赤ちゃんが話し始める時期はいつから?月年齢でわかる言葉の成長

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ママが気になる赤ちゃんの言葉の成長

子育て中のママとパパは、普通の日本語の他にもう1つ言葉を操ります。それは赤ちゃん語(言葉)です。

子育て経験がない人が赤ちゃん言葉をイメージすると、「バーブー」「はーいー」「ちゃーん」が思い浮かぶでしょう。イクラちゃんの影響ですかね(^_^;)

赤ちゃんは、生後2か月を過ぎると「あー」や「うー」などの言葉を発します。

「あー」や「うー」は、赤ちゃんが最初に行う発声のことで「クーイング」と言います。赤ちゃんは初めは母音しか出せませんが、徐々に子音も出せるようになっていきます。

赤ちゃんが発声をし始めたら、次にママが気になるのは赤ちゃんが言葉を話す時期ですよね。

「うちの子って他の子よりも、言葉の成長が遅いんじゃ……。」
「赤ちゃんって、いつごろどんな言葉を話し出すの?」

今回は、こんな不安や疑問を抱えているママのために、赤ちゃんから子どもになるまでの言葉を話す成長過程とその時期についてお話したいと思います。

ただし赤ちゃんには個性があり、発声をする時期や言葉を話す時期は異なるためあくまでも目安だと考えてください。

赤ちゃんの言葉の成長|生後2か月-4か月

赤ちゃんは、生後2か月を過ぎると「あー」や「うー」などの音を口から出し始めます。

最初は空気が漏れるように「っく」「っこ」という音を発していたものが、口の形をつくることに慣れると「あー」「うー」という風に聞こえる音を出せるようになります。

「あー」や「うー」という母音は、赤ちゃんが最初に行う発声のことで「クーイング」と言います。赤ちゃんは初めは母音しか出せませんが、それはのどや舌、口唇を自分の意思で上手に動かすことができないためです。

そして、毎日「◯◯ちゃーん、ママでちゅよー。」という言葉を投げかけ続けると、”何かが聞こえた”ことに対して、声での反応が徐々に始まるようになります。

赤ちゃんにとっては声を出して反応しているというよりも、何かが聞こえて身体を動かそうとしたら声が出たという感じですかね。

赤ちゃんの言葉の成長|生後4か月-5か月

生後4か月を過ぎたころから、喃語(なんご)が始まります。

喃語とは、赤ちゃんが自分の意志で出す声(音)のことで、初めは意味が無い声ですが、赤ちゃんが成長すると何らかの意思表示をするために発声するようになっていきます。

なぜ自分の意志だと言えるのか、それは「子音」を出すことができるためです。「あー」「うー」という母音が、しばらくすると「まー」「ばー」「ぱー」「ぶー」「だー」など、子音を出せるようになります。

子音は赤ちゃんが口の形や舌の動きを細かく変えなければ出ない音です。もちろん最初は偶然ですが、何度もその音を出しているうちに、音を出す方法を学習していきます。

「あー」「うー」という音の延長で、唇をくっつけると「まー」「むー」、破裂させると「ばー」「ぶー」という音は赤ちゃんにも比較的出しやすい音なので、慣れると続けて「まーまー」と言うこともあるでしょう。

ママやパパが赤ちゃんによく話しかけると、赤ちゃんはその口の動きを真似しようとするため、徐々に色々な音が出せるようになっていきます。

クーイングと喃語の意味と違いは?赤ちゃんが使うのはいつから?

赤ちゃんの言葉の成長|生後6か月-7か月

生後6か月前後には離乳食が始まっているため、顎が鍛えられ口周りの筋肉、舌や口唇の動きが発達し始めます。そのため、赤ちゃんはより声を出しやすくなります。

ちなみに、赤ちゃんが一番出しやすい子音は「ま行」か「ば行」です。そのため離乳食を食べさせるママの「マンマだよー。あーん。」という言葉を真似して、「まー、まー」と発音できるようになります。

この時期に赤ちゃんが「ママー」と言うのは、ママをママと認識したのではなく、ま行とば行が言いやすくて普段から聞くことが多い音だからです。そのため、「ママー」はたまたま言いやすい言葉がつながっただけです。

