いつまで続く…子どもの赤ちゃん返りとは?症状・原因と見抜き方

bfce48c8ae334f53bbe600320b0a975b

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

子どものその行動…赤ちゃん返りかも

最近子どもがベタベタしだした……。
なんだか言葉が幼くなったような……。
急に妹を叩いたり、突き飛ばすことがある……。
おもらしやおねしょが復活した……。
イヤイヤ期は終わったはずなのに……。

子どもが今までできていたことが突然できなくなったり、急に甘えることが増えたと感じたら、「赤ちゃん返り」が起こっているかもしれません。

子どもが自分でできることが増え、言葉でコミュニケーションが取れるようになり、良いことと悪いことの区別がつくようになると、ママは子どもの自立のために少しずつ子離れをしようとするはずです。

ところが、何らかの原因で赤ちゃん返りが起こると、ママが積み上げてきたことが崩れてしまい、子どもが幼い行動を取り、ママから離れないようになってしまいます。

「せっかく、これまでがんばったのに……。」ママにとって、子どもの赤ちゃん返りは本当にストレスが溜まります……。

なぜ子どもは、赤ちゃん返りを起こしてしまうんでしょうか。また、どのような症状が赤ちゃん返りなのでしょうか。

今回は、子どもが赤ちゃん返りを起こす原因と赤ちゃん返りの症状などについてお話したいと思います。

赤ちゃん返りとは

赤ちゃん返りとは、2-6歳ごろの子どもに起こる症状で、これまでできていた行動が突然できなくなり、赤ちゃんに戻ってしまったように子どもが振る舞うことを言います。

赤ちゃん返りには様々な原因と症状がありますが、大きく分けると以下の2種類に分かれます。

赤ちゃん返りの2つのタイプ
・感情のままにわがままを言ってママを困らせるタイプ
・感情を押さえてママ以外と接することを嫌がるタイプ

もちろん、赤ちゃん返りは病気ではありません。そのため、赤ちゃん返りの原因に合わせた対処法はありますが、それが効果的かどうかは子どもの性格や環境、周囲の状況によります。

つまり、赤ちゃん返りは、夜泣きや寝かしつけと同じようなものだと考えてください。

赤ちゃん返りは、いつまで続くかわかりません。夜泣きと同じように、子どもの心の成長や集団生活の適応とともにママへの依存が少しずつ薄れ、いつの間にかなくなっていきます。

子どもが赤ちゃん返りをする原因

子どもが赤ちゃん返りを起こす年齢は2-6歳と幅広いため、そのときの心の発達具合によって原因は変わりますが、主に以下の4つの原因が考えられます。

原因1.強く叱られた

子どもは2-3歳ごろから、弟妹のおもちゃを取ったり、お友だちを叩いたり、公共の場所で大声で騒いだり、遊び食べをするなどが原因で親に叱られるようになります。

子どものこれらの行動は、自意識が目覚めて欲求や好奇心が高まったことによる行動です。子どもが自分の欲求を優先した行動、好奇心を優先した行動に悪気はありません。

そのため、ママが突然強い口調で叱ったり、怒鳴ったりすると、「ママに嫌われたくない」という気持ちから、自分を守る手段として赤ちゃん返りを起こすことがあります。

原因2.壁にぶつかった

子どもは3歳ごろから集団生活が始まります。すると、「1人でトイレに行きなさい。」「ご飯は残さず食べなさい。」「明日の着替えの準備して。」「歯を磨いて。」など色々な行動を1人するように迫られます。

