フォトワとは?七五三、お宮参り、出産記念におすすめの出張写真撮影サービス

fotowa_001

この記事の読了時間は約 14 分です。

プロのカメラマンに思い出を残してもらいたい!

お宮参りや七五三など、記念日に写真館(フォトスタジオ)で記念撮影をしてもらったことはあると思います。他にも、成人式や結婚式の前撮りなど、「このイベントは写真館での撮影がセット!」というイメージの行事はいくつかありますね。

うちもお宮参り、七五三のときは写真館で撮影してもらいましたが、やっぱりプロが撮った写真は素人のわたしの写真とは全然違います。娘も七五三の写真を見て、「かわいい!もう一回撮りたい!」と言うくらいです。

じゃあ、ハーフバースデーや運動会など、イベント毎は全部写真館で撮ってもらえば良いかというと、そうではないですね。

ハーフバースデーは家、運動会はグラウンドで行うものですし、わざわざ写真館に行くのは変です。しかも、写真館の撮影は、アルバムやデータなど含めて最低4-5万円から……。「お宮参りや七五三の撮影も、値段が高いから正直やりたくなかった……。」という人はいるはずです。

そこで活用して欲しいのが、カメラマン(フォトグラファー)の出張撮影サービスです。

出張撮影サービスはいろいろありますが、「フォトワ(fotowa)」は、カメラマン(フォトグラファー)をマッチングしてくれる今までにないサービスで、おすすめできるメリットがいくつもあります。

今回は、人生のイベントをきれいな思い出として残せる出張撮影サービス「フォトワ」活用のすすめをお話したいと思います。


フォトワ(fotowa)とは

フォトワとは、写真素材を販売する「PIXTA」が2016年から展開している出張撮影サービスです。

と言っても、写真館やフォトスタジオ、またフリーのカメラマン(フォトグラファー)が行っている出張撮影サービスとは違い、全国のフォトグラファーと撮影を希望する人をマッチングするサービスです。

フォトワは現在とても成長しています。そして、今後も成長の可能性が高いサービスです。

ピクスタ<3416>が運営する出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」が、2018年3月1日に2周年を迎えた。2017年の年間撮影件数は前年比7.8倍に増加。中でも20代女性の利用者が15.7倍、50代以上の利用者も9.6倍に増え、幅広い層に利用されている。

引用|ピクスタ—出張撮影プラットフォーム「fotowa」前年比で撮影件数7.8倍、20代女性の利用は15.7倍に増加 | 個別株 – 株探ニュース

1.フォトワの出張撮影料金

フォトワの出張撮影料金は、2パターンしかない明朗会計です(平日or土日祝日)。撮影料金は時間単位で決まっています。基本は1時間で、それ以上の場合は「時間×料金」と考えます。

フォトワの出張撮影料金
平日|19,800円(税込21,384円)/時間
土日祝日|23800円(税込25,704円)/時間

「1時間って短い気がする……。」いえ、そんなことはありません。例えば、写真館で撮影すると実際の撮影時間は30分もかかりません。

他には衣装合わせや準備などで30-60分ほどです。もちろん人数やカット数にもよりますが、衣装合わせ、準備、撮影、写真選び全部合わせて60分で終わることも珍しくありません。

2.出張撮影料金の内訳

fotowa_009

フォトワには、写真館のようにアルバムやフォトフレーム、ポストカードなどのセットオプションはなく、撮影データのみを後からネット経由で受け取る仕組みです。

また、写真館でもらえる撮影データは10-20カットほどなので、75カットのデータ納品はかなり魅力的です。フォトワの出張撮影料金の内訳は以下の通り。

フォトワの撮影料金の内訳
・交通費含む出張料金
・60分の撮影時間
・カメラマンの指名料
・75枚以上の写真データ納品

3.撮影可能なジャンル

フォトワの登録カメラマン(フォトグラファー)に撮影してもらえる主なジャンルは、七五三、お宮参り、ニューボーンフォント(出産記念)、お食い初め(百日祝い)、誕生日、入園卒園・入学卒業、成人式・1/2成人式、カップル、ペット、家族写真、ハーフバースデー、その他があり、カメラマンによって得意なジャンルは違います。

