胎児に五感はある?視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の発達時期と順番

dc3548acae34d6d4d208028aff99e858

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

胎児にも五感はあるのか

妊娠中にお腹の中に赤ちゃんがいることを感じると、不思議な気持ちになるものですが、特に妊娠20週前後で胎動が始まったときに赤ちゃんの存在を強く感じる人は多いでしょう。

妊婦は、胎動が始まると一気に赤ちゃんがいる感覚を実感できるようになりますよね。

そして、「わたしの声聞こえるかな。」「お腹ポンポンしたら、わかってくれるかな。」「部屋暗くしたらぐっすり寝てくれるかな。」と、普通に人を相手にするように考えるようになります。

もちろん、この考え方は間違っていません。なぜなら、視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感は、赤ちゃんがママの胎内にいるうちにある程度成長しているからです。

そこで今回は、赤ちゃんの視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感が、ママの胎内にいる間にどのように発達するか、時期と順番についてお話したいと思います。

胎児の視覚の発達

胎児の目の形成は妊娠4週ごろから始まり、目のもととなる眼胞から水晶体原基や網膜原基など必要な器官が作られます。また、このころから視神経も作られ始めます。

妊娠18週ごろには、脳と視神経がつながります。このとき目はまだ閉じていますが、まぶたの下で目が少し動くようになります。

妊娠25週を過ぎると目を覆っていたまぶたが開くことで、眠っているときに目を閉じ、起きているときに目を開けてまばたきをするようになります。また、目が光を感知しだすのもこのころです。

妊娠28週ごろは、光や暗さを敏感に感じられるようになっています。そのため、ママが暗い部屋から明るい外に出た時には、胎児が明るさに反応して胎動が起きることがあるはずです。

妊娠30週を過ぎると、胎児は明るさを感じると目を閉じ、暗さを感じると目を開ける瞳孔反射を行うようになります。

このころ胎児には、少しずつ睡眠の周期ができ始めます。妊娠30週を過ぎると、睡眠周期が40分サイクル(20分起きて20分眠る)になり、エコーでも覚醒の様子がわかるようになります。

さらに、妊娠34週を過ぎると少しずつ目が見えるようになります。視力は大体0.02-0.03程度で、これは新生児とほぼ同じ視力です。

参考|ヒト胚子・胎児における視覚器の形成について|京都大学 大学院医学研究科 人間健康科学系専攻 病理学研究室
参考|胎児&新生児の五感の発達【視覚の発達 胎児編】 – gooベビー※リンク切れ

胎児の聴覚の発達

胎児の耳は、まず妊娠4-5週ごろに耳の溝や隆起が起こり、内耳、中耳、外耳を作り始めます。妊娠8週ごろには、三半規管や耳たぶなどができて耳の形が整ってきます。

妊娠12週には中耳ができあがり、妊娠16週ごろには内耳と中耳がつながります。さらに、妊娠20週を過ぎるころに外耳が形成されます。

また、妊娠20週ごろには、すでに胎内でママの血液が流れる音や心臓の音が聞こえていると言います。つまり、胎児は胎内で4か月以上も血流や心臓の音を聞き続けながら育つということです。

このように胎児が胎内で長く聞いている音をピンクノイズと言い、出産後の赤ちゃんがピンクノイズを聞くと胎内の環境を思い出して、安心することがわかっています。

血流・心臓音に近い1/fゆらぎを持つピンクノイズの効果

妊娠28-30週を過ぎると、お腹の外の雑音や人の話し声が聞こえるようになり、高音・低音の音の聞き分けもできるようになります。

ただし、胎児がよく聞こえるのは高音のため、ママや子ども・女性の声によく反応します。もしパパの声が低音で渋いバリトンボイスだと、胎児にはなかなか聞こえません。

また、胎児とママの感覚は色々なところでつながっています。たとえばママが好きな音楽を聞いたり、何かに興奮した時にはその感覚が赤ちゃんに伝わり、胎動が激しくなることがあります。

参考|胎児&新生児の五感の発達【聴覚の発達】 – gooベビー※リンク切れ

胎児の味覚の発達

胎児の口は、まずはじめにくぼみができ、それが左右に大きく裂け目のように広がります。妊娠5週目には、上唇を作るための鼻の下の組織が隆起し、妊娠7週ごろに口唇ができ始めます。

さらに、妊娠8週になると口とつながる鼻の形ができ始め、妊娠12週ごろに口蓋(口腔内の上側)が作られます。

また、味を感じる味蕾が形成され始めるのも妊娠8週前後で、妊娠12週を過ぎるころには味蕾は成人並に発達し、舌・歯肉・頬粘膜・唇・食道上部にまで味蕾が分布しているそうです。

味蕾が作られると胎児は羊水を飲み、尿として排出し始めます。さらに、妊娠20週を過ぎると舌や口腔内の感覚が完成し、そのころには甘味と苦味を感じられるようになります。

