真っ赤で痛痒そう!亀頭包皮炎の原因、症状、予防、治療法

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

ママはちんちんの病気をよく知らない

男女とも大人になるまでに、ちんちんや膣(子宮)の病気にかかることがあります。

予防が難しい子どもの病気はありますが、女の子の病気は割と事前に把握できていたり、病気になってもすぐに対応できたりします。なぜなら、ママも子どものころに経験しているからです。

ところが、男の子の身体のことはママにはよくわかりません。たとえば、ちんちんの亀頭に汚れが溜まっていると病気の原因になることは知っていても、どのような病気にかかるか知りません。

そもそも、男の子のちんちんはいつごろ包茎じゃなくなるかもわかりませんし、どのような仕組みかも深くはわかりません。

そのため、わたしたちママは、いきなり「ちんちんが痛い(´;ω;`)」なんて子どもに言われると、びっくりしてしまいますよね。

そこで今回は、男の子がよくかかる病気「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」の原因や症状、また治療法と予防法についてお話したいと思います。

亀頭包皮炎(きとうほうひえん)とは

亀頭包皮炎とは、亀頭部分(ちんちんの先端)や亀頭を包んでいる皮が菌に感染して、炎症を起こす病気のことです。感染する菌によって、細菌性亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎に分かれます

一般的に子どものちんちんには皮が被っていて、亀頭部と癒着しています。そのため包皮と亀頭部の間に汚れが溜まり、菌が繁殖しやすい環境になっています。

繁殖した菌でちんちんが感染症を起こすと、数日間の潜伏期間の後、亀頭部分と包皮部分に炎症を起こしてしまいます。

亀頭包皮炎の症状

亀頭包皮炎になると、炎症を起こした部分が赤くただれます。全体が赤く腫れるというよりも複数部分が炎症でただれることが多いようで、ただれた部分におしっこが当たると痛みを伴う場合があります。

炎症部分には痛みやかゆみもあり、直接かくことで炎症を広げたり、傷つける可能性があります。また、炎症が進行すると、ただれた部分が化膿することもあり、亀頭包皮炎の症状が全体に広がってしまいます。

亀頭包皮炎の影響

亀頭包皮炎で炎症が強くなると、子どもはおしっこの度に炎症部分が傷んでしまい、徐々におしっこをすることに怖さを感じる場合があります。

そのため、せっかくがんばってトイレトレーニングやおむつはずしをしたのに、おしっこのコントロールができなくなり、お漏らしやおねしょに逆戻りすることもあります。

亀頭包皮炎の原因

亀頭包皮炎は3歳前後から小学生の男の子がよくかかる病気ですが、その理由はいくつかあります。

・激しく汗をかいて遊ぶため、パンツの中が蒸れた状態だから
・色んな物を触った手で、ちんちんを持っておしっこするから
・亀頭部を洗わずに、汚れが溜まっている状態だから
・ちんちんを触ることが癖になってしまっているから

子どもの亀頭包皮炎の原因は菌の繁殖による感染、または湿気が多いことによるカンジダ菌の感染なので、ちんちんを不衛生にしていたり、パンツの中を蒸れたままにすることでかかりやすくなります。

と言っても亀頭包皮炎は特に珍しい病気ではありませんし、対応さえ間違えなければ神経質になる必要はありません。

亀頭包皮炎はどう予防すれば良いか

亀頭包皮炎は、ちんちんを不衛生・多湿にしているとかかる病気なので、予防方法はどうやって清潔にすれば良いかを考える必要があります。

予防方法1.子どもにしっかりと教える

3-4歳になると、ちんちんがおしっこを出す部分で、おしっこは体の中の余った水分を出す行為だという認識がついてきます。

そこでママは、「ちんちんはおしっこを出す大切なところだから、お風呂でよく洗わないとおしっこのときに痛くなっちゃうよ。」と教えましょう。

予防方法2.ちんちんをよく洗う

ママとお風呂に入ったとき、5-6歳ごろまでは仕上げ洗いも含めてママが子どもの身体を洗いますよね。もちろん、ちんちん周りや肛門までしっかり洗っていると思います。

そこで、ちんちんの先端の皮の部分を少しだけ剥いて、洗ってください。ただし、包皮は亀頭に癒着しているため、ムリに剥くと痛いそうです。

自然に剥けるところまで引っ張って、先っちょだけ水(お湯)で軽く洗ってください。もちろん子ども自身に洗わせても構いません。

予防方法3.石鹸などで洗わない

亀頭包皮炎が怖くても、石鹸でゴシゴシ洗わないでください。汚れは落ちますが、脂肪分を落としすぎるとカンジダ菌が増殖してしまい、カンジダ性亀頭包皮炎になる可能性があります。