その他にも、プロフィール写真、パーティー写真、結婚記念日や還暦のお祝いなど、カメラマンが得意としているジャンルの撮影を聞いたうえで、出張撮影を依頼できます。

fotowa_008

「え?きれいな写真を撮るのにジャンルなんか関係ある?」と思ったあなた、ジャンルやシーン別の撮影は、経験値で写真のデキが大きく変わります。満足度も変わります。後で説明しますが、カメラマン(フォトグラファー)の撮影経験は重視しましょう。

カメラマンとフォトグラファーの違い

フォトワのサービスサイトでは、「カメラマン」と「フォトグラファー」が混在して使われているため、別物だと思った人もいるかもしれません。

日本で写真撮影のプロとして仕事をしている人は、「カメラマン」と呼ばれることが多いのですが、海外では「フォトグラファー」と呼ぶことが一般的です。また、日本でも写真家本人はフォトグラファーと名乗ることが多いようです。

カメラマンとフォトグラファーの使い分けは曖昧ですが、カメラマンは写真撮影だけでなく動画撮影を含めた機材を扱う人、フォトグラファーはフォトグラフと言うくらいなので(photoはphotographを省略した言葉)、写真撮影の機材を扱う人という解釈で良いと思います。

というわけで、フォトワサイト内では「カメラマン」という表記も、「フォトグラファー」という表記も、写真撮影をする人を表していると解釈してください。

以下、この記事では「カメラマン」で統一表記します。

フォトワの使い方1.出張撮影の予定が合うカメラマンを探す

フォトワの使い方は、他のWEBサービスと同じように最初に無料会員登録をしてから使います。簡単な流れは以下のとおりです。

フォトワの使い方の流れ
1.出張撮影を依頼したい日時・場所を決める
2.予定が空いているカメラマンを探す
3.気に入ったカメラマンを選ぶ(依頼をする)
4.予約成立のタイミングでカード決済される
5.ダイレクトメッセージなどで打ち合わせをする
6.出張撮影が行われる
7.後日サイト上から撮影データをダウンロードする

出張撮影の予約をし、空いているカメラマンに依頼をして、予約日に撮影をしてもらい、後から写真データをダウンロードするという流れです。では、まず出張撮影の予約の仕方から見ていきましょう。

fotowa_006

1.撮影場所を決める

まずは、撮影場所を決めます。撮影場所と言っても、細かい住所ではなく都道府県の選択です。2018年7月現在、フォトワのサービスは、以下の31都道府県で展開されています。

関東|東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
東海|静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
関西|大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国|岡山県、広島県、山口県
九州|福岡県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県
東北|福島県、青森県、岩手県、宮城県、北海道

ちなみに、東京都を選んでも東京住まいのカメラマンとは限りません。カメラマンが、周辺都道府県からやってくることもあります(もちろん料金は変わりません)。

2.撮影日を決める

次に、撮影日を決めます。ただし、11月15日の七五三、5月5日の端午の節句、3月3日の桃の節句、1月の第2月曜日の成人式などは写真撮影の需要が高く、かつイベントの日付がある程度決まっているため、周辺日程は混雑する可能性があります。

そのため、もしお目当てのカメラマンがいる場合は、早めに予約をいれた方が良いでしょう。

3.撮影時間帯を決める

撮影時間は、「00:00-23:00」の間で決めることができます。

フォトワのサービスは基本的に1時間のため、「13:00-14:00」ときっちり1時間選ぶようにしましょう。最初から2時間以上を希望する場合は、「13:00-14:00」と「14:00-15:00」という2枠の予約が必要になります。

