最近赤ちゃんにベビーパウダー(天花粉)が使われない理由は?

ベビーパウダー

この記事の読了時間は約 9 分です。

ベビーパウダーは過去の物?

わたしが小さいころは、どの家庭にもベビーパウダーがありました。

小学校低学年ころまでは、お母さんにお風呂上がりにベビーパウダーをはたいてもらって、ふんわりした気持ちになったことを今でも覚えています。

ベビーパウダーの独特のサラサラ感と香りを子供のころの良い記憶として持っている30-40代の人は、少なくないのではないでしょうか。

ところが、気付いたら最近はベビーパウダーを使っているという話は全く聞かなくなりましたよね。

なぜ、ベビーパウダーは使われなくなったのでしょうか。赤ちゃんにベビーパウダーを使いたいと思っても、使ってはいけない理由があるのでしょうか。

今回は、赤ちゃんにベビーパウダーが使われなくなった理由とベビーパウダーの使い方についてお話したいと思います。

ベビーパウダーとは

ベビーパウダーとは、赤ちゃんや子供のあせもやかぶれ、ただれなどの肌トラブルを防止するために塗布する主に粉末のことです。天花粉とも呼ばれます。

“主に”というのは、固形ベビーパウダーがあるからですが、わざわざパウダー(粉末)に固形と名付けるほどベビーパウダーの名前は認知されているということですね。

以前は、お風呂後の赤ちゃんや子供にベビーパウダーを使うことは当たり前だったため、効果を知らずに使っていた人も多いでしょう。

ベビーパウダーの効果

赤ちゃんにベビーパウダーを使う理由は2つあります。1つは赤ちゃんの肌をさらっと乾燥させる効果、もう1つは衣服やおむつなどの摩擦を軽減する効果のためです。

参考|シッカロール 商品特長|離乳食、粉ミルク、ベビーフードの和光堂

※シッカロールはベビーパウダーの商品名です。

1.肌の乾燥効果

ベビーパウダーは、肌に塗布すると粒子によって表面積が増え、肌の余分な水分を吸い上げます。そのため、肌表面の水分や熱が放出されて、肌をさらっと乾燥させます。

赤ちゃんの肌には汗腺が多く、この汗腺が詰まっていたり、汗が残っているとあせもができる可能性があります。そのため、ベビーパウダーを首周りや耳の後ろ、手足のくびれなど汗が乾きにくい部分に使用します。

2.摩擦軽減効果

ベビーパウダーの主成分は非常に滑りが良いため、肌に塗布すると摩擦を軽減してくれます。

赤ちゃんの肌は弱く、摩擦ですぐに傷が付いてしまうため、ベビーパウダーを使うことで衣服がこすれる首周りや手首のかぶれ、おむつがこすれる腰回り太もものおむつかぶれなどの肌トラブルを起こりにくくします。

ベビーパウダーの主成分

ベビーパウダーに使われている主な成分は、「コーンスターチ」か「タルク」です。主なベビーパウダーメーカーの和光堂、ピジョン、資生堂、ジョンソン&ジョンソン全てがどちらかを使っています。

主成分1.タルク

タルクとは、水酸化マグネシウムとケイ酸塩からなる天然鉱石の滑石(かっせき)を粉状に粉砕したものです。撥水性(はっすいせい)と滑沢性(かったくせい)があり、さまざまな化粧品や食品添加物にも使われています。

タルク自体には吸水性はないのですが、毛細管現象によって粒子間の水分を吸収して蒸発を促しています。

主成分2.コーンスターチ

コーンスターチとはとうもろこしのデンプンのことで、食品、製薬、工業などさまざまな分野で活用されています。

コーンスターチは吸水性に優れており、ある程度給水するとそこから水分を放出して肌の水分を適度に保つため、乾燥しすぎることはありません。

ベビーパウダーが使われなくなった理由

さて、ベビーパウダーの主成分を理解すると、湿気やこすれに弱い赤ちゃんには有効な肌ケア製品のように思えますが、使われなくなってしまった理由がいくつかあります。

理由1.アスベスト含有の一部製品があったため

1986-1987年にタルクを主成分にした海外製ベビーパウダーに発がん性物質のアスベストが含まれていることが指摘され、ベビーパウダーの使用控えが起こりました。

当時の厚生労働省は、1987年3月に「ベビーパウダー等の品質確保に関する検討会」を発足し、原材料の規制という対応を行いました。

参考|厚生労働省:労働政策審議会労働条件分科会労災保険部会第16回資料

現在国内メーカーのベビーパウダーにはアスベストを含まないタルクが使われていますが、まだそのイメージが残っているママも少なく無いでしょう。タルクが一概に悪というわけではありません。

