日本の年間中絶数は?自然妊娠中絶と人工妊娠中絶の違い

88e0726430b2fe0281ebacce255936aa

この記事の読了時間は約 5 分です。

中絶は子どもを意図的に堕ろすこと?

世の中には、妊娠したくないのにやむを得ずしてしまった人や、妊娠をしても何らかの原因によって途中で赤ちゃんを諦めなければいけない人がいます。

このような人たちがとる妊娠をやめる手段のことを一般的に「中絶」と言います。またその行為のことを「子どもを堕ろす」と表現することもあります。

「中絶なんて信じられない!」
「生きている赤ちゃんを殺してしまうなんて……。」

と思う人もいるとは思いますが、中絶を望む人全てがいたずらに子どもを堕ろす選択をするわけではないはずです。

中には妊娠や中絶を軽く考えていて、「できたら堕ろしちゃえば良いじゃん。」なんて人もいますが、それはごくごく一部の人たちです(と信じたい……)。

ところで、わたしたちは「中絶」と聞くと上記の様に子どもを意図的に堕ろすことだと認識しますが、実はそれは違います。

そこで今回は、中絶の意味や日本で行なわれている中絶の件数についてお話したいと思います。

自然妊娠中絶(しぜんにんしんちゅうぜつ)と人工妊娠中絶(じんこうにんしんちゅうぜつ)

中絶には2つの種類があり、「自然妊娠中絶」と「人工妊娠中絶」に分かれています。

文字を見ると予想はつきますが、わたしたちが普段「中絶」と呼んでいるのは人工妊娠中絶のことです(人工中絶とも言う)。一方、自然妊娠中絶とは、胎児がお腹の中で自然に死んでしまい流産、または死産に至ることを言います。

つまり、中絶とは自然にしろ人工的にしろ、妊娠が出産に至らずに「胎児の死」によって途中で終わってしまうことを言います。

ちなみに「流産」と「死産」にも違いがあり、以下のように定義されています。

日本産科婦人科学会で定義されている「流産」とは、妊娠22週未満(妊娠21週6日以内)の胎児が娩出(べんしゅつ)されることを言います。流産は妊娠時期によって、初期流産と後期流産に分かれています。

妊娠22週未満を流産と定義する理由は、妊娠22週以降の胎児は何らかの原因で母体から出されても未熟児医療で生存できる可能性があるため「人の死」と考えることに対して、妊娠22週未満の胎児は生存できないため「人になる前の死」と捉えるためです。

そのため、日本産科婦人科学会では妊娠22週未満の死児の出産を「流産」、妊娠22週以降の死児の出産を「死産」と定義しています。

初期流産・後期流産の原因や時期は?状態による流産の6つの種類

日本の年間中絶の件数

では、日本における1年間の人工妊娠中絶と自然妊娠中絶の件数はどれくらいでしょう。

1.人工妊娠中絶の年間件数

厚生労働省が発表した「平成25年度衛生行政報告例の概況」によると、平成25年度の人工妊娠中絶の件数は186,253件となっており、月間で15,000件、1日あたり500件の人工妊娠中絶が行われていることになります。

引用|平成25年度衛生行政報告例の概況

e71bbd960ef3f1532296dcaf52ecad11

現在の年間出生数が約100万人のため、2割近くの赤ちゃんが人工妊娠中絶をされていることになります。これはすさまじい数です。

2.自然妊娠中絶の年間件数

自然妊娠中絶の数は調べてもわからなかったため予測してみます。年間出生数が100万人で、流産(自然流産)の割合は、厚生労働省発表の数値をベースに考えます。

b00563aa645ff1256e78b3952e2694ce

引用|「不妊に悩む方への特定治療支援事業等のあり方に関する検討会」報告書について |報道発表資料|厚生労働省

全体の平均流産率が13.9%なので……単純に考えると、およそ16-17万人が1年間の流産の件数になります。

さらに妊娠22週(22週0日)以降の死産が全国で約2万件ほどのため、流産と死産を合わせて18-19万人ほどではないかと思います。

3.中絶の年間件数予測

日本における1年間の人工妊娠中絶と自然妊娠中絶の件数は、

1年間の人工妊娠中絶の数……18-19万人ほど
1年間の自然妊娠中絶の数……18-19万人ほど

つまり、年間で中絶に至る胎児の数は40万人弱いるという予測になります。

この中絶数はあくまでも予想数値でしかないのですが、全国の妊婦が流産をしてしまい悲しみにくれている中で、何らかの理由により赤ちゃんを堕ろす選択している妊婦(または家族)も同じ数だけいるということですね……。

実際の中絶数は誰にもわからない

このように日本の中絶の件数は、自然妊娠中絶と人工妊娠中絶を合わせると1年で40万件近くになりますが、これで全ての数ではないと言われています。実際の中絶件数がもっと多いことは、何となくイメージができますね。

1.実際の流産数(自然妊娠中絶件数)がもっと多い理由

たとえば、妊娠12週未満の流産は全体の8-9割を占めますが、その内訳は以下のようになります。

妊娠週数別流産確率を以下とする
・妊娠0週-3週|1割
・妊娠4週-7週|5割
・妊娠8週-11週|3割
・妊娠12週-21週|1割

6b4a4623ddab05a08a810ee71104500a

このグラフを見ると年齢が高くなると流産の確率がぐんと上がること、妊娠8-11週までの確率が異常に高いことがよくわかると思います。

妊娠週数別流産の確率と妊娠初期流産の予防法

このうち妊娠0-3週は妊娠の自覚もなく流産の症状も軽いため、当たり前のように妊娠・流産に気が付かない人がいるでしょう。

また、妊娠4-7週の妊婦でも妊娠に気付かないことはあります。「ちょっと生理が遅れてる?」と思っていたら、お腹が痛くなり、普段より多めの出血……。

「今月は遅れたからその分お腹も痛かったし、血もけっこう出たな……。」と勘違をする可能性は有り得ます。妊娠4-7週までで流産の約5割を占めます。

2.実際の人工妊娠中絶数がもっと多い理由

アメリカやフランスでは、使用が許可されている「ミフェプリストン(RU486)」という人工中絶をする中絶薬があります。このミフェプリストンは妊娠後50日未満の服用で、9割以上の確率で中絶ができるそうです。

欧米では安価に中絶を行うために中絶薬が一般的に使われますが、医師の管理のもとで正しく服用しなければいけません。

日本では中絶薬での人工中絶は認められていませんが、ミフェプリストンはインターネットで購入ができるそうです。そのため違法中絶が行われていることだけは確かです……。

妊娠と中絶について真剣に考えてみよう

流産や死産はとても悲しいお話で全く別物ですが、中絶の中にはする必要がなかった中絶や、そもそも避妊をせずに無計画に妊娠してしまい、結果的に中絶せざるを得ないケースもあります。

本来140万人以上の赤ちゃんが産まれる予定だったものが、色々な原因で20万人近くが流産によって、もう20万人近くが人工中絶によって亡くなってしまい、結果として7割の100万人が産まれてくるのが今の日本の出産の現状です。

妊娠と出産を経験できるのは女性だけです。そのため、本当の意味で妊娠と出産を真剣に考えられるのは女性だけでしょう。それは、怖くもあり、幸せなことでもあると思います。

もし、この記事を読んでいるのが妊娠前の女性、妊娠をしていない女性ならば、妊娠をする前に妊娠と中絶と流産のことを理解して、真剣に妊娠のあり方を考えてみてはいかがでしょう。

記事のURLとタイトルをコピー