時間は夜中や明け方を選んでも構いません。予定が空いているカメラマンがいて、双方で合意すれば出張撮影のサービスを受けられます。

フォトワの使い方2.カメラマンを選んで予約する

1.カメラマン一覧から選択する

出張撮影の場所(都道府県)、予定日、予定時間を選択して検索すると、このように予定が空いているカメラマンの一覧が表示されます。例では深夜の2:00-3:00を選択しましたが、この時間でも空いているカメラマンがいるようです。

fotowa_007

2.プロフィールやポートフォリオを見る

予定が空いているカメラマンのページを見て、プロフィールやポートフォリオを確認してください。

fotowa_011

こちらは、「BéBé Foto(ベベフォト)」という屋号でフリーのカメラマンとして10年以上の実績がある福田さんという方のプロフィールとポートフォリオです。

新生児の写真(ニューボーンフォト)やマタニティフォトを得意としているため、可愛い赤ちゃんの写真がいっぱい掲載されています。あー、これは記念に残したくなりますね。

fotowa_010

どのようなジャンルが得意で、どのような雰囲気の写真を撮影するカメラマンなのかを知ることはとても大切なので、じっくり眺めてください。

3.スケジュールを確認する

気に入ったカメラマンが見つかったら、カメラマンのページの下部のスケジュールから出張撮影の予約を入れましょう。

fotowa_012

希望する撮影時間の「〇」を選択すると、以下のポップアップ画面が出るため、「予約する」ボタンを押すと、予約リクエスト画面に遷移します。まだ予約はされていません。

fotowa_013

4.必要情報とカード決済情報を入力する

fotowa_014

予約リクエスト画面で、「撮影日時」「ジャンル」「撮影場所(場所名や住所など)」を入力します。撮影に許可が必要な場所や、撮影NGな場所もあるので注意しましょう。

次に写真データ受け取り後の支払いに使う決済情報を入力します。ページ下部の「カード情報を入力する」ボタンを押して、カード情報を入力し、最後に「確認ページに進む」ボタンを押します。まだ予約はされていません。

fotowa_015 fotowa_016

5.出張撮影の予約完了

最後に、予約リクエスト(確認)ページで、「利用規約に同意する」をチェックして、「予約リクエストを送信」ボタンを押します。これでカメラマンに対して、出張撮影の予約リクエストが完了しました。

後は、カメラマンが予約リクエストを承認すると、正式に出張撮影の予約が成立します。また、この時点でカード決済が行われます。

6.カメラマンとの打合わせ

カメラマンとは「質問する」ボタンから、ダイレクトメッセージを使って、打合せなどのやり取りをすることが可能です。ダイレクトメッセージでのやり取りはマイページに記録が残るため、いつでも確認できます。

予約リクエスト(確認)ページで「予約リクエストを送信」ボタンを押して、初めて出張撮影の予約リクエストが送信されるため、試しに以下から操作方法を確認したり、カメラマンのプロフィールを確認してみてください。

フォトワを使うメリット

出張撮影ができるカメラマンをマッチングしてくれるサービスは、今のところフォトワしかありません。ただ、出張撮影サービス自体は、前述した通り、写真館やフォトスタジオ、またフリーのカメラマンなどが行っているものもあります。

なぜ、フォトワを使うとメリットがあるのでしょうか。

1.料金が安い・わかりやすい

プロのカメラマンなどの撮影に関心がなければ、出張撮影料金の相場もわからないと思います。下記からいくつか例を挙げてみます(現在は料金や条件などが変わっています)。

参考|東京都内のカメラマン出張サービスの相場価格まとめ13選! – くっくす!
参考|出張カメラマンの見積り料金まとめ【2015年】

出張撮影料金の相場例
Aサービス:全国
撮影時間4時間:税別45000円+交通費:カット数無制限

Bサービス:東京23区内
撮影時間2時間:税別19000円~+交通費+追加料金の場合あり

Cサービス:移動時間による
撮影時間1時間:税別7000円+出張費10000円+機材費10000円

Dサービス:関東近郊
撮影時間2時間:税別24000円+出張費+他:カット数無制限

Eサービス:東京都・神奈川県
撮影時間1時間:税別20000-25000円:カット数160枚

詳細は上記のリンク先を確認して欲しいのですが、中にはフォトワと変わらない料金で撮影をしてくれるサービスもあります。また、1時間単位で見れば、フォトワより安いサービスもあります。

ただ、最低撮影時間が2時間以上だったり、出張費がいくらになるのかわからなかったり、追加料金の内訳がはっきりしないなど、何がオプションで最終的にいくらかかるかは問い合わせてみないとわからない、もしくは撮影がすべて終了しないとわからないという料金設定が多いように感じます。

