クーファンは必要?いつまで使える?メリット・デメリットは

42a77978eccdd1d80c7005924cc88e38

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

クーファン(クーハン)知ってますか?

「赤ちゃんを入れるカゴをイメージしてください。」と言われたら、どのような物をイメージするでしょうか。

赤ちゃんを寝かせるカゴのようなベッド(入れ物)のことを「クーファン(クーハン)」と言います。

以前は多くのママが赤ちゃんを寝かせるために、クーファンに入れて育児を行なっていたのですが、最近ではそれほど見かけなくなりましたね。

わたしは2人の子育てにクーファンを使っていたため、メリットもデメリットも理解しています。もし、もう1人赤ちゃんができるなら、やっぱりクーファンを使って育児をすると思います。

では、クーファンを使って育児をするメリットとは何でしょうか。いつまで、どのようにクーファンを使いこなせば良いのでしょうか。

今回は、クーファンを使うメリットとデメリット、クーファンを使う時期などについてお話したいと思います。

クーファンとは

クーファンとは、幅40cm、奥行70-80cm、高さ20-30cmほどの持ち手が付いたカゴ状の寝具のことで、クーファンの中にクッションやちょっとしたベビー布団などを入れて赤ちゃんを寝かせたり、持ち手を持って少し移動するために使います。

赤ちゃんを入れて持ち運べるカゴのため、ベビーバスケットやベビーキャリーとも呼ばれます。

ベビーベッド以外に赤ちゃんを寝かせておく育児グッズは、ベビーラック、スイングラック、バウンサーなどもありますが、クーファンがそれらと違う1番の特徴は、赤ちゃんを寝かせたまま簡単に持ち運べることです。

そのため、”赤ちゃんを持ち運ぶ”ことにメリットを感じないママなら、クーファンは特に必要ないでしょう。

反対に、何らかの理由で外出時だけでなく、お家の中にいるときも赤ちゃんといっしょに移動する必要がある場合は、クーファンはとても便利です。

クーファンの種類と値段

クーファンの種類は主に3つあり、値段は4,000-15,000円前後と幅があります。値段、機能、利用環境によって、購入が必要かどうか検討してください。

種類1.シンプルかごタイプ

とてもシンプルなカゴタイプのクーファンです。特に機能があるわけではなく、カゴの中にクッションなどを敷いて使用します。

種類2.多機能バッグタイプ

現在よく使われるのはこの多機能バッグタイプのクーファンで、クーファン、おむつ替えマット、プレイマット、お昼寝布団、ポータブルバッグという5つの機能を持ったものが多いと思います。

3.専用クーファンタイプ

多機能バッグタイプから機能がなくなり、クーファンとしてのみ使えるものです。多機能バッグタイプよりも耐久性はありますが、僅かな期間しか使わないものなので少しもったいない気はします。

2人目、3人目が欲しい人には、耐久性が高いクーファンは良いですね。

クーファンを使うのはいつからいつまで?

幅40cm、奥行70-80cm、高さ20-30cmほどのクーファンのサイズをからわかる通り、クーファンの使用時期は新生児がメインです。

一般的に、クーファンは産まれたばかりの赤ちゃんのころから使い始め、赤ちゃんの成長や環境に合わせて、生後3-4か月ごろまで使用するものとされています。

赤ちゃんは、生後3-4か月を過ぎると身長60cmを超え、体重も産まれたときの倍ほどに成長します。さらに、その時期に首すわりが進み、身体を左右に動かす子が増えてきます。

早い子は生後3か月ごろ、一般的には生後4-5か月で約5割ほどの子が寝返りできるようになるため、クーファンで寝かせていると気がついたらはみ出していることもあります。

赤ちゃんの寝返りはいつから?練習方法と寝返り返りまでの流れ

シンプルかごタイプや専用クーファンタイプは、赤ちゃんにとってはもうお役御免です。赤ちゃんグッズを入れたり、シンプルなカゴとして使いましょう。

多機能バッグタイプは、おむつ替えマットやお昼寝布団として使うようにしましょう。

クーファンのメリットと利用シーン

何度もお話する通り、クーファンのメリットは赤ちゃんを寝かせたまま持ち運びができることです。

出産前のプレママにはイメージが難しいかもしれませんが、実際に育児をしていると大きなメリットを感じる人もいるでしょう。

メリット1.どこでも赤ちゃんが寝るスペースになる

赤ちゃんを近くに置いておきたいときに、わざわざベビーラックやバウンサーを移動するのは大変ですし、布団を敷くのは面倒です。クーファンがあれば、どこでもすぐに赤ちゃんが寝るスペースを作れます。

