子どものトイレトレーニングはいつから?成功の方法と進め方

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

トイレでおしっこさせたい!

子どもが成長過程で身につける行動の1つに、おしっこやうんちのコントロールがあります。時期に差はありますが、おしっこやうんちのコントロールには3つのハードルがあります。

1.トイレトレーニングのハードル
2.おむつはずしのハードル
3.おねしょ卒業のハードル

子どもにとって、これら3つのハードルを超えることは簡単ではないため、子どもの失敗を許容するママの精神的な負担がつきものです。

ただ、トイレトレーニングは比較的子どもの失敗も少なく、子どもの気持ちもコントロールしやすいため、ママも楽しんで取り組めるのではないかと思います。

今回は、トイレトレーニングが成功する方法と進め方、コツについてお話したいと思います。

トイレトレーニングとは

トイレトレーニングとは、子どもがおしっこやうんちが出そうなことを感じて、自分の意思でトイレに行き、自分でおしっこやうんちができるように練習をすることです。

また、子どもがおしっこやうんちをすることだけでなく、トイレの手順や次に使う人のことを考えたトイレの使い方ができるように教えることでもあります。

トイレトレーニングにはおおよそ一般的な順番があり、初めはおしっこ、次にうんち、そしてウォシュレットがある家庭では、その操作までできるようになることが理想です。

ただし、おしりの拭き方を正しく覚えるため、ウォシュレットの使い方は小学生になってから教えるくらいで良いでしょう。

前から?後ろから?女の子のおしっこ・うんちで正しいおしりの拭き方

子どもがトイレでおしっこやうんちができれば、履いているものがおむつか、子ども用パンツかは関係ありません。とにかく、正しくトイレでおしっこやうんちができることが大切です。

トイレトレーニングはいつから始めるか

トイレトレーニングを始める年齢はバラバラですが、現在では早い子で2歳、遅い子は3歳でスタートするのが一般的です。

トレーニングに必要な要素

まれに1歳でトイレトレーニングを始めるママがいますが、トイレトレーニングを始めるためには、子どもに以下の2つの要素が必要です。

・言葉でうんちやおしっこがしたいと伝えられるか
・歩いてトイレ(おまる)に行き座ることができるか

つまり、尿意や便意を感じてママに伝えることができ、トイレまで歩いて行って座ることができるという身体機能が必要です。

トレーニングを始める季節

トイレトレーニングで最も怖いのは、子どもの尿意や便意が出る直前に告げられた場合です。そのため、トレーニングに適した時期は春から夏になります。

トイレトレーニングを春夏に行う理由
・失敗しても洗濯物が少なくて済むから
・床に漏らしてもすぐに乾いてくれるから
・カーペットや暖房器具など濡れると大変なものが少ないから
・暖かいので早くおむつを脱いでくれるから

「幼稚園に入るまでには……。」「集団生活が始まるまでには……。」というママが多いため、2-3歳の春夏に始める人が多いようです。わたしもトレーニングを始めるならこの意見に賛成です。

トレーニングにかかる期間

「2週間で終わったー!」「もう半年なのに、まだうまくできない……。」など、子どもによってトイレトレーニングにかかる期間は違いますが、2歳前後などの早い年齢で始めると期間が長くなり、3歳前に始めた子は期間が短い傾向があります。

ちゃんと言葉で尿意を伝えたり、トイレでの動作を覚えたりなどは年齢差、個人差があります。そのため、早く始めても年齢に応じた期間がかかると考えましょう。

もちろん、トイレトレーニングの一連の流れを全て同時に行うわけではないので、春ごろから徐々に尿意の認識とトイレの意識付けをさせていけば良いと思います。

トイレトレーニングの進め方・方法

一般的な注意点も踏まえたトイレトレーニングの進め方を紹介します。

進め方1.おしっこやうんちを理解させる

子どもがおしっこやうんちを理解していない場合は、おしっこやうんちが何かをしっかり教えて下さい。子どもが言葉でおしっこやうんちを表現できることが大切です。

進め方2.おまるやトレイに興味を持たせる

トイレトレーニングを始める前から子どもに補助便座やおまるを見せて、「おしっこしたくなったら、ここに座ろうねぇー。」と教えましょう。尿意がわからなくても、単純に座る習慣を付けるだけでもOKです。

また、「ママもおしっこしたくなっちゃった。」と、子どもをいっしょにトイレに連れて行くと、おしっことトイレが結びつくようになります。おしっことトイレが結びつくと、ママがトレイに行くときに「ママ、おしっこ?」と言うようになります。

おしっこの理解のために、「のんたん」や「アンパンマン」のトイレの絵本を読んでも良いでしょう。「ノンタンおしっこしーしー」は鉄板ですね。

うんちの場合は可愛いうんち動画、うんちトレーニング動画があるので、見せてあげると喜ぶと思います。

歌で楽しくトイレトレーニング・うんちを意識できる動画7選

進め方3.おしっこ、うんちが出たと事後報告させる

おしっこやうんちが出たことを自覚させるために、「おしっこやうんちがでたら教えてね。」と毎日声掛けしましょう。

子どもから「おしっこでたー。」という報告があったら、「おしっこ出たの教えてくれてありがとー、ママうれしいなぁー。」と褒めます。

進め方4.おしっこが出たらおまる・補助便座に座らせる

子どもが「おしっこでたー。」に慣れてきたら、おむつ交換の前におまるや補助便座に座らせて「ここでおしっこしようねぇー。」を繰り返します。

進め方5.おまる・補助便座に座る習慣を作る

習慣として、朝起きたとき、夜寝る前におまるや補助便座に座らせましょう。外出前や帰宅後も良いですね。子どもがトイレに行く習慣がつくと、あとはおしっこが1滴でも出るのを待つのみです。

進め方6.1滴でも褒める、後からでも褒めたおす

子どもがおまるや補助便座に座る習慣がつくと、ある日チョロっと数滴おしっこが出ます!そのときは家中みんなで、「すごーい!おしっこできたー(ノ゚▽゚)ノ」と褒めます。

おまるや補助便座でおしっこをすると、とても褒められることを子どもに実感させましょう。

「パパー、パパー、早く来てー!◯◯がおしっこできたよぉぉー!!」これでパパのテンションが低かったら、後できっちり〆ます。←これ重要

進め方7.尿意がわかるようになる

子どもは、徐々におしっこが出る前の感覚がわかるようになるので、「おしっこでるー。」の報告があったら、最初は抱えて補助便座やおまるに走りましょう。

そして、おしっこが出たらまた家族みんなで喜びます。もちろん、おしっこが出なくても「おしっこ出そうってのわかったの?すごいねぇー。」と褒めてあげてください。

それからは、おしっこが出る場合もあれば、出ない場合もありますが、少しずつ出る感覚に慣れていくはずです。

進め方8.パンツを自分で脱がせる

子どもの尿意の報告が当たり前になったら、ズボンとパンツを自分で脱がせましょう。もし、補助便座に座らせるなら、自分で座れるようにトイレ用のステップを用意しておきましょう。

進め方9.おしっこの手順を教える

子どもがおしっこを出せたころから、トイレでおしっこをする手順を繰り返し教えるようにしましょう。

1.おしっこをしたくなったらトイレに行く
2.電気が必要な場合はつける
3.ドアを開けてトイレに入る
4.スリッパを履く
5.ドアを閉める
6.フタが下りていたら上げる、便座が上がっていたら下げる
7.ズボン・スカートとパンツを脱ぐ
8.便座に座る
9.おしっこをする
10.最後まで出たことを確認する
11.トイレットペーパーを決めた分畳みながら出す
12.股の間から尿道にポンポンと当てる様に拭く
13.レバーをひねって水を流す
14.ズボン・スカートとパンツを履く
15.スリッパを揃える
16.電気をつけていたら消す
17.洗面所で手を洗う
18.タオルで手を拭く

子どもに教えるトイレの手順とウォシュレットの使い方

上記は女の子の手順ですが、男の子の場合も最初は座っておしっこで良いと思います(拭くところはないですね)。また、慣れるまでは、トイレの前でズボンとパンツを脱がせましょう。

男の子の立ってするおしっこは、パパのやり方を見せて、パパから教わるようにしましょう。

進め方10.時期を見て昼間のおむつはずし

トイレトレーニングの途中で、昼のおむつはずし(パンツトレーニング)も徐々に取り入れていきましょう。おしっこの一連の手順を覚えるよりも、昼のおむつはずしの方が早いと思います。

また、トイレトレーニングが早く進むために布おむつやトレーニングパンツをすすめる人がいますが、わたしはどちらでも良いと思います。布でも紙でも、不快感がある子もいればない子もいます。

紙おむつより布おむつの方が早くおむつがはずれる理由

トイレトレーニングの4つの注意点

注意点1.簡単に脱げる服装にする

「ママ、おしっこでるー。」と言われても、ボタン留めのズボンは脱ぐのに手間がかかります。トイレトレーニング時期の子どもの服は、ママが素早く脱がせられる服にしましょう。

注意点2.カーペット類は片付ける

夏でもカーペットを敷く家庭もありますよね。ただ、トイレトレーニングとおむつはずしを並行して行うと、1度は失敗してお漏らしもするでしょう。

そのため、カーペットは片付けてください。もしくは、洗濯できる薄手のカーペットにしましょう。もちろん、その他大事なものは床に置きっぱなしにしないでください。

注意点3.夜のお漏らしは万全の体勢で

子どもがトイレに行けるようになり、昼間のパンツにも慣れてくると、夜のおむつをを嫌がる子もいます。

「夜はまだおむつを履かせたいけど、子どもの意見も尊重したい……。」そんなときは子どもに内緒で、おねしょ対策グッズを用意しましょう。

おねしょ対策グッズは、防水のおねしょパッドやおねしょ用シーツの他に、着替えとタオルを数枚用意してください。

おねしょ卒業は何歳?4-5歳までに焦らず治す方法・対処法

注意点4.お漏らししても怒らない

トイレトレーニング、昼のおむつはずしに挑戦している時期に、子どもが失敗をしてお漏らしをすることは当たり前です。

ママの機嫌が悪くても、大切なモノが汚れたとしても、絶対に怒らないでください。大切なモノを片付けてない親が悪いんです。

トイレトレーニングを始めて気付くこと

トイレトレーニングを始めて気が付くことがあります。それは、初めてトイレでおしっこをして褒めてあげたときの、子どもの誇らしげな表情です。

それまでも、ゴミをゴミ箱に入れたり、誕生日にケーキのロウソクを吹き消したり、ママのお手伝いをして褒め倒したことはありますが、トイレでおしっこをしたときの子どもの( ・´ー・`)ドヤーは、絶品です。

これまでで最も難しいことに挑戦して、成功したときの快感があの顔なのでしょう。

子どもはなかなか尿意を感じられないかもしれませんし、いつもトイレに行く前におしっこが出てしまうかもしれません。

でも、地道にトイレトレーニングを続けると、いつか「おしっこでたー( ・´ー・`)ドヤー」が見らます。このドヤ顔を見られれば、きっとママの苦労も報われた気分になるはずです。

さて、おしっこができるようになったら次はうんちですが、便意は尿意よりも感じる難易度が高いため、できるまでは時間がかかります。トイレでうんちトレーニングをする方法は以下を参考にしてください。

子どもがトイレでうんちできない…トレーニング方法と注意点

記事のURLとタイトルをコピー