理由2.汗腺の詰まりが指摘されたため

ベビーパウダーの粒子はとても細かいため、粒子によって赤ちゃんの汗腺が塞がったり、皮膚呼吸を阻害する可能性があると指摘されています。

汗腺は3歳ごろまでに数が決まるのですが、暑い環境にいる子供は多くの汗をかくため汗腺が発達しやすく、寒い環境にいる子供は汗腺が少なくなるため暑さに弱くなると言われています。

参考|「汗っかき」は3歳までに決定する!? | WACOAL BODY BOOK ワコールボディブック

もし汗腺が詰まってしまうと、必要な汗をかくことができなくなるため、体温調節機能が十分に発達しない可能性があります。

理由3.湿ったベビーパウダーで菌が繁殖するため

赤ちゃんの肌が濡れたままベビーパウダーをはたくと、粘り気ができ、湿気を伴って肌のくぼみに留まってしまいます。

肌のくぼみに留まったベビーパウダーでは雑菌が繁殖してしまい、赤ちゃんの肌荒れやかぶれの原因になってしまいます。

理由4.ベビーパウダーの吸い込みが危険なため

赤ちゃんの首周りや耳の後ろなど呼吸器に近い部分でベビーパウダーを使うと、赤ちゃんが吸いこんでしまい呼吸器の疾患につながる可能性が指摘されています。

理由5.あせも・かぶれ予防効果の勘違いのため

ベビーパウダーはあくまでもあせもやかぶれを予防する製品で、あせもやかぶれを治療する医薬品ではありません。

そのため、あせもやかぶれにベビーパウダーを使用すると、悪化する可能性があります。

ところが、効果の勘違いをしてしまった消費者の間で、「ベビーパウダーはあせもやかぶれが悪化する」という(当たり前の)うわさが流れたため、使われなくなったという理由もあります。

理由6.代替商品を使い始めたため

赤ちゃんの肌ケアは、以前使われていたベビーパウダーからベビーローション、ベビーオイル、ベビーワセリンに変わってしまった背景があります。

ベビーパウダーは使ってはいけない?

ベビーパウダーが使われなくなった理由を見ると、一概に使ってはいけないとは言わないまでも、使うことを躊躇する人が増えることは理解できます。

実際にわたしも、子育てにベビーパウダーを使いませんでした。ただし、これはベビーパウダーが危険だと判断したのではなく、息子も娘も肌が弱くなく、使う必要性を感じなかったからです。

では、本当にベビーパウダーを使ってはいけないのでしょうか。310rich [ミドリッチ]の藤村さんが、ジョンソン&ジョンソン、和光堂のカスタマーセンターに

・汗腺(毛穴)に詰まるのは本当か
・吸引すると身体に悪いのか
・あせも部分につけると悪化するのか

ということを問い合わせて回答を得ています。詳細はリンク先で確認してほしいのですが、概要だけ説明します。

1.汗腺(毛穴)に詰まるのは本当か

どちらの製品も毛穴に詰まることは考えにくい、肌に刷り込まない限り毛穴が詰まることはない、毛穴に詰まるという根拠はない

2.吸引すると身体に悪いのか

多少吸い込んでも害にはならないが吸い込まない方が良い、大量に吸い込むとむせることはある

3.あせも部分につけると悪化するのか

あくまでも予防なので肌トラブルがある部分の使用はしないで欲しい


参考|ベビーパウダーってお肌に悪いの? メーカーに聞いてみました!! | 310rich [ミドリッチ]

というわけで、使い方など注意する点はありますが、メーカーのカスタマーセンターの回答では、世間で言われているほどベビーパウダーにリスクはないように感じます。

たしかに今メインで使われているベビーローション、ベビーオイル、ベビーワセリンなども使い方を間違えれば肌トラブルを起こしますし、そもそも赤ちゃんの肌に合う・合わないがありますよね。

もちろん赤ちゃんは繊細ですし、ベビーパウダーを吸い込んでアレルギー症状が出ることも考えられます。何か異変を感じた場合はすぐに医師に相談してください。

ベビーパウダーの正しい使い方

ベビーパウダーを使いたいママは、ベビーパウダーの正しい使い方を知っておきましょう。

1.汚れをきれいに落とす

とくにおむつ替えの後にベビーパウダーを使う場合は、おしりの汚れを簡易シャワーなどで流してきれいに拭き取ってください。

ベビーパウダーは全身に使うものなので、パフにうんちがつくと全身に菌を塗布することになります……。簡易シャワーは以下を参考にしてください。

赤ちゃんのおむつかぶれ予防法とかぶれ治療後のおしりのケア

2.水分をしっかり拭き取る

ベビーパウダーは水分を吸収してくれますが、ベトベトの水分を全部吸収して蒸発を促すわけではありません。お風呂後の身体はしっかり水分を拭きとってから使用しないと、ダマになってしまいます。