ママの語源は?パパの由来は?世界の子どもの親の呼び方

ま行、ば行の次は、ぱ行です。つまり、この時期に「パパって喋った!!!」となっても、こちらもほぼ勘違いだと思います(^_^;)

また、このころからキーキー声をよく出す赤ちゃんが増えます。これは赤ちゃんなりの自己主張・表現方法の1つなので、ママは雑音だと思わずにコミュニケーションを取ろうとしてあげてください。

赤ちゃんがキーキー声を出す原因は、声を出して遊んでいる、何かを要求している、機嫌が良くて興奮している、不安や寂しさを感じているなどが考えられます。

赤ちゃんがキーキー叫ぶのはいつから?奇声の原因と対処法

赤ちゃんの言葉の成長|生後8か月-9か月

生後8か月を過ぎると、発音がはっきりとし始め、色々な子音を明確に発声できるようになります。

子音は「まー」「ばー」「ぱー」「ぶー」「だー」の順に赤ちゃんが言いやすいので、それらの音を組み合わせて2文字以上の言葉を使える様になってきます。

そのため、「まーま」「ばーば」「ぱーぱ」「ぶーぶ」「ばーぶー」など、赤ちゃんお馴染みの言葉を頻繁に話し始めるのもこのころからです。

また、赤ちゃんは、ママの行動や口真似を少しずつできるようになります。

たとえば、「◯◯ちゃんすごいねー、パチパチパチー。」と手を叩くと同じように手を叩くマネをしたり、「◯◯ちゃーん、はーい。」というと「あー」とか「あーい」と同じような言葉を言おうとします。

赤ちゃんの言葉の成長|生後10か月-12か月

赤ちゃんは、生後10か月ごろから自分の意思を伝える声を出せるようになってきます。主に食べ物ですが。

たとえば、おっぱいが欲しいときに「まーまー」、おかしをとって欲しいときに「まーまー」、おかしの袋を開けて欲しいときに「まーまー」、ごはんを食べさせて欲しいときに「まーまー」。

全て「まーまー」ですが、言葉を使って何かを要求する意思を示します。厚生労働省が平成22年度に行った「乳幼児身体発育調査」によると、赤ちゃんが何らかの意味のある単語を自分の意思で話すことができるようになる目安は以下の通りです。

生後07-08か月未満:2.2%
生後08-09か月未満:6.5%
生後09-10か月未満:9.0%
生後10-11か月未満:21.3%
生後11-12か月未満:40.9%
生後12-13か月未満:57.6%
生後13-14か月未満:69.9%
生後14-15か月未満:79.1%
生後15-16か月未満:86.1%
生後16-17か月未満:88.8%
生後17-18か月未満:89.1%
生後18-19か月未満:94.7%

つまり、早い子であれば生後10か月ごろから、おっぱいが欲しいときは「まーまー」を使え、それ以外は別の言葉を使えるかもしれないということですね。これはすごい進歩です。

また、自分と他人(主にママ)の違いを明確に認識するのもこのころです。そのためママは赤ちゃんが言いやすい「ママ」を繰り返して、赤ちゃんに早く「ママ」と言えるように教えましょう。パパには負けられません。

赤ちゃんの言葉の成長|1歳以降

1歳になると少しずつ語彙も増え始めます。最も大きな成長は、赤ちゃんが自分の名前を理解し、「○ちゃーん」と呼ぶと何らかのアクションをしたり、「あー」「あーい(早い子は)」と声で反応することです。

また、1番身近だった「ママ」と「まんま」の使い分けができるようになったり、身近な人の中では一番難しかった「じいじ」が言えるようになります。おそらく「じー」か「じーじー」ですが。

また、わんわん、ぶーぶーなど言葉と物の意味が一致してくるようになります。つまり、ようやく意味がある言葉を話せるようになるということです。

ちなみに、赤ちゃんが初めて話す「意味がある言葉」は何だと思いますか?以下にランキング形式で記載してあるので、興味がある人は一度見てください。

赤ちゃんはいつから言葉をしゃべる?初めて話した単語ランキング

赤ちゃんの言葉の成長|1歳-1歳6か月

1歳半くらいまでの時期はひとり歩きを始めるころなので、自分の意志で色々なものに触れることができ、周りへの興味関心がより高まる時期です。

赤ちゃんは、「バイバイ」や「おいでおいで」など、こちらが要求することも理解して、少しずつ行動を真似できるようになっていきます。

これまでは、音が出て動いているからという理由で何となく反応していたテレビにも、「楽しい」という感情で見ることができるようになるため、しばしば興奮している様子を見ることもできますね。

