子どもがトイレでうんちできない…トレーニング方法と注意点

この記事の読了時間は約 8 分です。

子どものうんちは難易度が高い!

トイレトレーニングをスタートして、おしっこまではなかなか順調に(・∀・)デキター

ところが、問題はうんちです。トイレでおしっこができても、すぐにうんちができるようになると思ったら大間違いです。

もし、「えっ?うち、おしっことうんち変わらなかったよ?」という子がいたら、その子は天才です!大いに自慢してください。

赤ちゃん、特に女の子は便秘が多く、1-3歳ごろまで便秘が続く子もいます。便秘の子は便意を感じてもうんちが出ないため、トイレでうんちをすることが難しくなります(子どもの便秘問題はまた別途)。

話を戻して、以前トイレトレーニングの流れについてお話しましたが、今回はトイレトレーニングでうんちをするためのお話です。

1人でおしっこ!トイレトレーニングはいつから?方法と進め方

トイレトレーニングで行ううんちは、おしっこと時期をわけるわけではなく基本的な流れは同じですが、子どもよってかかる時間に差がでます。

そこで今回は、子どものうんちトレーニングを成功させるコツと注意点についてお話したいと思います。

うんちトレーニングのコツ1.うんちのタイミングを見極める

自由に歩き回れるようになった子どもは、いつどのようなタイミングでうんちをしているんでしょう。赤ちゃんのころと違い、わざわざ寝ながらうんちをするわけではありません。

トイレトレーニングを始めて子どものうんちを意識するようになったママは、初めてわが子のうんちんぐスタイルに気が付きます。

・適度な大きさの柱にしがみつき、踏ん張る子
・部屋の隅っこに行き、ひっそりと済ませる子
・すでに恥じらいを覚え、カーテンに隠れて用をたす子
・おしりを高く上げ、四つん這いで馬の出産のようにいきむ子←うちの娘
・ママーと笑顔で足に抱きつき、笑顔で一撃を落とす子←うちの息子

などなど個性的なうんちんぐスタイルはどれも愛らしく、「トイレトレーニングで矯正するなんて忍びない……。」と感じるかもしれませんが、親の努めなので仕方なしです。

子どもにとって、うんちは出る前の感覚を知ることが難しいため、「うんち出したい!」と思っても、なかなか「うーん(うんち)でるー」と言ってくれません。

そこで、ママは子どものうんちんぐスタイルに気づいたら、積極的に声掛けをしてあげましょう。

子どものうんちのタイミングを掴めると、「うんちでる?よし、アンパンマンのところ行こう!(うちはアンパンマンの補助便座)」と言って、おまるや補助便座に連れて行けるようになります。

うんちトレーニングのコツ2.うんちに対する抵抗をなくす

実はママが気付いていないだけで、子どもは1日に何回もうんちを踏ん張って不発に終わっている可能性があります。

・何となくうんちがでそう→やっぱり出なかった……
・まだうんちはでなさそう→と思ってたら出てた……

子どものうんちトレーニングがうまくいかないのは、うんちが出るタイミングが明確にわからないことが原因の1つです。

子どもはうんちが溜まる感覚と出る感覚が薄いと、うまくトイレでうんちができません。4歳でもうんちのタイミングを掴めない子はいます。

そのため、初めは根気強く何度もトイレに連れて行き、うんちが出なくても「がんばったねぇ~、つぎもうんち出そうになったら教えてね。」と励まします。

そして、うんちが出るタイミングを徐々に同じ時間帯になるように調整していきます。たとえば、朝やお風呂に入る前、「◯ちゃん、うんち出るかなぁ。」と声掛けをして、うんちのリズムを作ってあげます。

もちろん子どもが1人でうんちのリズムをコントロールすることは難しいので、ちゃんとトイレでうんちができるようになってからも声掛けは続けた方が良いですね。

ママは焦る必要はありません。小学生になる前を目安に数年間かけて少しずつ癖をつけていけば良いんです。

トイレでうんちの注意点1.足がしっかりついているか

さて、子どもがトイレでうんちができるようになるためには、注意点がいくつかあります。

1つ目は、足がちゃんと床についているかです。うんちの練習をおまるから始めた子なら、足が床につくため踏ん張る(いきむ)ことはできます。

でも、補助便座から始めた子は、補助便座だけだと足がブラブラして踏ん張りが効きません。これは子どもだから踏ん張りが効かないのではなく大人も同じです。

そこで、補助便座にはステップがついたものを用意しましょう。わたしも最初は何でも良いと思っていましたが、子どもが1人でトイレに行くようになると、わたしの補助無しで済ますことができるステップ付きは便利です。

