眠儀式を作ると子どもが成長しても楽に寝かしつけられます。そのため、少しずつ抱っこ以外の泣き止ませ・寝かしつけを工夫する必要があります。

入眠儀式とは、赤ちゃんや子どもが眠るときに行うルーティーンのことです。以下の入眠儀式5か条に基づいた寝かしつけ行為を意識してみてください。

後から楽になる入眠儀式5か条
1.ママの身体に負担がない儀式
2.ママがイライラしない儀式
3.準備に時間がかからない儀式
4.場所が変わっても行える儀式
5.ママじゃなくてもすぐできる儀式
寝かしつけが楽になる入眠儀式5か条とおすすめ入眠儀式

赤ちゃんは常にかまってあげることが大切

最近では出産でお世話になる病院でも、「泣いたらどんどん抱っこしてください。」と指導することが多いようです。わたしもそのように指導を受けました。

「でも、うちの子重すぎてそんなに長い間抱っこできないし……。」

もちろん、ママに無理のない範囲で赤ちゃんを抱っこすることが良いのですが、赤ちゃんとコミュニケーションを取る手段は抱っこだけではありません。

単純に赤ちゃんに触れるだけでも、愛情ホルモンの「オキシトシン」は分泌されます。ママが手に荷物を持っている場合は、笑顔で話したり、たくさん表情を作るだけでも赤ちゃんとコミュニケーションが取れます。

ママが家事をしていて赤ちゃんが離れたところにいる場合は、「○○ちゃーん、すぐいくよー。」と声掛けをするだけで、赤ちゃんは安心感を得られます。

また、赤ちゃんの首がすわってしばらくすると、赤ちゃんをおんぶしながら家事などを行うことも可能になります。

おんぶ育児で家事と子育て両立!おんぶ育児のメリットデメリット

赤ちゃんが泣いていたらママの体力に合わせて抱っこでスキンシップをとり、抱っこできないときは赤ちゃんに触れたり、語りかけるなどして、常にかまってあげることが大切です。

そのため、ママは赤ちゃんを「抱っこしちゃダメ」「抱っこしなきゃダメ」という、両極端には考えないようにしましょう。

3歳までの子育てに親子のスキンシップが必要な理由と8つの効果

記事のURLとタイトルをコピー