2.日・時間の指定が柔軟

フォトワは、こちらの希望する日時で予定が空いているカメラマンをマッチングしてくれるサービスです。そのため、基本的には希望する日時ありきのカメラマンが見つかります。

通常の出張撮影は、写真館やフォトスタジオ、フリーのカメラマンなど、業者に出張撮影を依頼してから、業者との日程の調整が必要です。もしかしたら、業者の都合によって、予定を2時間早めなければ出張撮影をしてもらえないかもしれません。そのすり合わせが面倒です。

また、前述したとおり、フォトワはカメラマンの予定さえ空いていれば、深夜でも夜明けでも、クリスマスイブでもお正月でも、料金はそのままで出張撮影が可能です。

3.知らない旅行先でも使える

もし、結婚記念日や還暦祝いなどで遠方に家族旅行をした場合、地元の業者を知っていなければ、出張撮影を依頼することもできません。

フォトワを使えば、旅行先の都道府県で先にカメラマンを見つけて予約しておけば、後は現地で撮影をしてもらうだけです。

4.得意ジャンルのカメラマンを選べる

先程、カメラマンに依頼できるジャンルについて、このように書きました。

「え?きれいな写真を撮るのにジャンルなんか関係ある?」と思ったあなた、ジャンルやシーン別の撮影は、経験値で写真のデキが大きく変わります。満足度も変わります。後で説明しますが、カメラマン(フォトグラファー)の撮影経験は重視しましょう。

たとえば、先ほど紹介した「BéBé Foto(ベベフォト)」の福田さんは、新生児の写真(ニューボーンフォト)やマタニティフォトを得意としています。そのため、こんなにも可愛い赤ちゃんの表情やポーズの写真が撮影できます。

fotowa_010

もし、カメラマンが赤ちゃん撮影の経験がなければ、赤ちゃんをおくるみに包むどころか、ポージングさせることもできないでしょう。しかも、得意ジャンルがあるカメラマンは、そのジャンルに合う小物を持っていたり(小物を持参するカメラマンも多くいるそう)、そのジャンルならではの素敵に撮れるポーズや撮影手法を知っています。

そのため、得意ジャンルを選べることは大きなメリットなんです。

5.予定変更やキャンセルができる

フォトワでは、出張撮影の予約成立後でも、撮影開始予定日時から72時間以上時間があれば、キャンセル料なしでキャンセル可能です。

ただし、予定日時の72時間以内のキャンセルは撮影料金の50%、24時間以内のキャンセルは100%がキャンセル料になります。

キャンセルは、他の出張撮影サービスでも業者各自に取り決めがありますが、フォトワのようにサイト上の操作で気兼ねなく行えるのはありがたいはずです。もちろん、ダイレクトメッセージで予めカメラマンの了承を得たり、謝罪することは人としての礼儀です。

もし仮に、カメラマンを変えたい場合も、同じようにその人をキャンセルして、別の人に依頼することが可能です。

フォトワのデメリット・注意点

さて、これだけメリットがあるなら、記念日はぜひフォトワに!と思うかもしれませんが、注意点もあります。そこを間違えると、「やっぱり、写真館が良かったかなぁ。」となるかもしれません。

それは、カメラマン選びです。

フォトワでは、身元確認を行い、面談や撮影実践の審査に合格した人のみがカメラマンとして登録されています。

そのため、大抵のカメラマンは、スキルも人柄も問題ないとは思いますが、利用者にはどのような審査が行われているのかわかりません。

ましてや、初めて会って話をするのは出張撮影の当日です。そのため、会ってみて何となく気に入らない、性格が合わない、生理的に受け付けないという人が来てしまう可能性もあります。

では、なるべくカメラマン選びを失敗しないためにどうすれば良いのか…………ポイントをいくつかお話しましょう。

失敗しないカメラマンの選び方

失敗しないカメラマンの選び方と言っても、目からウロコのお話ではなく、すべて基本的なことなので、抜け漏れがないようにしてください。

1.プロフィールとポートフォリオをチェック

まず、しっかりとプロフィールを読み、これまでの実績・ポートフォリオを確認してください。

カメラマンのプロフィールを読むと、①以前写真館で働いていた、②現在フリーのカメラマンをしている、③専門学校でフォトグラフィを学んでいたなどの経歴がありますが、基本的には「以前写真館で働いていて、現在フリーのカメラマンをしている」というカメラマンに当たりが多い気がします。