人間の味覚には旨味、甘味、塩味、酸味、苦味がありますが、味蕾は反射によって味の違いを感じ、酸っぱいものは腐敗物、苦いものは毒物と脳にシグナルを出します。

それぞれの味覚は、味蕾によって以下のように認識します。

旨味・・・アミノ酸、核酸
甘味・・・糖
塩味・・・ミネラル
酸味・・・腐敗物
苦味・・・毒物

妊娠30週を過ぎると胎児はお腹が膨らむほど羊水を飲むため、横隔膜を刺激して痙攣が起こります。この痙攣がしゃっくりです。

そのため、小さな胎動が連続して起こっている場合は、胎児がしゃっくりをしている可能性があります。

参考|日本形成外科学会 > 一般の方へ > 疾患紹介~こんな病気を治します!> 唇裂・口蓋裂 > 唇顎口蓋裂について
参考|味覚は胎児の頃からできあがる|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

胎児の嗅覚の発達

胎児の鼻は、まず鼻の穴になるためのくぼみができ、妊娠6-7週ごろからは鼻の突起ができて徐々に形が作られていきます。

妊娠9週ごろから嗅上皮と匂いを感じるための嗅細胞が形成され、妊娠12週ごろに鼻骨が形成されると、鼻の高さがでてきます。

妊娠20週ごろには嗅覚も徐々に発達し始め、妊娠25週を過ぎると鼻の穴も開通し、妊娠28-30週ごろに嗅覚が完成します。

また、そのころの胎児は、羊水に溶けた食べ物の匂い成分を感じることができるため、妊婦の妊娠中の食事が、出産後の赤ちゃんの食べ物の好みに影響を与えると言われています。

食べ物の好き嫌いが激しい…子どもの偏食をなくす18の方法

以下は、イギリス国営放送局BBCによって実際に胎内をスキャンした映像から制作された動画です。

肺に凹凸ができ、移動しながら組み合わさることで、徐々に赤ちゃんの顔になっていきます。普段何気なく見ている顔のパーツですが、このように複雑な動きによって徐々に形作られていることを知ると感動します。

参考|How the human face is formed: Video shows how a baby’s unique features develop in the womb | Daily Mail Online

胎児の触覚の発達

触覚とは、正確には皮膚感覚(触覚、温度覚、痛覚、圧覚)の中の一つであり、これらの皮膚感覚は全て胎児のうちに備わります。

胎児の触覚は、他の五感が妊娠20週ごろから発達することに比べると発達が早く、妊娠8週を過ぎると手で顔や身体、また子宮壁に触れる行為が見られたり、妊娠14週ごろから口に手を持っていき、妊娠20週を過ぎると指を吸う動きをする子もいます。

これは、胎児のころから自己の認識と外界の認識をする学習が始まっているためだと考えられます。

以下のジョナス・アソシエイツ・ジャパンの動画を見ると、胎児が頻繁に動いたり、指しゃぶりをしたり、あくびをする様子がわかります。

胎児の身体が成長し、妊娠18-20週ごろに始まる胎動も皮膚感覚による学習の一種ですね。ママのお腹を蹴るというよりも足で押すことで感触を確かめています。

手や足を動かすことはまず触覚があり、それが脳に伝わり、脳が何らかの命令を出して次の動きにつながるものです。複雑な神経回路が発達するためには、様々な物に触れる感覚が必要になります。

また、妊娠24-25週には、羊水の感触や温度を感じられるようになり、妊娠26週以降には痛覚ができはじめます。

参考|新生児にも脳の機能局在があり、触覚刺激が脳の発達に重要なことを確認(全頭型NIRSプローブを開発) — 京都大学
参考|赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【】Q&A|母子衛生研究会

視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の発達順番

胎児の身体機能はそれぞれが並行で発達するため、五感が発達する順番を明言することは難しいのですが、1番最初に機能し始めるのは触覚、2番目が聴覚、3番目が視覚、4番目が味覚、最後が嗅覚になると思います。

このように五感の発達を1つ1つ見ていくと、胎児の身体機能の発達がどれだけすごいスピードで成長をしているかがわかるでしょう。

妊婦は妊娠期間中はとても長く感じるかもしれませんが、このように猛スピードで成長をしている赤ちゃんにとっては、お腹の中にいる期間はほんの一瞬に感じるはずです。

そのため、短期間でがんばって成長している赤ちゃんのためにも、質の高い睡眠、バランスの良い食事など正しい生活習慣を心がけて、良い胎内環境を作ってあげるようにしましょう。

妊娠中も赤ちゃんが元気に成長していることがわかると、パパも色々話しかけたくなってきませんか?

医学博士の池川明氏によると、産まれる前のことを覚えているという「胎内記憶」を持っている子どもは3割もいるそうです。

妊娠30週を過ぎたら、パパもちょっと高めの声で話しかけてみてください。もしかしたら、何年かして「パパの声聞こえたよ。」と子どもが教えてくれるかもしれませんよ。

記事のURLとタイトルをコピー