ママは子どもの成長に合わせて無理なくやらせているつもりでも、子どもは突然全てのことを自分1人でやらされるように感じてしまいます。

そして、1人ではなかなかできない行為やがんばらなければいけない行為に、苦手意識をや壁を感じるようになります。

子どもは、「なんでやりたくないのにしなきゃいけないの?」とママの要求から逃げる手段として、赤ちゃん返りを起こしてしまいます。

原因3.離れるのが不安

幼児の間は、ほとんどの子にとってママが一番身近で大切な存在です。

ママが「もう大きくなったし、聞き分けも良いから大丈夫かな。」と思って、子どもを保育園に預けたり、ママが職場復帰をすると、急に赤ちゃん返りを起こすことがあります。

子どもは、ママと離れることに不安を感じるため、愛情を確認する目的で自分本位な行動をとってママの気を惹こうとします。

原因4.弟・妹ができた

産まれたばかりの赤ちゃんは手がかかります。そのため、上の子を腋において赤ちゃんのお世話をしたり、上の子にガマンを促すことがあります。

ママがどれだけ説明しても、子どもは「赤ちゃんだから仕方がない。」と思うことはできません。また、頭では仕方がないと理解できても、感情がついてきません。

そこで、子どもは何とかママの興味を惹こうとして、赤ちゃん返りを起こしてしまいます。

子どもが赤ちゃん返りを起こす最も多い原因が、弟・妹ができたことです。ママは妊娠が発覚した時点から、上の子の赤ちゃん返りに備える必要があります。

上の子の赤ちゃん返り対応は?妊娠・入院・育児中の対処法21選

赤ちゃん返りを疑う行動や症状

赤ちゃん返りの症状は、赤ちゃんのように振る舞ったり、1人でできていたことができなくなるだけではありません。

子どもの年齢によっても異なりますが、2歳以上の子で以下の行動や症状が複数出始めたら赤ちゃん返りを疑いましょう。

赤ちゃん返りの症状1.ママに甘える

・ママの身体にくっつくことが増える
・ママがその場を離れると後追いをする
・「○○したい」「○○して」という要求が増える
・「ねぇねぇ、ママ聞いて」が増える
・外食のときにママの横に座りたがる
・寝るときにママにくっついて眠りたがる
・ママが忙しいときほど甘える回数が増える
・足が痛い、お腹が痛いなどの訴えが増える
など

赤ちゃん返りの症状2.行動が退化する

・ママに「食べさせて」と要求する
・1人で着替えができなくなる
・1人でトイレに行けなくなる
・ベビーカーに乗りたがる
・赤ちゃん言葉が増える
・新しいことに挑戦しなくなる
・頻尿、頻糞気味になる
・おもらしやおねしょをするようになる
・瞬き、指しゃぶりなどの癖が目立つようになる
など

赤ちゃん返りの症状3.感情がコントロールできない

・お友だちとケンカが増える
・すぐに癇癪をおこす
・叱られても反抗する
・泣いたり、怒ったりの感情の振り幅が大きくなる
・全体的に感情表現が少なくなる
・普段の話し方に元気がなくなる
など

赤ちゃん返りの症状4.人に対する精神的不安定

・あいさつができなくなる
・ママ以外の人に近づかなくなる
・人見知り、場所見知りが強くなる
・新しいお友だちを作ろうとしなくなる
・自分を守る嘘をつくようになる
・興味を引くためにわざとイタズラをする
など

赤ちゃん返りの症状5.弟妹に感情が現れる

・弟妹のおもちゃを取る
・弟妹を叩いたり、嫌いと言ったりする
・弟妹のようにママのおっぱいを欲しがる
・弟妹に対して「ずるい」という言葉が増える
など

赤ちゃん返りの見抜き方

子どもの赤ちゃん返りの行動や症状は、まだまだたくさんあるでしょう。

赤ちゃん返りは、子どもが不安や寂しさを感じ、ママに守ってもらいたい、認めてもらいたいというストレスから起こります。

そのため、ママにしてもらっていたことを思い出して要求したり、弟妹と同じ行為をしてもらいたがることが多くなります。

また、ママに要求するだけではなく、おもらしやおねしょ、言葉や箸の使い方、トイレの仕方が下手になるなどの退化行動も起こります。

そのため、ママが「もう当たり前にできる。」と思っていた子どもの行動は、ママのために「がんばっていた。」ということに気付かされます。

この気付きがあれば、ママは「前は1人でトイレに行ったら、あんなに褒めてくれたのに……。」と感じる子どもの心が理解できるはずです。

もし、子どもの行動におかしなところがあると感じたら、子どもと会話をし、スキンシップを図り、甘えさせてください。

甘える過程で子どもが寂しい感情を素直に表したら、赤ちゃん返りが起こっている可能性があります。

赤ちゃん返りは心が成長している証拠

赤ちゃん返りは一時期、一度きりのことではありません。幼児のころはいつ赤ちゃん返りを起こしても不思議ではありません。もちろん、全く赤ちゃん返りを起こさない子もいます。

心の成長は子どもの個性なので、赤ちゃん返りの予防方法はありませんし、赤ちゃん返りをすぐに治す対処法があるわけでもありません。

ただし、子どもがママの行動に何を思い、何にストレスを感じて、なぜ赤ちゃん返りを起こすかは、親として理解する必要があります。

そのため、子どもが赤ちゃん返りをしていると感じたら、ママ自身の行動を振り返り、子どもに必要以上のストレスを与えていないか考えてください。

そして、赤ちゃん返りが起こっても、赤ちゃん返りの行動自体は強く叱らずに優しく受け止めて、なるべくコミュニケーションを取るように努めましょう。……大変ですけど。

今回ご紹介した「強く叱られた」「壁にぶつかった」「離れる不安」「弟・妹ができた」という赤ちゃん返りが起こる原因の対象は、以下を参考にしてください。

下の子や1人っ子も赤ちゃん返り…?原因別赤ちゃん返り対応

記事のURLとタイトルをコピー