安定期は妊娠何週から?過ごし方は?つわりや流産の心配は?

安定期に入った妊婦のお腹

この記事の読了時間は約 6 分です。

安定期は妊娠16週から妊娠27週まで

妊娠後に妊婦が一旦落ち着くことができる1つの目安として、「安定期(あんていき)」という時期があります。

当時1度流産を経験したわたしは安定期を迎えたことがとても嬉しく、「ふぅー、ひとまず流産はなくなったかな……。」となんだか一仕事終えたような気持ちになりました。

ところで、妊娠の安定期が妊娠何週から何週までかわかりますか?

……まぁ安定期はさまざまな変化が訪れる有名な時期のため、妊娠5か月目から、つまり妊娠初期を過ぎて妊娠中期に入った時期が安定期だということは、妊婦なら知っていて当たり前ですね。

では、安定期がどのように定義づけられた時期で、妊婦や赤ちゃんの身体にどのような変化がある時期なのか、またどのように過ごせば良い時期なのかは知っているでしょうか。

医師からは「安定期までは無理しないで。」と言われ、旦那さんや親からも「もうすぐ安定期だからね。」と優しくされるなど、安定期以前にはさまざまな注意が必要ですが、安定期に入れば生活に注意は必要ないんでしょうか。

今回は、安定期がどのような時期でどのように過ごせば良いのか、またつわりや流産の心配が本当にいらないのかなどについてお話したいと思います。

安定期とは

安定期とは、一般的に妊娠初期の流産リスクが高い時期を抜け、つわりなどの妊娠初期症状もある程度おさまり、妊婦が落ち着いた妊娠生活を過ごすことができる時期を言います。

明確な時期の定義はありませんが、目安としては妊娠16週-妊娠27週ごろ(妊娠5-7か月)、つまり妊娠中期が安定期にあたると考えれば良いでしょう。

妊娠初期・中期・後期
妊娠超初期|妊娠1か月(妊娠0週0日-妊娠3週6日)
妊娠初期|妊娠2-4か月(妊娠4週0日-妊娠15週6日)
妊娠中期|妊娠5-7か月(妊娠16週0日-妊娠27週6日)
妊娠後期|妊娠8-10か月(妊娠28週0日-妊娠39週6日)
妊娠初期・中期・後期の妊娠週数・月数は?妊婦・胎児の特徴は?

安定期に入ると妊娠初期に比べて体調が良くなるため、「安定期=妊婦と赤ちゃんにとって安心安全な時期」と勘違いする人もいますが、安定期とは胎盤が完成し、ホルモンバランスが安定する時期であり、ようやく妊娠に適した身体が整ってきた時期です。

そのため、妊娠16週に突入したからと言って、すぐに運動を開始したり、妊娠前の不規則な生活習慣に戻したり、「ちょっとくらい……。」と飲酒するなどは、妊婦の行為として間違っています。あくまでも妊娠中は、大切な赤ちゃんがお腹の中にいることには変わりありません。

ちなみに個人差はありますが、胎盤は妊娠15週ごろに完成します。また、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌は妊娠8-12週をピークとして、以降減少していきます(エストロゲンやプロゲステロンは減少しない)。これらの要素が揃うことで妊娠が安定した状態に入っていきます。

妊娠から出産までの女性ホルモンの分泌推移

出典|一歩一歩学ぶ生命科学|日本生理学会

hCG|ヒト絨毛性ゴナドトロピン
hPL|ヒト胎盤性ラクトゲン(human placental lactogen)
E3|エストリオール(エストロゲンの一種)
P|プロゲステロン(黄体ホルモン)

安定期の流産の心配は?

一般的に「安定期に入るまでは無理をしてはいけない。」と言われるのは、安定期までの流産リスクが高いためです。年齢によって流産確率は異なりますが、妊娠12週を過ぎると全妊娠のうち流産確率は1-2%にまで低下します。

年齢と妊娠週数による流産の確率 年齢別・妊娠週数別の流産確率は?妊娠初期流産の予防法はある?