3.上半身と下半身で使い分けがベター

ベビーパウダーには粉タイプと固形タイプがあります。そのため、下半身には普通のパウダー、上半身には固形パウダーと使い分けると、ベビーパウダーが空気中に飛び散る心配は少なくなります。

4.ママの手やパフは清潔に

粉のパウダーは手のひらで、軽くなでるようにのばし、固形パウダーはパフなどを使って塗布すると良いようです。

そのため、ママの手やパフは清潔にしておきましょう。パフはメーカーで取り扱っているため、汚れたら新しいものに交換してください。

5.付けすぎない

和光堂のサイトでは、「パウダーをつけすぎると汗の逃げ場がなくなり、だまになったり、そこに微生物が繁殖したりして、かえって皮膚トラブルを誘発することがあります」となっています。

うっすら白くなる程度の少量のパウダーを手のひらにとり、すり合わせてから、肌に伸ばすように軽く塗布していきましょう。

6.パフでポンポンしないい

わたしの記憶では、ベビーパウダーをするときに母親は「はい、ポンポンするよー。」と言っていたと思います。

つまり、パフでポンポンはたいていたのですが、これはパウダーが飛び散る間違った使い方です。パフに少量をとり、軽く押さえるように優しくつけていきましょう。

7.有名メーカーの商品を使う

成分の心配がある人は、和光堂、ピジョン、資生堂、ジョンソン&ジョンソンなど有名なメーカーの商品を使うようにしましょう。

ベビーパウダーの賢い使い方

「ベビーパウダーは危険!」など、一部過大解釈された情報を見かけることもありますが、ベビーパウダーだけではなく、どのような製品も正しい使い方をしなければトラブルが起こることはあります。ベビーパウダー使用後に肌トラブルが起こったら、小児科や皮膚科を受診してください。

ちなみに、ドコモが「みんなの声」で2014年8月に15,265人を対象に行なった「ベビーパウダーの賢い使い方は?」というアンケートによると、ベビーパウダーは以下の用途でも使われているようです。

1.制汗剤の代わり|33%
2.フェイスパウダー代わり|15%
3.サンダルのベタつき防止|8%
4.靴の臭い消し|6%
5.ネックレスの絡まり解消|5%
6.ワイシャツの汚れ防止|4%
7.洗顔料に混ぜてスキンケア|3%
8.スニーカーの汚れ防止|2%
9.衣類汚れの応急処置|1%
10.ファーのお手入れ|1%

参考|ベビーパウダーの賢い使い方は? | みんなの声

たしかにベビーパウダーは赤ちゃんの制汗剤として使われるため、大人でも制汗剤の代わりには最適です。また、気になる足元の匂いや湿気防止にも使えます。

ベビーパウダーは意外とマルチプレイヤーなので、赤ちゃん以外でも1度使ってみると良いかもしれません。

赤ちゃんの肌ケアは保湿をメインに

赤ちゃんの肌ケアで重要なことは、乾燥を防ぐことです。乾燥をすると肌が傷つきやすくなり、肌荒れの原因になります。

そのため、入浴後に赤ちゃんの肌の水分をしっかりと拭き取った後は、ベビーローションなどで肌ケアをすることが現在の一般的な肌ケア方法です。ベビーローションなどで保湿をすると、肌内部の水分によるバリア機能が維持され、外部刺激から赤ちゃんを守ってくれます。

湿疹やあせもは、肌が湿っていることで起こりそうなイメージを持つ人もいますが、実は汗が蒸発して肌内部の水分を奪い、肌の潤いやバリア機能をなくしてしまうことが大きな原因になっています。

そのため、ベビーパウダーを使っても良いのですが、ベビーローションを併用して保湿をするなど、総合的に赤ちゃんの肌ケアを行ってください。アロベビーの「ミルクローション」は、99%以上オーガニック素材で作られた国産のベビーローションです。育児雑誌や女性誌にも掲載されているので、知っている人は多いですね。

ミルクローション_KV

アロベビーの公式サイトから最低5回継続の定期便で購入すれば、初回半額(2300円→1150円)現在は、初回980円で送料無料になります。新生児から使えるので、日々の赤ちゃんの肌ケアが心配なママは、1度試してみると良いでしょう。

⇒赤ちゃんの乾燥肌対策に最適なアロベビーの「ミルクローション」公式サイト

記事のURLとタイトルをコピー