単語の発声には個人差はありますが、20語-50語以上覚えるようになるため、ママやパパも色々な言葉を覚えさせて、反応を確認できるとても楽しい時期です。

久しぶりにじいじやばあばに会うと、赤ちゃんが話せる言葉が増えているのでとても驚きます。この反応も親として嬉しいものです。

赤ちゃんの言葉の成長|1歳6か月-2歳ごろ

1歳半を過ぎると、もう赤ちゃんではなく子どもですね。50語以上の単語を覚えるようになると、2語文が使えるようになってきます。「ママ、とって」「ぶーぶ、きた」「パパ、だっこ」などです。

もちろん、まだ発音は未熟で舌足らずなので、ママやパパは上手く聞き取れないかもしれません。ただ、ママやパパが聞き取れくても、反応してあげないと癇癪を起こす子もいるので、聞き返すなり反応してあげてください。

また、何かを言おうとして奇声を発したり、何かを言おうとして大人にはわからない独自の単語で表現するなど、子どもなりの表現力もついてきます。

ママパパはこの時期に使う「赤ちゃん言葉」をしっかり覚えて、子どもとコミュニケーションを取れるようにしましょう。

赤ちゃん言葉で話しかけると発達が早い!使える赤ちゃん言葉一覧

2歳以降の言葉の成長は?

2歳以降は、子育てママお馴染みの「魔のイヤイヤ期」が始まります……。お兄ちゃん、お姉ちゃんがいると言葉はたくさん覚えますが、イヤイヤも増えるので覚悟してください。

「お風呂入ろうねぇ。」「イヤー!ぅわぁあぁーん。」(近所迷惑……。)
「ごはんを食べよぉ。」「イヤ!」(イヤと言いながら食べる。)
「わんわん見るぅ?」「みう!」(そこはイヤちゃうんかい!)
「◯ちゃーん……」「イヤ!」(まだ何も言ってない……。)

イヤ!はもうちょっと後で覚えて欲しいです……。

ただし、子どもの言葉の発達は個人差があるため、2歳になってもあまり語彙が増えない子もいますし、3歳になってもうまく喜怒哀楽と言葉をいっしょに表現できない子もいます。

そのため、「どうしよう、うちの子は何か変なんじゃないの?」と過剰に心配するママがいます。また逆に、個人差があるなら仕方がないと子どもの成長を追わないママもいます。

過剰な心配も良くないですし、成長過程を確認しないことも良くありません。子どもの言葉の量が少ないと感じるなら話しかけを増やしたり、何か発言するように問いかけの量を増やして、3歳までは様子を見てみましょう。

3歳以降は本格的な集団生活が始まるため、子どもにも何か変化があるかもしれません。また、保育園で言葉の成長が遅いと感じられれば、「ことばの教室」を勧められることもあります。

3・4・5歳の言葉の発達・遅れを助ける「ことばの教室」とは

ちなみにイクラちゃんは2歳らしい

ちなみにイクラちゃんは2歳の設定だそうです。

ということは、少なくとも生活に必要な単語はなんとなく話せて、2語文も作って話ができるはず……なんですけどね。「バーブー」「はーいー」「ちゃーん」以外はほとんど聞いたことがありません(^_^;)

つまり、イクラちゃんはちょっと言葉が遅れています。ところが、感情表現が素晴らしいですね。何かをしてもらったとき、されたときの感情表現の速度がとても早いです。子どもにはそれぞれ個性があるということです。アニメですけど。

人生の成長の中で、言葉を覚えるスピードほど早い成長は他にありません。0歳の赤ちゃんが3歳の子どもになると言葉でコミュニケーションが取れるんですから。本当にあっという間です。

特に2-3歳になると今日話していたことと先週話していたことが全然違うので、動画で残しておくと面白いのでおすすめです。

でも、たどたどしくて面白い話し方もそれくらいまで。5歳になった息子がしっかり話しているのを聞くと「あぁ……ホントに大きくなっちゃったなー。」と感慨深くなります。言葉の成長時期はママも楽しみながら過ごしてください。

記事のURLとタイトルをコピー