では、安定期に入ると流産がゼロになるかというとそんなことはありません。

前述した通り、安定期は妊婦と胎児の心身が安全な時期という意味ではありません。この時期に無理をしたり、怠惰な生活してしまうと、切迫流産や切迫早産を起こしたり、後の妊婦の病気につながる可能性もあります。

安定期の妊娠初期症状は?

妊婦に現れる妊娠初期症状はさまざまですが、もっとも特徴的でつらい症状はつわりです。

ルナルナ(エムティーアイ)が行った「”つわり”について」の調査によると、つわり経験者のうち妊娠15週までにつわりが治まった人は36.8%、妊娠19週までにつわりが治まった人は70.0%、妊娠23週までにつわりが治まった人は83.4%となっています。

つわりがおさまった時期

妊娠8-11週|8.2%
妊娠12-15週|28.6%
妊娠16-19週|33.2%
妊娠20-23週|13.4%
出産まで続いた|6.3%
その他|10.3%

つわり症状はいつまで続く…ピークは?原因と予防・治療法

そのため、6割以上の妊婦は安定期に入ってもすぐにつわりが治まるわけではありませんが、安定期の妊娠16週-妊娠27週(妊娠5-7か月)の中で徐々につわりが治まっていくようです。

妊娠初期症はつわり以外にも、おりものの変化、高体温、寒気、ほてり、頻尿、下痢・便秘、腹部痛、胸の張り、腰痛、頭痛、味覚・嗅覚の変化、肌荒れ、息切れなどさまざまありますが、その多くが安定期に入って症状が落ち着いていきます(もちろん個人差はあります)。

妊娠初期症状はいつから?赤ちゃんかも…と疑う30の兆候とは

妊婦・胎児の変化と過ごし方

前述した通り、安定期の時期に明確な定義はなく個人差もあるため、妊娠16-27週ごろ(妊娠5-7か月)が安定期の目安とされているに過ぎません。

妊婦は安定期に入ることで以前よりも体調が良くなるため、健康な妊娠生活を過ごすために適度な運動を始めると良いでしょう。ウォーキング、マタニティヨガ、マタニティスイミング、マタニティビクスなどを医師の指示に従って行ってください。

妊婦の運動はいつから?妊娠中おすすめ&してはいけない運動

また、妊娠16-20週ごろには、赤ちゃんの性別がわかるくらいにはっきりとした成長が見られます。妊娠20週を越えると胎動も始まるため、赤ちゃんの存在を実感し、母親としての自覚を持つ人も増えます。

赤ちゃんの性別がわかる妊娠週数は?男女の見分け方・判別方法

一方、妊娠している母親と違い、父親は赤ちゃんの存在・実感がわきにくいため、安定期は親の自覚に差が出始める時期でもあります。そのため、出産後のことも考えて、安定期を目安に父親の自覚を促すことも考えた方が良いかもしれません。

父親の自覚がない夫…妊娠中に子供と育児を意識させる方法とは

もちろん、安定期は体調が良くなる変化ばかりではありません。たとえば、つわりが治まると食欲が出て急激に体重が増える妊婦もいます。子宮が大きくなり身体が重くなることで腰痛や足の痛み、肩の張りによる頭痛など、身体のあちこちが痛く寝苦しい夜が続くこともあります。

これらはすべて食生活、適度な運動、十分な睡眠、ストレスの少ない生活習慣を心掛けることで、少しずつ改善していくものです。

安定期に入り母親の自覚を持つことで、出産や出産後の生活も少しずつ見据えるようになりますね。まだまだ心配事は多いと思いますが、赤ちゃんのため、家族のため、自分のため、心と体が充実した妊婦でいられるように、ようやく落ち着いてきた妊娠生活を十分に楽しんでください。

記事のURLとタイトルをコピー