生後6か月ハーフバースデーのお祝い方法や飾り付け等の注意点

86d1be46efffc3172cde42e36a1d3ab9

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

最近増えてきた赤ちゃんのお祝い行事

赤ちゃんは生まれてから1歳になるまでに、有名な6つのお祝い行事があります(ただし帯祝いは生まれる前)。

以下どのお祝い行事にも共通するのは、赤ちゃんの無事を神様に感謝し、これからの健康な成長を願ってお祝いするというものです。

0歳-1歳の赤ちゃん行事1. 妊娠5か月目の戌(いぬ)の日|帯祝い(おびいわい)
0歳-1歳の赤ちゃん行事2. 生後7日目|お七夜(おしちや)
0歳-1歳の赤ちゃん行事3. 生後31日目or32日目|お宮参り(おみやまいり)
0歳-1歳の赤ちゃん行事4. 生後100・110・120日目|お食い初め(おくいぞめ)
0歳-1歳の赤ちゃん行事5. 3月3日or5月5日|初節句(はつぜっく)
0歳-1歳の赤ちゃん行事6. 満1歳の誕生日|初誕生(はつたんじょう)

0歳-1歳の赤ちゃんの6つのお祝い行事とは?夫婦で行う割合は?

上の記事でも触れましたが、最近は「ハーフバースデー」というお祝い行事もあり、若いママ中心に赤ちゃんの生後6か月をお祝いする行為が増えているそうです。

そこで、「何だか楽しそう!ハーフバースデーやってみたい!」というママのために、どのようなお祝いなのか、どのようにお祝いをすれば良いのかを調べてみました。

今回は、ハーフバースデーの由来、お祝い方法、服装、注意点などについてお話したいと思います。

ハーフバースデーとは

ハーフバースデーとは、2000年代に入ってから若いママたちを中心に徐々に広がってきた生後6か月の赤ちゃんをお祝いするイベントのことです。1歳の半分なのでハーフバースデーです。

元々はアメリカで学校に通っている子どもたちが誕生日会をする際、休日・祝日と重なってお祝いができない子どものために、6か月前に誕生日を祝おうという風習から始まったものだそうです。

つまり、赤ちゃんにはあまり関係ありません……(^_^;)

ハーフバースデーを取り入れるのは、海外のイベントが好きな日本人らしいですよね。赤ちゃんの生後6か月というと、お食い初め(生後100・110・120日)と同じくらいの時期です。

お食い初めの献立や食器はどうする?料理の正式な順番と意味

ハーフバースデーは新しいイベントなので、しきたりや作法などはありません。若いママたちは古い風習にとらわれず、自分たちのやり方で赤ちゃんをお祝いし、素敵な思い出を作っています。

ではわたしたちは、赤ちゃんのハーフバースデーをどのようにお祝いすれば良いのでしょう。

今回は、ハーフバースデーのお祝い方法や気をつけることがあるかについてお話したいと思います。

ハーフバースデーを楽しむお祝い方法

ハーフバースデーで気になることは、どんな風に赤ちゃんをお祝いしてあげるのかということ。でも、ハーフバースデーのお祝い方法に決まりはありません。

そのため、家族だけでお祝いしても良いですし、両親を呼んでも、お友だちを呼んでも大丈夫です。赤ちゃんが生後6か月を迎えたことをみんなと喜びましょう。

お祝い方法1.部屋を飾り付け

ハーフバースデーが流行っているのは、ママが部屋を可愛く飾り付けたいから!という理由もあります。

わたしも息子、娘の誕生日にはしっかりと準備して飾り付けをしていますが、ハーフバースデーも同じようにペーパーファンや切り文字、バルーンなどを用意して、部屋を華やかな雰囲気に飾り付けます。

ただし、気をつけるのは飾り付けの高さです。まだ生後6か月なので、しっかりお座りができない子もいます。せっかくきれいに飾り付けたのに、赤ちゃんが見られないのはかわいそうです。

赤ちゃんと綺麗な飾り付けが離れていると良い写真も撮れないため、1メートルくらいの高さから飾り付けをすると良いでしょう。

お祝い方法2.赤ちゃんをドレスアップ

赤ちゃんもしっかりドレスアップしましょう!赤ちゃん用ドレスは、2,000-5,000円前後です。男の子は襟付きシャツがおしゃれでかっこ良いですね。

1歳過ぎまでは何度か着られるように、少々大きくても良いと思います。サイズで考えると80~くらいですかね。

以下のサイトも参考にしてみてください。ハーフバースデーの飾り付けやデコの作り方、バルーンなんかも載っています。

参考|ハーフバースデー自宅で記念撮影セット|バースデーバンク

お祝い方法3.好きな料理を用意

赤ちゃんのお祝い行事といえば祝い膳です。でも、祝い膳は日本の伝統なので和食ばかり。たまには洋食や中華も食べたい!ということで、好きな料理を準備しましょう。

ママががんばって作っても良いですし、ピザやその他ケータリングを頼んでも良いでしょう。とにかく堅苦しい料理にしないところが、日本の伝統的なお祝い行事とは違うところです。

ただし、赤ちゃんは離乳食かミルクですよ。

お祝い方法4.誕生日ケーキも用意

生後6か月だと、離乳食が進んでいる子もちらほらいますよね。離乳食が進んでいる子なら、ハーフバースデー用ケーキが食べられるかもしれません。

クックパッドで、「ハーフバースデー ケーキ」と検索すると、離乳食でそれっぽく作られたハーフバースデー用ケーキが出てきます。赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせて、ハーフバースデーケーキに挑戦してみましょう。

参考|ハーフバースデー ケーキのレシピ 70品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが237万品

ただし、まだ赤ちゃんのアレルギーが全部わかっているわけではありませんし、固形具合によっては吐いてしまう子、下痢をする子もいます。絶対に無理はしないでください。

お祝い方法5.とにかく写真・ビデオ撮りまくり

なぜハーフバースデーをするかって?そりゃあ、写真や動画を撮りまくるためでしょ!