トイレ専用のステップではなく、このようなステップにすれば他の場所の踏み台としても活躍してくれます。ただ、身体が小さい子は少し足が届かない可能性があります。

もちろん、ステップではなく自作の台でも大丈夫です。とにかく子どもが1人でトイレに座って、踏ん張れるように工夫してあげてください。

トイレでうんちの注意点2.トイレの手順が合っているか

うんちトレーニングで大事なことは、子どもが覚えるまで毎回手順を教えることです。ママと一緒に行く場合は、以下の手順を覚えさせましょう。

1.うんちが出ると言わせる
2.いっしょにトイレに行く
3.ズボンとパンツを脱ぐ
4.トイレに座る
5.うーんと踏ん張る
6.出たか出なかったかを言わせる
7.出なくてもおしりを拭く(拭いてもらう)
8.水を流す
9.パンツとズボンを履く
10.手を洗う
11.手を拭く

一連の流れを覚えるまでは、毎回ママが確認しながらトイレを済ませます。

子どもがトイレの順番を理解していないと、いざ出そうなときに混乱して大変なことになります。特に、幼稚園や保育園に行くと、保育士が全部確認できるわけではありません。

ちなみに、1人でうんちができるようになったときの手順は以下の通りです。

1.うんちをしたくなったらトイレに行く
2.電気が必要な場合はつける
3.ドアを開けてトイレに入る
4.スリッパを履く
5.ドアを閉める
6.フタが下りていたら上げる、便座が上がっていたら下げる
7.ズボン・スカートとパンツを脱ぐ
8.便座に座る
9.うんちをする
10.最後まで出たことを確認する
11.トイレットペーパーを決めた分畳みながら出す
12.肛門から後ろに向かって拭く(おまた・ちんちんの方向に拭かない)
13.ゴシゴシこすらないように2-3回拭く
14.レバーをひねって水を流す
15.ズボン・スカートとパンツを履く
16.スリッパを揃える
17.電気をつけていたら消す
18.洗面所で手を洗う
19.タオルで手を拭く

子どもに教えるトイレの手順とウォシュレットの使い方

トイレでうんちの注意点3.おしりがきれいか確認する

トイレでうんちができるようになると、次はおしりの拭き方を教えます。ただし、おしりをきれいに拭けるまでは時間がかかります。

3-4歳で自分のおしりをきれいに拭くことは難しいですよね。きれいに拭ける様になるのは、5-6歳ごろではないかと思います。

そのため、子どもがおしりを拭けるようになっても、うんちの拭き残しがないかママが確認し、仕上げ拭きをしなければいけません。

たとえおむつはずしが完了してパンツを履けるようになっても、うんちの拭き残しがあるとパンツが汚れ、痒み・かぶれの原因になります。

ママが仕上げ拭きをすることで、どの程度おしりを拭かなければいけないのかという感覚を子どもに覚えさせましょう。

赤ちゃんのおしりが真っ赤!おむつかぶれの原因と怖い症状

トイレでうんちの注意点4.ウォシュレットを使う時期

ウォシュレットの世帯普及率は77.5%だそうです。わたしより下の世代なら、ほとんどの家庭にウォシュレットがあると思います。

「ウォシュレットは便利だから、子どもにも使い方を教えよう!」と思うかもしれませんが、ウォシュレットは子どもが自分でおしりをきれいに拭けるようになってからです。

おしりをきれいに拭ける前に、ウォシュレットの使い方を覚えてしまうと、ウォシュレットがないトイレで困ります。ウォシュレットの目安は小学校にあがるくらい、またはあがった後くらいでしょうか。

それまではひたすらママが仕上げ拭きをして、自分でも拭き残しがないかを確認させ、拭き残しがないように癖をつけてあげましょう。

前から?後ろから?女の子のおしっこ・うんちで正しいおしりの拭き方

うんちができれば、おむつはもういらない!

さて、これで子どもはトイレでうんちができるようになりました。

トイレでおしっこができるようになってから、うんちができるまで半年以上かかる子もいます。さらに、きれいにおしりを拭けるまでは1-2年かかります。

それだけ、子どもがトイレでうんちをするのは難しいことなので、ママは子どものうんちトレーニングを焦らないでください。

しばらくは、ママがトイレについていく必要がありますが、慣れてくれば自分一人で行けるようになります。自分でうんちを我慢して、時間をコントロールできるようにもなります。

もちろん、トイレでうんちができればおむつは必要なくなります。おしり拭きも買わなくて済みます。家計的には助かりますが、同時に寂しさも感じるかもしれません……(^_^;)

「まだトイレでうんちしてくれないよー(T_T)」というママは、うんちのテーマソングを使って楽しくうんちに挑戦しても面白いですよ。

歌で楽しくトイレトレーニング・うんちを意識できる動画7選

記事のURLとタイトルをコピー