スタジオ撮影と屋外撮影では、基本的に撮影環境が違いますし、被写体の動きも違います。そのため、どちらの知識も持っている人は、より写真撮影の経験値が高いと思って良いでしょう。

2.得意ジャンルが当てはまっているか

たとえポートフォリオに素晴らしい写真が並んでいたとしても、自分が撮影して欲しいジャンルを得意としていなければ、他のカメラマンを当たった方が良いでしょう。

3.レビューを読む

カメラマンのページには、フォトワで出張撮影を依頼した人のレビューが書かれています。そのカメラマンの何が良くて、何が期待できるのかは、実際に依頼した人が書いてくれています。

4.性別や年齢も大切

すべてがすべて当てはまるわけではありませんが、マタニティフォトを撮影してもらうなら、やはり女性の方が良いですし、男性ばかりが集まる場所に女性カメラマンが行くのは気が引けるはずです。

また、二十歳そこそこのカップル写真を70代のカメラマンに撮影してもらうのは、何だか感覚が合わないかもしれません。

5.実際に質問してみる

気になったカメラマンには、予約リクエストを送る前に質問をすることも可能です。カメラマンのページにある「質問する」ボタンから、ダイレクトメッセージを送って、撮影のことなどを聞いてみましょう。

たとえば、「◯◯のように撮影したいんですが、◯◯することは可能ですか。」のような感じです。メッセージのやり取りをすることで、わかることもたくさんあります。

6.依頼を多くこなしている

やはり、フォトワで多くの依頼をこなしている人には選ばれる理由があります。そのため、依頼を受けた数が多く、かつ星が5つの人を選ぶようにしましょう。

番外.良い機材を持っている

カメラマンのプロフィールには、主に使う機材が書かれています。カメラやレンズが良ければ腕が良い、というわけではありませんが、プロが使うレンズは何十万円もする機材です。そのため、引く手がなければ多くの機材は揃えられません。まぁ……番外ですね。

全額返金保証制度もある

フォトワの魅力は伝わったでしょうか。わたしも、フォトワのサービスを見て、息子と娘が生まれたときの写真を残しておきたかったなと改めて思いました。

女性は、出産のバタバタでそんなところまで頭が回りません。そのため、旦那さんが奥さんに出産の感謝を込めたプレゼントとして、赤ちゃんの可愛い写真を残してあげると、かなり喜んでもらえると思います(わたしの意見ですが……)。

さて、フォトワでは、もし出張撮影を終えて写真の出来に満足できなかった場合に、全額返金してくれる保証制度があります。なかなか大胆です。返金の対象は、以下の条件を満たす必要があります。

1.撮影物データのアップロードから2週間が経過しておらず、かつ、撮影物データについて所定の検収・受領手続き前であること(「写真受取」をクリックした場合、ユーザー会員による検収が完了し受領されたものと見なします。以降、返金保証は受けられません。)
2.所定のアンケートにすべて回答すること
3.事業目的又は営利目的による本サービスの利用、その他、ユーザー会員側に利用規約違反が一切存在していないこと

支払った料金全額が返金の申請をした翌月に、指定口座に振り込まれます(詳細は確認してください)。また、返金に際して、利用者には以下の義務が発生します。

返金を受付後、ユーザー会員は、撮影物のデータ(その複製も含む)すべてを直ちに自らのPCその他保存媒体から削除・抹消し、その後一切これを使用することはできません。違反時には、違約金等の対象になります。

返金の申請手順はフォトワサイト内の割と目立つ箇所にあるため、1度読んでみてください。

誰もが、人生の思い出はなるべく素敵に、きれいに、たくさん残したいはずです。それを気軽に実現できるサービスが「フォトワ」です。今後、このような使いやすいサービスがもっと増えてくれることを祈っています。

記事のURLとタイトルをコピー