また、ちんちんはデリケートなので、洗いすぎると傷ついてしまい、菌が感染しやすい状態を作ってしまいます。

予防方法4.触るなら清潔な手で

ママが心情的に嫌だとしても、男の子は手でちんちんを触るものです。男の子がちんちんを触る理由は様々です。

男の子がちんちんを触る理由
 1.かゆいから
 2.おもちゃみたいだから
 3.不思議だから
 4.気持ちが良いから
 5.寂しいから
 6.ストレス発散のため
 7.おしっこをガマンしているから
 8.そこにちんちんがあるから
 9.癖になっているから

性器いじりやめさせたい…男の子がちんちんを触る9の理由

男の子がちんちんを触るのは仕方がなめ、ムリにやめさせるのはかわいそうです。もし子どもがちんちんを触っているのを見つけたら、「触るなら、手はきれいにしなさい!」と教えましょう。

予防方法5.少しずつ皮を剥く

ちんちんの皮がしっかり剥けるのは小学校高学年~中学生くらいからです。亀頭包皮炎は園児~小学生が多い、つまり、ちんちんの皮が被っていなければ亀頭包皮炎にはなりにくいということです。

そのため、毎日お風呂に入ったときに少しずつで、皮を剥いてあげても良いでしょう。ただし、数日で剥けるものではないので、絶対に焦って剥かないようにしてください。

予防方法6.パンツ内の蒸れに気をつける

昔の子どもは男の子も女の子も夏場は短パン、Tシャツでしたよね(^_^;)

最近は親の影響で子どももおしゃれになっています。夏でもキュロット丈のズボンや普通丈のズボンを履いたおしゃれな子が公園にたくさんいます。

でも、いくらおしゃれになっても、今も昔も子どもが汗だくで遊ぶことは変わりません。普通丈のズボンを履いて汗だくで遊ぶと、パンツの中が蒸れて雑菌が増殖します。

そのため、ママやパパがおしゃれ好きでも、子どもがおしゃれをする場所と遊ぶ場所は分けて考えた方が良いですね。

予防方法7.ちんちんの話に抵抗をなくす

早い子は小学校低学年くらいから、ママとちんちんの話を避けるようになります。これはママがちんちんを汚い、恥ずかしいと教えてしまうことも理由の1つです。

もし、子どもがちんちんに異変を感じても、ママに言いづらいと病気の発見が遅れてしまいます。ママは子どもが自分から恥ずかしいと思うまでは、汚い・恥ずかしいと強く感じさせることはやめましょう。

亀頭包皮炎の治療方法

亀頭包皮炎は、ちんちんを蒸れずに清潔にしておけば治ることが多く、特別な治療はあまり必要としません。

ただし、炎症がひどくなると、化膿して治りが遅くなることもあるため、早めにかかりつけの小児科と泌尿器科に連れて行ってください。

亀頭包皮炎の炎症がひどい場合は、抗生物質の内服薬と塗り薬が処方されます。処方薬は、感染している菌によって異なります。

おむつかぶれ同様、塗り薬は赤ちゃんの肌に合わない場合もあるため、2-3日で炎症が治まらなければ、もう一度泌尿器科を受診するようにしましょう。

また、亀頭包皮炎が1度治っても、何回も繰り返してしまう子もいます。亀頭包皮炎を繰り返してしまう場合は、ちんちんの皮の一部を切除する包茎手術を医師から勧められることもあります。

ちんちん問題はパパの助けが必要!

男の子のちんちん問題は男の人にしかわかりません。ママには知識はついても、ちんちんはついてないので感覚がわかりません。

たとえば、亀頭包皮炎の1つの対策として「むきむき体操」というものがあります。これは赤ちゃんのころからちんちんの皮を少しずつ剥いて、早いうちに包茎を治してしまう体操のことです。

むきむき体操って必要?パパに聞いたメリットデメリット

わたしは「むきむき体操」の存在は知っていましたし、「これやればいいじゃん!」なんて思っていましたが、夫に聞いたところ「赤ちゃんのころから、ムリに剥く意味がわからない。」と言われました。

その後長々と講釈が始まりましたが、それは別のお話なので上記を見てください。

ちなみに、夫はちんちんを洗わないことでかかる具体的な病気は知りませんでした。ただ、親には「毎日ちゃんと自分で綺麗に洗え。」と言われて育ったため、洗って清潔に保つことが普通だと思っていたようです。

やっぱり男の子の身体はパパ、女の子の身体はママが、子どもの心情まで理解して教えてあげた方が良さそうですね。パパは、子どもの大切なちんちんのために積極的に協力してあげてください。

男の子のちんちんについて知りたい場合は、岩室先生の本を読むと良いと思います。パパに女の子の身体について最低限知っておいて欲しいことと同様に、ママも男の子の身体のことを最低限知っておいた方が良いでしょう。


参考|こども(小児・男子)の包茎について | 佐々木クリニック | 佐々木クリニック

記事のURLとタイトルをコピー