これまでも何気ない日常生活をたくさん写真や動画で記録していると思いますが、ハーフバースデーという記念の日に写真や動画を撮りまくると、やっぱり普段とは違う気がします。

人によってはSNSに投稿することもあるとは思いますが、赤ちゃんも1人の人間です。プライバシーには十分気をつけて、なるべく内輪だけのスペースや問題がなさそうな写真だけにしておきましょう。

お祝い方法6.プロカメラマンに記念撮影を依頼

お宮参りや七五三では、写真館などでプロのカメラマンに写真を撮ってもらいますよね。でもなんだか堅苦しい……。

ハーフバースデーを盛大にお祝いしたいなら、カメラマンの出張サービスを使って、普段のラフな格好や全く違う姿をカメラで撮ってもらいましょう。

堅苦しくない写真をプロのカメラマンに撮ってもらって両親にプレゼントすると、とても喜ばれますよ。ちょっとお金使いますけど(^_^;)

カメラマンの出張サービスの料金は以下を参考にしてください。

参考|東京都内のカメラマン出張サービスの相場価格まとめ13選! – くっくす!
参考|出張カメラマンの見積り料金まとめ【2015年】

お祝い方法7.形に残る記念を残す

よくあるのは、赤ちゃんの手形足形のスタンプを色紙に残すというもの。これは簡単ですし、わかりやすいですよね。

ちょっと凝りたいなら粘土細工の最後の手入れを赤ちゃんにしてもらったり、ペンを持たせて最後の筆入れをしてもらうのも良いですね。とにかく、赤ちゃんが手を加えたものが形に残ることが素敵です。

お祝い方法8.おもちゃをプレゼント

ハーフバースデーは赤ちゃんが主役です。赤ちゃんのためにおもちゃを用意してあげましょう。

もし、ハーフバースデーパーティーに誰かを招待するなら、会費を募って赤ちゃん用のおもちゃを買ってあげても良いでしょう。

もちろん全てが記録に残るように、プレゼントと全員で写真やビデオを残しておくことを忘れずに。

ハーフバースデーの注意点

ハーフバースデーの日付

ハーフバースデーは赤ちゃんが4月1日生まれなら10月1日に行います。でも3月31日だと9月……31日がない!その場合は、9月30日or10月1日で問題ないと思います。

もしくは6か月なので、365÷2=182.5日で生まれた日に182.5日を足して前後2日のどちらかを選ぶ方法もあります。どちらにしてもハーフバースデーは伝統行事ではないので、参加者の都合の良い日にしましょう。

ハーフバースデーの日程変更

ハーフバースデーパーティーをするときは、招待するお友だちに先に話しておくことがあります。

それは赤ちゃんの体調次第で予定日が変わるかもしれないことです。そのため、たくさんの人に可愛い赤ちゃんを見て欲しくても、家族や仲の良い友人に限定するのが吉ですね。

ハーフバースデーの時間

ハーフバースデーパーティーの開催時間は、赤ちゃんの生活リズムに合わせて行います。生後5-6か月のお昼寝時間に注意しましょう。

・夜睡眠時間|5時間毎、長い時は8-10時間寝る
・お昼寝時間|午前1時間、午後2-3時間
・睡眠時間計|12-14時間程度

知っておくと便利な赤ちゃんの月齢別睡眠・お昼寝時間の目安

生後5-6か月の赤ちゃんは1日2回以上お昼寝しますし、母乳もたくさん飲みます。もちろん、おむつもバンバン替えなければいけません。

そういった都合を理解してくれる人でなければ、ハーフバースデーパーティーに呼ぶことは辛いですね。赤ちゃんの都合は、赤ちゃんがいなければわからないため、主催者側が注意するところだと思います。

ハーフバースデーは家族の協力が不可欠

ママが「ハーフバースデーって素敵!絶対お祝いしたい!」と思っても、生後6か月の赤ちゃんを育児しながら、ママが中心になって飾り付けや料理などの準備を行うことは大変です。

そのため、ハーフバースデーをお祝いしたいなら、「たった1回だけのハーフバースデーだから、どうしても可愛い思い出を残してあげたい!」という思いを旦那さんや家族に相談して、時間を作ってもらいましょう。

もし、旦那さんの仕事が忙しくて時間が取れない場合は、仲が良い子持ちの友人に協力を依頼しても良いと思います。

とにかく、1人で全てを準備するのは大変だということは覚えておきましょう。

もちろん、ハーフバースデーの準備に一生懸命になって、いちばん大切な主役の赤ちゃんを放っておかないようにしてくださいね(^_^;)

記事のURLとタイトルをコピー