メリット2.ちょっとした移動で目が覚めない

「赤ちゃんを2階のベビーベッドに寝かせて、1階のベランダで洗濯物を干す」ということはよくあります。本来は目の届くところに寝かせたいのですが、移動の際に赤ちゃんを起こすと厄介です。

クーファンを使えば、なるべく起こさないようにそっと移動が可能です。

メリット3.外出先でも赤ちゃんのスペースができる

実家ならまだ良いのですが、お友だちのお家に赤ちゃんを連れて行ったときに、赤ちゃんをずっと抱っこしているのは辛いですよね。わざわざ布団を用意してもらうのも気を使います。

クーファンがあれば、ちょっと物を置かせてもらう感覚で赤ちゃんのスペースを作ることができます。

メリット4.お風呂にゆっくり入れる

赤ちゃんが寝ている間に1人でお風呂に入ることはあると思います。ところが、いつ泣き出すかわからないため、急いで5分以内にお風呂から出る人も多いでしょう。

わたしが最もクーファンを使っていたのは脱衣所です。脱衣所にクーファンを置いて、ドアを少し開けてお風呂に入れば赤ちゃんの顔を見ながらゆっくりお風呂に入ることができます。

クーファンのデメリットと注意点

クーファンはあくまでも小さな赤ちゃんが寝るためのスペースを簡単に作れるもので、移動をメインに考えないことが大切です。特に、外出先で使うならまだしも、外出の移動中には使わない方が良いでしょう。

デメリット1.転落事故が怖い

クーファンで最も注意しなければいけないことは、赤ちゃんの転落事故です。少し古いのですが、1997年の国民生活センターの発表によると、5年間の報告件数で23件の転落事故が起こっています。

参考|クーハンから赤ちゃんが転落・・・頭蓋骨骨折も(発表情報)_国民生活センター

クーファンの転落事故は、多くが外出時の不注意によるものです。たとえば、クーファンを肩がけして傾いてた、クーファンを引っ掛けて持ち手が取れた、手を持ち替えようとしてバランスを崩したなどで、赤ちゃんの転落事故につながっています。

クーファンの持ち手が取れてしまうのは、当時3歳の息子(15kgほど)が乗って遊んでいたときに経験があるので、わたしもクーファンが丈夫なものだというイメージは持っていません。

また、クーファンに赤ちゃんを入れたまま、ソファや階段などちょっとした段差がある場所に置くと、バランスを崩して落下事故につながってしまいます。

デメリット2.コストパフォーマンスが悪い

育児グッズはコストパフォーマンスが悪いものが多いですが、クーファンも決して安いものではありません。

実質3か月ほどしか使わないものに1万円かけると考えると……やはりお高いですね(^_^;)

デメリット3.車では使えない

これはデメリットではなく注意点ですが、乳児であればママが抱っこしたり、クーファンで車に乗っても良いと勘違いしている人がいます。

以前は、乳児のチャイルドシートは賛否がありましたが、現在ではチャイルドシートを使用していない場合の死亡率が、適正使用している場合と比べて3倍以上高いことがわかっています。

致死率30倍!チャイルドシートの正しい使い方と間違った使い方

そのため、道路交通法により平成12年4月1日から6歳未満の乳幼児にはチャイルドシートの着用が義務付けられました。クーファンがチャイルドシートの代用になるとは思わないでください。

クーファンが必要かどうかはよく考えて

わたしはクーファンにメリットを感じて使っていましたが、クーファンが必要かどうかは、生活環境によると思います。

実際、わたしの周りでクーファンを使っているママは、ほとんどいませんでした。

もし、「クーファンを試してみたいけど高いから……。」と考えている人は、レンタルで済ませるのも1つの手です。

レンタル料金はお店によりますが、安いお店であれば2-3か月のレンタルで2,000円ほどなので、あまり使わなかったとしてもそれほど痛い出費ではありません。

わたしはレンタルで使っていたわけではないので、興味がある人は近くのお店やネットなどで探してみてください。

クーファンはお手軽で、お家の中だけで使うならとても便利な育児グッズだと思います。また、赤ちゃんの使用期間は短いですが、その後もカゴとして使うことで赤ちゃんとの思い出も残ります。

成長した子どもにクーファンを見せて、「ほら、こんなに小さかったんだよ。」と言うと、「へー」と驚く姿もまた可愛く思えます。というわけで、わたし個人はクーファンファンが増えると嬉しいな……と(^_^;)

ただし前述した通り、クーファンはあくまでも小さな赤ちゃんが寝る場所を簡単に作れるものであり、移動用の育児グッズではありません。

クーファンを使うということは、赤ちゃんはまだとても小さいはずです。そのため利用方法を守って、注意して使うようにしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー