高齢出産の定義は?初産・2人目・3人目の平均出産年齢の推移

332cc3a374c0d68d0b20ee7683280974

この記事の読了時間は約 6 分です。

35歳、40歳で出産は普通?

わたしは1人目の息子を32歳で出産し、2人目の娘を35歳で出産しました。

2人目の出産が35歳というのは30年ほど前(1991年まで)だと高齢出産と言われていましたが、今では経産婦が35歳というのは珍しくありません。

むしろ、現在の高齢出産と言われる35歳初産のママもチラホラ周りにいます。2人目や3人目が40歳というママもたまにいます。

もちろん、高齢出産という定義があるくらいなので、年齢が高くなると妊娠・出産リスクが高まることは間違いありません。

ハイリスク妊娠の定義とは?妊婦や病気の危険要因とリスクスコア

そのため、メディアではことさら「◯◯さんが45歳で出産!感動の物語!」のように取り上げますが、そういう番組を見て感動をしつつも、「やっぱり高齢出産は大変なのかな……。」と考える女性がいても不思議ではないですね。

では、本当のところ今の女性の平均出産年齢は何歳くらいなのでしょうか。また、2人目や3人目は何歳で生んでいるのでしょうか。

今回は、初産・2人目・3人目の平均出産年齢や女性は何歳まで赤ちゃんを出産できるのかについてお話したいと思います。

出生順位別母の平均年齢の年次推移

厚生労働省の人口動態統計をまとめた内閣府のグラフを見ると、第1子、第2子、第3子の平均出産年齢が分かります。

e321b5d1f0b0d658acfaab1e10f97e8b

出典|婚姻・出産の状況 婚姻件数、婚姻率の推移 – 内閣府

2015年の平均出産年齢
第1子|30.7歳
第2子|32.5歳
第3子|33.5歳

このグラフを見る限り、全くの例外なく母親の平均出産年齢は第1子、第2子、第3子全て上がり続けています。そして、平均出産年齢が上がっていることは、晩婚化に比例していることもわかります。

その他にもこのグラフから色々と面白いことがわかりますね。少し深掘りして見てみましょう。

平均初婚年齢・平均出産年齢グラフからわかること

1.結婚から出産までの経過年月

2015年は妻の初婚年齢が29.4歳、第1子出産年齢が30.7歳のため、結婚から出産までの経過年月は1.3年、対して、1975年は妻の初婚年齢が24.7歳、第1子出産年齢が25.7歳で、経過年月は1.0年です。

「あれ?デキ婚増えてるから、今の方が短くなるんじゃないの?」その通り、できちゃった結婚(授かり婚)は少しずつ増えています。

4ff2d9300f16b779dc129be36f9befbb

出典|厚生労働省:平成22年度 「出生に関する統計」の概況

ところが、昔よりも今の方が結婚から出産までの経過年月が長いということは、できちゃった結婚以外の夫婦は結婚から第1子出産までの経過年月がそれ以上に長いということです。

これは、「結婚をしたら出産をするものだ。」という概念が以前よりも薄れているからなのかもしれません。

2.第1子、第2子、第3子の年齢差

初めての妊娠生活・出産を経験すると、「2人目はしばらくいいや……。」と思うものですが、赤ちゃんの可愛さを知るとすぐに兄弟姉妹が欲しくなりますね。

そのときに、「2人目の年齢差はどれくらいが良いのだろう?」と考えたことがあるはずです。何歳差が良いかは別途考えるとして、実際の第1子と第2子、第2子と第3子の平均年齢差がグラフに示されています。

第1子、第2子、第3子の年齢差
2015年
第1子と第2子の年齢差=32.5歳-30.7歳=1.8歳(1歳10か月ごろ)
第2子と第3子の年齢差=33.5歳-32.5歳=1歳

1975年
第1子と第2子の年齢差=28.0歳-25.7歳=2.3歳(2歳4か月ごろ)
第2子と第3子の年齢差=30.3歳-28.0歳=2.3歳(2歳4か月ごろ)

2015年において、第1子と第2子の年齢差は第2子と第3子の年齢差よりも短いことがわかります。しかも第2子と第3子の年齢差が1歳ということは、年子の可能性が高いということですね。

また、昔よりも今の方が兄弟姉妹の年齢差が縮まっていることもわかります。

3.高齢出産を意識する女性は多いかも

憶測ですが、グラフを見る限り出産に対して年齢を意識する女性は意外と多いのかもしれないと思いました。

というのも、前述した通り第1子、第2子、第3子の年齢差が段々縮まっているという話とともに、1975年から2015年にかけて第1子、第2子、第3子の出産年齢の上げ幅が縮まっているからです。

出産年齢の上げ幅
第1子|30.7歳÷25.7歳×100%=119.5%
第2子|32.5歳÷28.0歳×100%=116.1%
第3子|33.5歳÷30.3歳×100%=110.6%

このことから年齢を意識した女性の間では、「高齢出産=危険かも?」という意識が働いているのかもしれません。

高齢出産とは

ここで改めて高齢出産の定義を認識しておきましょう。

日本産科婦人科学会では、WHOなど諸外国にならって、1993年に35歳以上の初産婦を高年初産婦(こうねんしょさんぷ)と定義しています(それまでは30歳以上の初産婦)。

また、日本産婦人科医会のサイトには、35歳頃から女性が妊娠しにくくなる理由や流産率が上がっていくことが以下のように記載されています。

女性の妊娠しやすさは、おおよそ32歳位までは緩徐に下降するが、卵子数の減少と同じくして37歳を過ぎると急激に下降していく5)。さらに卵子の質の低下(染色体数の異常)については35歳頃より数の異常な染色体の割合が上昇する。

2005年より日本産科婦人科学会が生殖補助医療に関するデータを毎年更新しているが8)、母体年齢におる出産率は35歳頃より減少傾向を示し、39歳頃を境に急激に出産率が低下して流産率が上回るようになっている。母体年齢を強調したデータであるが、2002年 Rochebrochard Eらによるヨーロッパのデータでは、母体の年齢が35歳以上になると流産リスクが2.8倍に上がる。さらにカップルの年齢が40歳以上になると流産のリスクが5.6倍高くなるとしている。しかし、母親の年齢が34歳以下で男性の年齢が39歳以下のカップルが一番流産のリスクが低くなるという興味深いデータも散見される9)。

引用|1.妊娠適齢年令 – 日本産婦人科医会

ただし、35歳を過ぎたからアウト、34歳だからセーフという簡単なお話ではありません。臨床データ的に35歳頃から、妊娠・出産にとって様々な不都合が起こる確率が上がってくるということです。

また、35歳が高齢出産というのはあくまでも初産のことで、経産婦の場合は40歳以上が高齢出産とされています。そのため、変に焦って35歳手前で駆け込み妊娠・出産を考える必要はありません。

女性が子どもを産める年齢は?妊娠適齢期と出産限界年齢とは

とは言え、年を重ねるほどに流産や早産・死産などのリスク、母子合併症のリスクが高まっていくことは間違いありません。

そのため、まずは若いうちから妊娠・出産を見据えること、そして高齢妊娠・出産であっても希望を持ちつつも、妊娠・出産リスクに向き合う必要があります。

40歳以上の出産数や割合は?高齢妊娠・出産の合併症リスク確率

記事のURLとタイトルをコピー